2021/1/26

5442:自主練  

 スマホの具合が悪く、Zwiftに接続できなかったので、バーチャルチームライドには参加できず、結局自主練をすることになってしまった。

 「しょうがない・・・スマホは後でauショップに行って診てもらうしかない・・・いつもジムでやっているメニューでもこなすか・・・」

 そう思いながら、ZOOMを立ち上げる予定であったノートパソコンを立ち上げてYouTubeを開いた。そして「Mt.富士ヒルクライム」と検索した。

 するとずらっと「Mt.富士ヒルクライム」の走行動画が並んだ。その中から適当に一つを選んだ。2018年の大会の動画であった。

 動画上の天気は曇天であった。霧雨が少し降っているような天候である。それは窓の外に広がっている景色と一致していた。

 その動画を見ながら、5分間のウォームアップを行った。5分経過したら、出力を200ワット程度に上げて、その後55分間その出力を維持する。

 先日メールが来ていた。今年のMt.富士ヒルクライムの開催日が決定したという内容のものであった。

 「富士の国やまなし 第17回Mt.富士ヒルクライム実行委員会は、本大会を2021年6月6日(日)に開催することを決定いたしました。実行委員会では新型コロナウイルス感染拡大が続く社会情勢を念頭に置き、本大会を安全に運営し、皆さまに安心してご参加いただくことを最優先として検討を進めてまいりました。安心・安全な運営のための新たな企画や制度もご用意し、このような情勢下でも目標を持ってサイクリングに取り組む全国のサイクリストに挑戦の機会を提供させていただくために、関係各所との協議を経て、本日の発表に至りましたことをご報告いたします。」

 「開催日が決定か・・・今年はいつも通りの運営でレースができるのであろうか・・・」と思った。

 昨年2020年は開催日が延期され、運営方法も感染対策のため随分と変更があった。「多少の変更があってもいいけど、できれば防寒着などの入ったリュックを背負わずに走りたいな・・・」とそのメールを読んで、感じたのであった。

 選択した動画では5km通過時点でのタイムは17分25秒であった。「速いな・・・このくらいのタイムで走れればいいな・・・」などと思いながらクランクを回し続けた。

 「このペースで走れれば10km地点では34分くらいかな・・・15km地点では50分くらい・・・1時間20分を切れるペース・・・」

 私のベストタイムは1時間22分48秒である。1時間20分が切れればいいのであるが、それは現状ではかなり高い目標となっている。

 ようやく所定のトレーニングを終えた。汗が大量に流れたので、タオルで汗を拭った。5分間のクールダウンをしている時、「アルプ・デュ・ズウィフトの方はどうなったであろうか・・・1時間切れたのかな・・・」とバーチャルチームライドでチームメンバーがチャレンジしている1時間切りが気になった。

 「そうだ、ZOOMを繋いでみよう・・・」と思い、ノートパソコンに表示されているYouTubeを消して、ZOOMを立ち上げた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ