2021/1/31

5448:無駄の堆積  

 AurexのCDプレーヤ1号機であるXR-Z90に一枚のCDがセットされた。セットされたのは、DANIEL LOZAKOVICHのヴァイオリンによるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲が収録されたものであった。

 2019年、まだ世界がコロナ禍に見舞われる前の録音である。DANIEL LOZAKOVICHは2001年スウェーデンに生まれた。

 極めて優れた才能を有するヴァイオリニストで、その演奏についてボストン・グローブ紙は「落ち着いた物腰、澄みきった音色、みごとな技巧」と賛辞をおくっている。

 第1楽章を聴いた。Aurex XR-Z90、OPTONICA SM-3000 MK2、OTTO SX-551というシンプルな構成であるPaoさんのサブシステムの音の質感は、予想していたものよりも艶のあるバランスの良いものであった。

 もちろんPaoさんのメインシステムと比べると見劣りする点が多いのは事実であるが、かかっているコストを考慮すると、「相当に検討している・・・」と評価できるものと思われた。

 このシステムだけを聴いている分には「これはこれでいいのでは・・・」と思えるクオリティーを有していた。

 肩ひじ張らずに、穏やかな心情で聴ける音の質感で、圧迫感のない、軽やかな美しい音質に「そんなに悪くないですよ・・・十分に聴けます・・・」その評価をPaoさんに伝えた。

 「そう・・・そう思う・・・まあ、ハイファイとはちょっと違うけど、それほど悪くないかな・・・」とまんざらでもない表情であった。

 気を良くしたのか、続いてもう1枚別のCDを取り出して、CDを入れ替えた。Aurex XR-Z90はカセットデッキにカセットテープを入れるようにCDを縦にセットする。

 XR-Z90には小窓がついていて、その窓からCDが回転するさまを目で見ることができる。今見ると結構斬新でかっこいいデザインと言えるであろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 次にかかったのは、EDGAR MOREAUのチェロによるヴィヴァルディのチェロ協奏曲であった。彼も若い。

 EDGAR MOREAUは1994年のパリ生まれである。2009年のロストロポーヴィチ国際チェロコンクールにおいて「最も将来性のある若手奏家」賞を受賞し、さらに2011年のチャイコフスキー国際コンクールで第2位となった。

 鮮度感溢れる演奏である。「やはり若いって良いな・・・」と、なくしてしまったものを惜しむような気持になった。

 「サブシステムか・・・まあ、趣味の世界は効率だけでは割り切れない世界である。物欲の沼にはまり込んでしまう危険性もあるが、趣味というものは無駄の堆積であってもいいのかもしれない・・・」とPaoさんのサブシステムを聴きながらぼんやりと思った。

2021/1/31

5447:SX-551  

クリックすると元のサイズで表示します

 「今は無き三洋電機はかってOTTO(オットー)というブランド名でオーディオ機器を生産・販売していたんだ。そのOTTOから1976年に発売されたのが、このSX-551なんだ・・・」

 「このスピーカーは、かなり気合が入っていてね・・・まずユニットが良い・・・低域用のは25cmコーン型ウーファーの振動板は西ドイツのクルトミューラー社にオーダーしたもので、北欧産の針葉樹パルプ紙を柔らかく厚手に抄造したものを採用しているんだ。かなりコストがかかっている。」

 「中域用の3.9cmソフトドーム型スコーカーの振動板も、その素材には動物性ファイバーと植物性ファイバーを混紡して織り上げたものが使われてたり、高域用の2.7cmソフトドーム型ツィーターも当時としてはかなり手の込んだもので、開発担当者の強い思い入れが感じられる。」

 「さらにキャビネットの突板として用いられているのは西アフリカ原産のブビンガ材で、これが実に良い発色なんだよね。木目の美しいその明るめの色合いはとても日本製とは思えないようなオーラを放っていたんだ。」

 Paoさんは片方のスピーカーのサランネットを取り外してユニットを見せてくれた。三つのユニットがきれいに配置されていて、アッテネータも装着されていた。

 「実はこのスピーカー、我が家に来たと時にはひどい状態でね・・・ネットワークとユニットは取り外して、オーバーホールしてもらい、キャビネットも補修のために専門の業者に送って、今の状態に仕上げてもらったんだ・・・」

 「そのためのコストは結構かかったけど、しっかりとメンテナンスしたから、見た目も良くなったし、今後10年間はトラブルもないはず・・・」

 Paoさんは、このスピーカーに結構な思い入れがあったのであろう。コンディションが悪かったものをヤフオクで落札して、かなりのコストをかけて復活させたようである。

 「このOTTO(オットー)というブランド名、もしかしたら音(おと)から来ているんでしょうか?」

 私は思いついてそう言うと「そうかもね・・・きっと語呂合わせという面もあっただろうね・・・このロゴもかっこいいよね・・・」

 Paoさんは一旦外したサランネットを元に戻しながら、そのサランネットの右上についている「OTTO」と記されたブランドロゴを愛でるように眺めていた。

 AurexのCDプレーヤー、OPTONICAのプリメインアンプ、そしてOTTOの3ウェイスピーカーというシンプルな構成が、Paoさんのセカンドシステムであった。それが6畳ほどの広さの部屋に綺麗にセットされていた。

 「聴いてみる・・・まあ、音の方は期待しないでね・・・こっちは音度外視だから・・・」そう言いながら、サイドテーブルの上に置かれた数枚のCDのなかから1枚を取り出した。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ