2006/9/30

再会  

 「何かしら2週間前の音と印象が少し違う。セッティングは見たところ変更はないようだ。しかし、ピアノの音に密度感というか、コクというか、音色的に充実感がでてきたような気がするのだが・・・」と心の中でブツブツつぶやいていた。

 もちろん我が家の話ではない。我が家はまだまだ工事中で、細かな埃がまい散っている状態である。今日はハンコック邸にお邪魔したのである。2週間前に来たばかりであるが、ノーライオットさんがお見えになるというので、私にもお誘いメールが一昨日あり、オーディオの聞けない私には、渡りに船という感じで参加させてもらった。

 ノーライオットさんとは約1ケ月ぶりの再会。(先日のOFF会では夜遅くまでお邪魔させていただき、奥さんお手製の美味しいピザなどもご馳走になったのであった。)オーディオという共通の趣味があるので、3人の会話は手品師が帽子から万国旗をスルスルと引っ張り出すように尽きることがない。

 さて、ハンコック邸の音であるが、ピアノの音に変化が感じられた。その旨を話したが、セッティングは全く変更はないとのことであった。2週間前のOFF会の少し前にCDPの下にBDRのコーン型インシュレーターを3個(前2後1で先端側を機器に)挿入したのが、時間がたってなじんできたのでは・・・とハンコックさんはおっしゃられていた。

 なじむ・・・時間の経過とともに物理的に落ち着いてくるということがやはりあるようだ。それによって音にも変化がもたらされる。その変化は概ねいい方向へのものである。目ではっきりと認識できる変化ではないが、音は確かに変わっている。それにしても、オーディオというのはやはり摩訶不思議な世界である。

 音の質感に良い方向での変化を感じたが、総体的には2週間前の印象からがらりと変わるといったことは当然ない。均整のとれたプロポーションを思わせるバランス感覚に優れた音である。今日持参したCDはベルリオーズの幻想交響曲。その4曲目「断頭台への行進」を聞いた。もう少しワイルドな迫りくる感じが欲しくなったので、ソファを若干スピーカーに近づけてみた。こちらの方が狙った音の切迫感は感じられる。

 しかし、夜のナイトクラブでグラスを傾けながら紫煙の漂うなかで聴くようなジャズ・ボーカルなどの場合は従来の試聴ポジションの方が良かった。ジャンルや曲によって試聴位置をずらすというのも必要なのかもしれない。

 後半はちょっとした実験も行った。持参したWasatchの電源ケーブルを取り出し、「聞き比べしませんか?」・・・お二人とも身を乗り出し「やりましょう!」・・・予想していたことととはいえみんなケーブルは好きである。そしてその結果は、音の鮮度感や浮き立つ感じはWasatch、たゆたうような哀愁感はハンコックさん愛用のMITという結果となった。ハンコックさんにはMITが合っているようだ。

2週間ぶりの再会
クリックすると元のサイズで表示します



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ