2021/4/27

5535:檜原村  

 6台のロードバイクは隊列を形成して走り始めた。気温はローバイクで走るのにちょうどいい具合であった。

 小平市の市街地を抜けていって、玉川上水に沿って続く道に出た。玉川上水の両側には多くの木々が植えられている。その緑が作り出す木陰の中を西へ向かった。

 トレインはトラブルもなく順調に進み、最初の休憩ポイントである拝島駅前のファミリーマートに到着した。

 拝島駅の白いフェンスにロードバイクを立てかけて、店内に入った。補給食を何にするか検討して、その結果選んだのは「鶏つくね串」と「ファミコロ」である。どちらもレジ横の「コンビニホットスナック」のコーナーに置いてある。

 「コンビニホットスナック」には様々なものが並んでいる。最近のものはどれもレベルが高い。「鶏つくね串」と「ファミコロ」はそれらの中でも定番の商品である。

 コンビニ休憩を終えて、先へ進んだ。国道16号を少し走り、睦橋通りに入った。睦橋通りは片側2車線の広い道路である。

 睦橋通りでは何度が赤信号で止まる。ある信号機の前で止まった時その交差点に「シャトレーゼ」があった。

 シャトレーゼはコロナ禍による巣籠もり需要で最高益を更新したというニュースを最近スマホで見た。郊外の住宅地に近い立地と手ごろな価格が受けて、とても売れているようである。

 武蔵五日市駅まで睦橋通りを走って、その手前で左折した。ここからは檜原街道を走る。上り基調の道を走って、市街地を抜けていった。

 新緑が気持ち良い穏やかな風景の中を走っていくと、秋川に架かる1本アーチが珍しい「新矢柄橋」が見えてきた。斜めに走る独特のアーチで吊られている斬新なデザインの橋を渡っていった。

クリックすると元のサイズで表示します

 道はさらに山間の中に入っていき、次なる休憩ポイントである「檜原村下元郷公衆トイレ」を目指した。

 その休憩ポイントが見えてきた。ここには雛原村の特産品を売る「山の店」とバス停、そして広い駐車場もある。その駐車場は緊急事態宣言を受けて閉鎖されていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 公衆トイレの横にあるサイクルラックにロードバイクをかけて、トイレを済ませた。「ここの駐車場が閉鎖されているということは、きっと『都民の森』の駐車場も閉鎖されているのであろう・・・」と思った。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ