2021/9/28

5689:雨間  

 コンビニ休憩を終えて、リスタートした。国道16号を少し走ってから睦橋通りに向けて右折した。片側2車線の広い道路はまっすぐに伸びている。

 睦橋通りは信号が多い。そのため赤信号で止められることも多い。何度かのストップアンドゴーを繰り返した。

 とある交差点で赤信号で止まった。何気に交差点の名前を見上げて確認すると「雨間」と標識に記されていた。「なんだか、今日の天気を象徴しているような名前だな・・・・」と思いながら、信号が青に変わったのでその交差点を通過した。

 武蔵五日市駅の手前まで睦橋通りを走っていき、左折した。この先は檜原街道である。しばし市街地の中を走った。

 左手に「五日市ひろば」が見えてきた。真夏のライドではこの公園に立ち寄って水道の水を頭からかぶった。その時とは季節がすっかりと変わった。

 市街地を抜けると道の周囲は緑があふれてくる。今日はもともと空気がひんやりとしているが、山間の道に入っていくとさらにそのひんやり度が増した。

クリックすると元のサイズで表示します

 上り基調の道を7両編成のトレインは順調に進んでいって、次の休憩ポイントである下元郷の公衆トイレに到着した。

 ここにはバス停があり、「山の店」という名前の檜原村特産の野菜や山菜、ジャムなどを販売している小さな店がある。

 広い公設駐車場もあるが、緊急事態宣言中は閉鎖されている。特徴的な形状をした総ヒノキ造りの公衆トイレの手前にはサイクルラックがあり、そこに7台のロードバイクは連なった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここから時坂峠の上り口はすぐである。時坂峠のヒルクライムコースは約3kmである。それほど長くない。

 斜度は厳しいところと緩むところが交互に現れる。ゆったりとしたペースで走れば、脚を酷使することはないが、チームで走る場合には「坂バトル」になるので結構脚を消耗する。

 来週の日曜日は「箱根ヒルクライム」に参加する予定であるので、「今日は最初から高い負荷をかけて走ろう・・・」と決めていた。「平均パワーは250ワットを目標としよう・・・後半辛そうだけど・・・」と思っていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ