2017/4/27

4063:点検  

 BMW523iは納車されてから6ケ月が経過した。走行距離は11,000kmを超えた。しばらく前からディーラーでの点検を受けるよう促すメッセージが車のオンボードコンピューターに表示されていた。

 「ディーラーに連絡して、点検を受けなければ・・・」と思っていたが、なかなか時間がとれなかった。

 今日は、午後に少し時間がとれそうであったので、担当の営業マンに連絡を取った。「少し前から点検を受けるようにメッセージが標示されています・・・今日の午後大丈夫ですか・・・?」と伝えると、「大丈夫です・・・」との返答があった。

 BMW523iは購入時にBMWメンテナンス・パッケージである「5年間サポートプラン」に加入しているので、5年間は点検費用とエンジンオイルやワイパーゴムなどの定期的に交換が必要な消耗品は無償である。

 午後3時になって事務所を出た。近くの駐車場に停めてあるBMW523iに乗り込んだ。フットブレーキを右足で踏んで、エンジンスタートボタンを押した。

 2.OLの直4エンジンは静かに目覚める。走行距離は10,000kmを超えたので、慣らし運転の域は既に越えている。その挙動はすっかりと落ち着いた質感になった。

 今のところマイナートラブルは発生していない。モデル末期であったので、メカ的にも熟成していたのであろう。

 新型5シリーズは今年の2月にセダンが日本でも販売が開始された。ワゴンモデルである「ツーリング」は、セダンから半年ほど遅れて今年の夏頃から販売されるようである。

 その新型5シリーズは、エクステリアもインテリアも旧型を正常進化させた感があり、大きくその印象を変えてくるようなことはなく、スマートにまとまっている。

 新型のエクステリアは、全体のシルエットがBMWらしいスポーティーな造形でまとめられている。

 唯一気になるのはフロントフェイスである。最近のBMWデザインはヘッドライトとキドニーグリルを繋げるのが流儀となっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 5シリーズも7シリーズと同様にその流儀に倣っている。これは好みの問題であるので、人によって評価は分かれるところ・・・

 私の個人的な好みからすると、「出来れば繋げないでほしい・・・」と思ってしまう。しかし、この流れはある一定の期間が経過しないと元には戻らないはず。

 「写真で見る限りフロントフェイス以外は素晴らしい・・・」と思っていた。ディーラーには当然一番目立つ場所に新型5シリーズは展示してあるはず。

 今日は点検が終わるのを待つ間、新型5シリーズの実物をじっくりと見物できるはず。平日であるので試乗車も空いているかもしれない。「新型5シリーズはイケてるのか・・・?」ということを検証する絶好の機会となるであろう。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ