2021/1/29

5445:甘泉園公園  

 最近の気候はまさに日替わりである。小春日和かと思わせておいて、翌日には真冬に逆戻りということが何度も繰り返されている。

 今日は3月下旬並み暖かさである。しかし明日の天気予報は最高気温が6度ほどで今日よりも9度ほど下がるとのことである。さらに夕方には雪が降るという、今日の気候からすると想像もつかない急展開である。

 暖かい空気のなか、車を走らせた。新青梅街道を延々と走ってゆき、何度か交差点を曲がると、道は新目白通りに入った。

 新目白通り沿いのコインパーキングに車を停めた。道は思いのほか空いていた。やはり緊急事態宣言の影響であろうか。

 都電 荒川線の「面影橋」駅近くのコインパーキングから、Paoさんのお宅まで徒歩で数分である。

 予定していた時間よりも早く着きすぎたので、その途中にある新宿区立 甘泉園公園に立ち寄ってみることにした。

 甘泉園公園はメインが回遊式庭園で、その脇には遊具を備えた児童公園とテニスコートが併設されている。

 一旦中に入ってしまうとここが新宿区とは思えないようなのどかな景色と空気感に包まれる。

 「甘泉園」の名は、ここから湧く泉の水がお茶に適していたところからきたと言われている。池を抱く日本庭園が周辺とは別世界の静けさを演出ている。

 Paoさんのご自宅はこの甘泉園公園に面している。昭和の時代を濃厚に感じさせる古い家屋で、親から相続して今はPaoさんが一人で暮らしている。

 回遊式の日本庭園をくるっと一周した。その真ん中には大きな池がある。池の中には鯉がゆったりと泳いでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

 「セカンドシステムか・・・そういったものを持っているのもいいかな・・・いやいや・・・現代はミニマリストがかっこいいとされる時代である。不要な持ちものを減らし、本当に自分に必要なものだけで暮らすのが時代の潮流である・・・」

 「Paoさんのセカンドシステムって、まったく予想がつかないな・・・きっと変わったものばかり集めたんじゃないの・・・」

 そんなことをぼんやりと思った。ベンチがあったので、少し座った。スマホで時刻を確認した。予定の時間よりも10分ほど早かったが、「まあ、いいか・・・少し早い分には・・・」と思って、公園を出て、Paoさんのお宅へ向かった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ