2021/4/20

5528:強風  

 風張峠には奥多摩湖を経由して向かうことになる。まずは奥多摩湖方面へ向けて走り出した。多摩湖サイクリングロードを抜けて、青梅街道を走った。

 青梅街道を西へ向かい、東大和市、武蔵村山市、瑞穂町を抜けていった。八高線の踏切を渡ると、岩蔵街道に向かう交差点に達した。

 その交差点を右折して岩蔵街道を走った。ロードバイクで走っているとうっすらと汗ばむくらいの気候で、今が一番ロングライドには向いている季節かもしれない。

 圏央道の青梅インターを通り過ぎて、「今井馬場崎」の交差点を左折した。青梅方面へ向かって走っていくと、やがて道はJR青梅線に沿って続く商店街の中に入っていった。

 ここは昭和レトロの雰囲気を持った商店街である。その商店街を抜けると、人家がまばらになってくる。

クリックすると元のサイズで表示します

 時折、並行して走るJR青梅線の線路を走る電車の走行音を耳にしながら走っていくと、いつも休憩するセブンイレブンが道に左側に見えてきた。6台のロードバイクはその駐車場に向けて流れていった。

 駐車場にはオートバイが沢山停まっていた。中高年のおじさんたちがグルーブでツーリングに行くようである。ロードバイクに最適の気候はオートバイのツーリングにも最適である。

 フェンスにロードバイクを立てかけて店内に入った。補給食にはツナマヨのおにぎりと草餅を選択した。

 今日は風が強かった。フェンスに立てかけてあったロードバイクも2台が倒れてしまっていた。春は時折強い風が吹く。今日は強い風に注意する必要があるようであった。

 補給食でガソリンタンクを満たしてから、リスタートした。さらに西へ向かった。「将門」の交差点に達して、その交差点を左折した。

 道を下っていくと城山トンネルが見えてきた。その大きな入り口にトレインは吸い込まれて行って、涼しい空気で満たされているトンネルの中を走っていった。

 城山トンネルを潜り抜けてしばし走ると次は愛宕トンネルである。この先も幾つかのトンネルが断続的に続く。

 道は緩やかに上っていく。奥多摩湖を堰き止めている小河内ダムがゴールである時には高速バトルに私も参戦するが、今日はその先に風張峠が控えているので、無理のない範囲での負荷で走った。

 小河内ダムに達する道の最後のトンネルである「中山トンネル」を抜けると、小河内ダムの余水吐の設備が視界に入ってくる。大雨で貯水量が増え過ぎた場合には、ここからダムの水が放流される。

クリックすると元のサイズで表示します

 奥多摩湖に着いた。焼き芋屋の軽トラックが道の脇停まっていた。2本買ってそれぞれ3等分して6名で食した。深みのある甘さでとても美味しかった。

 奥多摩湖の向こう側に見える山の様相は「春の山」であった。奥多摩湖の湖面は強風で波立っていた。その波立った湖面が陽光をきらきらと反射していた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ