2020/10/16

5337:マイナーチェンジ  

 「THE new 5 新時代のリーダーへ。」と印刷された豪華なDMがToto BMWから届いた。裏側には「ニューBMW5シリーズデビュー・フェア 10月17日(土)・18日(日)」とも記されていた。

 5シリーズのマイナーチェンジモデルがBMWから正式に発表されたは5月の下旬のことであった。ヨーロッパでの販売開始は7月、そして日本でもその販売が開始されることとなった。

クリックすると元のサイズで表示します

 マイナーチェンジであるので、全体のプロポーションや、インテリアの造形に関しては大きな変更はないが、フロントフェイスの印象は随分と変わった。

 フロントの印象に大きな影響を与えるフロントライトの形状がきりっとした直線基調になったのである。

 ライトスイッチを「AUTO」にしていると、エンジンをかけると自動的に点灯する「デイタイムランニングライト」が、各々二つのL字を浮かび上がらせて、そのシャープな印象を強調する。
フロントフェイスだけ見ると、フルモデルチェンジかと勘違いするかもしれない。

 マイナーチェンジであってもエクステリアデザインをフルモデルチェンジ並みにがらっと変えてきたのは、5シリーズの最大のライバルで同じくつい最近マイナーチェンジモデルの販売が日本でも開始されたMercedes-BenzのE-CLASSも同様であった。

クリックすると元のサイズで表示します

 こちらもフロントライトの形状が大きく変更された。グリルの形状も変わったので、前だけ見ていると、こちらもフルモデルチェンジかと勘違いするであろう。

 さらに、このセグメントに属するJAGUARのXFもつい最近マイナーチェンジされた。XFは日本ではあまり見かけることの少ないモデルであるが、ドイツ勢とは一味違った味わいを提供してくれる貴重なモデルである。

 その写真を最初に見て、「XFもフロンライトがL字二つだな・・・NEW 5シリーズに似てるかも・・・」と思った。時代の流れはきりっとしたものを求めているのであろうか・・・

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ