2007/2/22

プラグキャップ  

 空いているRCA端子に差し込むプラグキャップのようなものについて、先日アコースティックリバイブの製品を購入して、試してみたところ想像以上に変化があり、驚いた。しかし、今は使用していない。

 音の鮮度感というか、くっきり・ぱっちり感が向上してメリットは相当あるのであるが、直接音が間接音に対して圧倒的に優勢になる感じで、ジャンルによれば、なくてはならない存在になりそうであるが、私の好みからすると音が強くなりすぎる印象を受けてしまう。

 そのアクセサリーのことは以前の記事にも書いたことがあるが、その時k1xv1xさんからカルダスのプラグキャップは、ショートピンとしての構造を持たないので、アコースティックリバイブのものとは効果のほども違うというコメントをいただいた。そこで、早速カルダスのものも購入してみた。

 インターネットで探したらばら売りしているところがあったので、6個購入した。値段は1個800円。6個で4,800円である。

 とどいたものを見て「ちっちゃくてかわいい・・・」と思ってしまった。銀色をしていてカルダスのマークが入っている。見た目的にもおしゃれである。アコースティックリバイブのものは作りがしっかりしていて、「質実剛健」といった印象を受けるのに対して、カルダスのものは洒脱で軽妙といった印象である。

 空いているRCA端子にカルダスのものを差し込み、試聴してみる。アコースティックリバイブの時より「変わった!」という印象度は遙かに少ない。目を見張るほどの変化はないが、弦楽器の音がつややかに立体的になったような印象を受ける。

 全体的な音楽の雰囲気を大きく変えることなく、音の情報量を増加し、その解像度をやや上げた感じであろうか。これは比較的使えるかもしれない。少し温度感が下がるような印象も受けるが。メリットの方が大きいか・・・

 しばらくさしたままにしておこう。時間の経過とともに機器ともなじみ、その効果の質も変化する可能性がある。そしてしばらくしてから、外してみてその違いを検証すれば、音をより好みの方へ持っていってくれるものかどうか、はっきりするであろう。

 こんな小さなものでも、音の変化というものは確かにあるものである。セッティングを含め、細かなことの選択の積み重ねが、「ちりも積もれば山となる」のことわざどおり、振り返ってみれば、大きな変化となるのであろう。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ