2020/11/4

5356:記念日  

 11月3日は、文化の日である。明治天皇の誕生日にあたり、明治時代には「天長節」、昭和の初期には「明治節」として祝日となっていた。

 個人的には私たち夫婦の結婚記念日である。披露宴を挙げたのは1989年11月3日であった。1989年といえばバブル経済の最盛期である。

 31年前の1989年は、今とは全く違う時代であった。土地や株価は上がり続け、企業も好業績が続いていた。

 日本は浮かれていたのである。しかし、1989年のピークを最後に日本経済は一転する。ぱんぱんに膨れた巨大なバブルがはじけ、長い長いデフレ時代に突入していった。

 今日は家族そろって、31回目の記念日を祝うために昭島市にある「昭和の森 車屋」に出かけた。

 予約していた時刻は午後1時である。ここは落ち着いた和食の店である。門構えも立派で、導入部で気分を日常から非日常へ切り替えてくれる。

クリックすると元のサイズで表示します

 大きなガラス越しに整備された日本庭園を望むことができて目を楽しませてくれる。小さな滝も併設する巨大な池には鯉がのんびりと泳いでいた。

クリックすると元のサイズで表示します

 天気は曇りであったが、時折薄日が差していた。日本庭園の木々は所々赤やオレンジ色に色づいていた。

 懐石料理は、秋の深まりを意識させるものが順次テーブルに運ばれてきた。コロナウィルスの影響で落ちこんでいた外食産業も少しづつ回復しつつあるようで、テーブル席の9割ほどが埋まっていた。

 なかには七五三のお祝いに来ている家族も2組いた。小さな女の子の晴れ着姿は目に眩しかった。我が家も遠い昔にお祝いしたものである。

 31年間の過ぎにし方を振り返るひと時となった。過去を振り返るには、この場所は最適であったのかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ