2021/7/10

5609:PAR  

 クラブハウスに入って昼食休憩となった。昼食には「豚丼」を選択。特製の味噌タレで味付けされた豚肉は濃厚な味わいであった。

 後半はOUTコースである。1番ホールは409ヤードのミドルホール。「OUTはINよりもフラットで回りやすいですよ・・・」とキャディーさんは言っていた。

 今日ついてくれたキャディさんは20代と若く、そして明るい。「こういうキャディさんについてもらえるとやる気が出るよな・・・」と内心思いながら、後半のティーショットを放った。

 練習場には行っていないが、ゴルフに関してはSNSなどで動画が出ているとチェックしたりしていた。

 そんな中にワンポイントレッスン的な動画がある。「右ひじはインパントの時には曲がったままにして伸ばさないようにしましょう・・・」というテーマの動画を先日観た。

 「そうか・・・伸ばした方が良いのかと思っていたが、右ひじは曲げたまま打つのか・・・」と新鮮に感じた。今日はそのワンポイントレッスンを参考に右ひじに注目しながら素振りを行い、その感覚を保持しながらボールを打つようにした。

 1番、2番と大きなミスは出ずボギーでこなし、3番ホールへ向かった。3番は491ヤードのロングホールである。

 ティーショット、セカンドショットとまずまずで、第3打はグリーンまで60ヤードの距離である。ここでも右ひじの曲がりに注目しながら素振りを2回行ってから打った。

 するとボールは軽く上がり、グリーンにオンした。2パットでボールをカップに沈めて本日初のパーをゲットした。

 パーが来るとリズムが良くなる。次のショートホールは143ヤード。「どうにかワンオンしたいな・・・」前半のINコースでは二つあるショートホールはいずれもグリーンを大きく外していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 7番アイアンで放ったボールはグリーンの左方向に向かった。左手前にはガードバンカーがある。「バンカーに入るなよ・・・」と思いながらボールの行方を見守った。

 ボールの落ち際はよく見えなかった。グリーン近くまで行ってみるとボールはバンカーにつかまっていた。

 バンカーは昨日までの雨で湿っていて随分と締まっていた。フェイスを大きく開いて打ったバンカーショットは思いのほか上手くいき、カップの2メートルほど手前で止まった。

 このパーパットを沈めてパーとした。連続パーである。「もしかして後半は良いスコアが出るかも・・・」と少しワクワク感が出てきた。

 5番、6番、7番はボギーであった。ミスショットも出るが、どうにかリカバリーできていた。8番ホールは179ヤードのショートホールである。

 ハイブリッドを短めに握って放ったボールはグリーンを少し超えてしまった。「やはりちょっと持ったクラブが大きかったか・・・」と思った。

 ボールはグリーン奥の斜面にあった。カップまでは20ヤードほど。アプローチショットはふわっと高く上がって10ヤードほどのキャリーでグリーンに落ちた。そこからころころと転がった。

 富士山の近くのゴルフ場のグリーンは目が強い。順目だったので転がりが良かった。カップを1.5メートルほど超えてからボールは止まった。

 「ナイスアプローチ・・・!」キャディさんの若々しい声が響いた。ここもパーであった。前半のINコースでは一つも取れなかったパーが、後半のOUTコースでは三つも来た。

 最後の9番ホールは、407ヤードのミドル。ティショット、セカンドショットは可もなく不可もなくという出来であった。

 3打目はグリーン手前20ヤードほど手前から・・・「これをピタッと寄せて4つ目のパーを・・・」と「欲の塊」状態で打ったアプローチは大きくカップを超えてしまった。

 「欲をかくとこれだ・・・」と思いながらグリーンに上がり2パットでボールをカップに納めた。

 後半のOUTはパーが3つでボギーが6つ。スコアは「42」であった。私としては良いスコアである。「これは次に繋がるかも・・・」と思いながら、今年3回目のゴルフを終えた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ