2014/8/30

3087:ヴェンティクワトロ  

 原宿駅で降りた。二人の娘を引き連れて表参道を南下した。気温はここ数日と同じように8月とは思えない涼しさである。空には灰色の雲がへばりついていたが、所々に隙間があり、すぐに雨は降りそうにはなかった。

 表参道にはこの快適な気候に誘われてか実に多くの人々が繰り出していた。大通りの両側には溢れるばかりの人間が河のように流れていた。しかし一旦脇道に入り込むと、その流れはささやかな清流のように変わる。

 今日は日ごろの家族サービスの不足を補おうと二人の娘を連れて表参道で少々豪華なランチをいただくことにした。

 目指すお店は「リストランテ ケン ヴェンティクワトロ」。イタリアンレストランである。原宿駅から徒歩10分ほどのところ、表参道の路地裏へ入った閑静な街並みの中にその店はある。ガラス張りの店内は清潔感溢れる内装である。この店のシェフはは「KIHACHI青山本店」で料理長を務めた宮川健一氏。その世界では有名な人物のようである。

 ランチは三つのコースがあり、一番安いコースで3,000円(税抜)。当然のこととして、一番安いコースを選択した。このコースは、前菜・スープ・パスタ・デザート・コーヒーの構成で、前菜・パスタ・デザートは各々5,6種類のなかから選択することができる。

 メニューをにらみながら、しばし悩む。前菜は「真いわしの香草パン粉フリット バルサミコソース 玄米リゾットと共に」、パスタは「ワタリガニとフレッシュトマトクリームソース 自家製生パスタ マッファルディーネ」デザートは「ふんわり焼きたてパンケーキ ホイップクリーム、マロンジェラート、バニラジェラート、イチジクコンポスタを添えて」を選ぶ。それにしても長い。もっと簡潔にできないものか・・・

 しかし、味わいはそれぞれ素晴らしいものであった。全体に濃厚でしっかりとした味わい・・・パスタは重量感があるもっちりとしたもの・・・マッファルディーネというちょっと変わった形状のパスタは初めて食した。

 デザートのパンケーキは、「ふんわり焼きたて」という表現がこれでもかっというくらいにぴったりとする口どけの良さ・・・

 ちょっとした非日常感を満喫して自宅へ戻った。ささやかな贅沢・・・時には良いものである。でも、この表参道の人混みには少々難儀したが・・・

クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ