2022/1/31

5814:エアロ形状  

 真冬の寒さは続いている。しかし、人間というものは環境に順応する能力を本来持っているようである。体が徐々に寒さに慣れてきた。

 今日の予想最高気温も10度に達しないとのことであった。朝7時の走りだし時の気温は、きっと0度ほどであろう。

 サイクルウェアは当然「真冬仕様」である。真冬の寒さの中走る際に一番つらいのが指先の凍えである。冬用の厚いグルーブの下には薄手のインナーグローブをはめる。さらにその間には「貼るホッカイロミニ」を挟むのであるが、朝の7時に走り出して、その25分後に集合場所であるバイクルプラザに着く頃には、指先の感覚はなくなっていた。

 ロードバイクをショップの前のスタンドにセットして店内に入ると、グローブを取って手をこすり合わせた。すると血流が復活し指先の感覚が戻ってくる。指先の感覚が戻ってくるとほっとする。「これも真冬の風物詩か・・・」と思ったりもする。

 今日の参加者は4名であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが2台と、FUJIとLOOKがそれぞれ1台づつである。

クリックすると元のサイズで表示します

 ORBEA2台のうちの1台は「ORCA AERO」である。エアロ形状のフレームが精悍な印象を与える。現在のフレームデザインの流行りはエアロ形状である。空気抵抗を極力低減する形状はどこかしら近未来的なクールさに溢れている。

 私は今日の午後3時から所用があったので、「できれば2時までに自宅に帰りつきたい・・・」との要請をした。「では、少し短めのコースにしますか・・・」ということになり、目的地は「時坂峠」に決まった。

 4両編成の短めのトレインは隊列を形成して走り始めた。小平市の市街地を抜けていき、やがて玉川上水に沿って続く道を西へ向かった。

 真冬の空気は凛としている。その冷たい空気を切り裂きながら走っていくと、ペースが徐々に上がっていった。「今日は距離は短めであるが、中身の濃いロングライドになりそうだ・・・」と思いながらテンポアップして走っていった。

 やがて最初の休憩ポイントである拝島駅前のファミリーマートに到着した。拝島駅の白いフェンスに4台のロードバイクは綺麗に並んだ。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ