2021/4/13

5521:フレンチクルーラー  

 多摩湖の堤防を渡り切り、その向こう側に下っていった。その後アップダウンのある道を走っていくと、「栗原新田」の交差点に達した。

 その交差点を右折して「狭山ゴルフ倶楽部」の脇を通り抜けていった。やがて道はJR八高線に並行して走るようになった。

 入間川に架かる橋を越えるといつも休憩するセブンイレブンが見えてきた。6台のロードバイクはその駐車場に向けて曲がっていった。

 駐車場のフェンスにロードバイクを立てかけて、店内に入った。補給食をどうしようかと店内を見渡していると、「フレンチクルーラー」が目についた。

 この「フレンチクルーラー」・・・生地はふんわりしっとりしていて、中にホイップクリームが入っている。生地の上はミルクチョコが覆っている。

 このタイプのドーナツは、ドーナツであっても軽い食感でそれほど重たくはない。クリームはくちどけも良く、ミルキーな甘さ。

 口の中で生地とホイップクリームとミルクチョコが合わさり、満足感が高い。そして当然カロリーも高い。1個で390キロカロリーである。

 ここでウィンドブレーカーは脱いだ。気温は高くもなく低くもない。ロードバイクで走るにはちょうどいい頃合いであった。

 コンビニ休憩を切り上げてリスタートした。国道299号にぶつかるまで道なりに走っていった。国道299号線に接する交差点の向こう側は「武蔵丘ゴルフコース」である。この辺りにはゴルフ場が多い。

 その交差点を左折して国道299号を走った。道の周囲は新緑の緑色で溢れていた。新緑の緑と空の青とのコンビネーションは気持ちを良く、目に優しかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 大きくうねり、多少アップダウンがある道をトレインは順調に走っていった。「1年中こんな爽やかな季節ならいいのに・・・」と都合のいいことを思いながら走っていくと、「吾野トンネル」が見えてきた。

 そのトンネルの手前で左折して「旧道」に入っていった。道幅がやや狭い旧道を抜けていき、再びぶつかった国道299号を横断すると、「顔振峠」の上り口に着いた。

 ここで一息入れた。顔振峠の峠道は約4kmで平均勾配は8.2%。後半短い下りも入る。激坂エリアが断続的に続き脚を削られる厳しいヒルクライムコースである。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ