2021/1/19

5435:KOMバトル  

クリックすると元のサイズで表示します

 幸先よく最初のスプリントポイントを征したので気をよくして、フエゴ砂漠を走り抜けていった。

 砂漠を過ぎると今度は「タイタンズグローブ」と呼ばれる森林地帯に入った。タイタンズグローブは、世界的に有名なセコイア国立公園のあるハイシエラからインスピレーションを得て作成されているとのことである。

 マンモスサイズの岩や巨大なセコイアは、ワトピアの他の地域とはまったく異なる景観をもっていて、古代の森林を思わせる。

 次なる「もがきポイント」は、そのタイタンズグローブのなかにある。短いKOMである「Titans Grove KOM」がそれで、距離は2.6kmである。

 計測開始が始まった。いきなりパワーがぐっと上がるわけではない。残り距離を確認しながらじわじわとパワーが上がっていく。

 そして、到着予想時間と計測が開始されてからの時間との差が縮まってくるにしたがって「臨戦態勢」に移行する。

 ゴール前になると、皆「マックスパワー」で駆ける。私は三番手から前を行くメンバーをかわそうとクランクをハイスピードで回し続けたが、一人をかわすのがやっとであった。

 バーチャルライドの楽しみは、このゲーム感覚である。実際に体を動かすので、いわゆる「e-sports」とは違うが、リアルとは違うバーチャルゲーム的な要素があるのである。

 「Titans Grove KOM」が終わるとしばらく下っていった。森林地帯を抜けると、次なるKOMが待ち構えていた。

 「Zwift KOM」である。距離は0.9kmなのでKOMというよりもスプリントポイントと言った方がいいかもしれない。

 短期決戦である。エンジンの回転数が上がるに従ってギアをチェンジしていって、「マックスパワー」状態にワープした。

 しかし、前を行く2名のメンバーが速い。その背後にへばりついたまま3着でアーチを潜った。「もがきポイント」を過ぎると脚を緩めて乱れた呼吸を整える。ここまで3回もがいたが、かなり脚にきていた。

 前半最後の難関は「Volcano KOM」である。3.8kmの距離がある。道はやがてボルケーノエリアに入っていった。

 道の脇を流れるオレンジ色の溶岩流が見える。ファンタジーと言えばファンタジーであるが、現実ではありえない光景である。

 スマホの画面はアスファルトの黒を除いて赤やオレンジ、黄色に染まった。その中をアバターは隊列を維持しながら走っていった。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ