2021/4/29

5537:レイン  

 時坂峠の展望ポイントはとても気持ちが良い。眺望も素晴らしく、春ののどかな空気と野鳥の鳴き声などが、心をゆったりと和ませてくれる。

 時折他のローディーも上ってきて、ここでしばしの休息タイムを過ごしていった。その中に身長が190cmはあるのではと思える大柄な外人さんが一人でロードバイクに乗って走ってきた。

 その乗ってきたロードバイクも当然大きい。私が乗っているロードバイクよりも大きなサイズのものを見るのは滅多にないので、思わず二度見してしまった。

 少し長めの休息タイムを過ごしてから、下り始めた。空の具合はやはりちょっと雨が降りそうな雰囲気のものになっていた。

 それでも下り切ったところにある「ちとせ屋」には立ち寄ることになった。やはりここの「卯の花ドーナッツ」は時坂峠を上った際のマストアイテムである。

 時坂峠の道は結構荒れている。路面には石や枝などが落ちているので、それをタイヤで踏まないように注意しながら下っていった。

 パンクなどのトラブルは一切なく下り切って、「ちとせ屋」にいつものように立ち寄った。ここで「卯の花ドーナッツ」と「豆乳」を購入した。 

クリックすると元のサイズで表示します

 その味わいはまったく変わっていなかった。滋味あふれる味わいは、安心感をもたらすものである。濃厚な豆乳との相性も抜群である。

 スマホの雨雲レーダーによると近いところまで雨雲が迫ってきているとのことであったので、卯の花ドーナッツを胃袋に収めてからは、少し速めのペースで帰路を急いだ。

 檜原街道を武蔵五日市駅まで走り、その後睦橋通りを走った。気になっていた天候であるが、時間の経過とともに空の色合いは明るくなってきた。どうやら雨雲は逸れていったようである。

 雨が降り始めたら省略する予定であった拝島駅近くのファミリーマートでの昼食休憩は端折られることを免れた。

 ファミリーマートの店内に入って昼食に選択したのは「明太子と鮭のスパゲティ」である。「和パスタ」であることを示す四角い容器に入っていた。

 こんぶやあごだしの風味と明太子の旨みが楽しめるパスタで、明太子ソース、加熱した明太子こに加え、鮭のほぐし身やきざみ海苔がトッピングされている。

 昼食休憩後は玉川上水に沿って続くコースを走った。西から東へ向かった。玉川上水は1948年に太宰治が愛人の女性と入水自殺したことでも有名であるが、現在の水量は多くなく、入水自殺はできそうにもない。

クリックすると元のサイズで表示します

 玉川上水に沿っては遊歩道が整備されていて、格好の犬の散歩コースにもなっているようである。

 「百石橋」まで走ってから隊列を離れて自宅へ向かった。結局雨は降らなかった。雨は降らなかったが、一人になって自宅までの短い行程をビートルズの「レイン」を鼻歌で歌いながら走った。1966年に発表されたジョン・レノンの名曲である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ