2020/10/20

5341:青空  

 隊列を形成してスタートした。スタート時の天気は曇りのままであった。6台のロードバイクはもう一人のメンバーとの合流地点である東大和市のセブンイレブンを目指して走り始めた。

 以前は前のメンバーの背後にぴったりとくっついて走っていたが、コロナ禍の中でのライドでは、2メートル程度の間隔を空けて走る。そのため「ドラフティング効果」はほとんど得られない。

 マスクも着用している。サイクルウェアの有名なメーカーであるパールイズミ製のマスクは普通のマスクよりも呼吸が楽である。

 多摩湖サイクリングロードを抜けきって、「武蔵大和駅西」の交差点を左折して旧青梅街道を走った。セブンイレブンに到着してメンバーの到着を待った。

 セブンイレブンに着く頃には空も明るくなり、陽光も地上に到達するようになった。待っている間にウィンドブレーカーを脱いで、サイクルウェアの背面ポケットに忍ばせた。

 ややあって、メンバーが合流した。これで7両編成となったトレインは、リスタートした。気温が少しづつ上がっていくなか、快適なライドが続いた。

 青梅街道を走っていき、東大和市、武蔵村山市、瑞穂町を横断していった。八高線の踏切を越えてから、岩蔵街道に向けて右折した。

 岩蔵街道に入ると道の周囲が開ける。その広くなった空間を感じながらほぼ真っすぐに走っていくと、圏央道の青梅インターの下に達する。

 その下をクランク状に曲がりながらさらに先に進んで、「今井馬場崎」の交差点で左折した。そして青梅方面へ向かって広い道路を走った。

 JR青梅線の踏切を通り過ぎるとしばらく青梅線に沿って続く古い商店街を抜けていく。市街地が途切れると、一気に緑の比率が高くなっていく。

クリックすると元のサイズで表示します

 緩やかな上り基調の道を走っていくと、空は青い色に変わった。「今日は一日曇り・・・」と思っていたが、爽やかな色合いが目に眩しかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ