2020/10/15

5336:予行演習  

 火山の島に入り込んでいくと、画面の色合いがオレンジ色に変わっていく。コースの両脇を溶岩が流れていたりするのである。

 現実にはあり得ないコースである。「これが現実ならタイヤ溶けるよね・・・」と冗談を言い合いながら進んでいった。

 空想の島であるWATOPIAならでのファンタジックなところである。別のコースを選択した時には、コースの脇に恐竜がいたりもした。

 Volcano KOMの距離は3.8km。それほど長くはない。斜度も緩めで推移する。「2級山岳」といったところか・・・

 Epic KOMで結構脚を使ったので、Volcano KOMの計測区間が始まっても、周囲の様子を見ながらクランクを回していった。

 それは皆も同じようで、それほど高くない負荷で一団となって走っていき、徐々にKOM区間をこなしていった。

 さすがに終盤に入ってくるとペースが上がった。先頭集団から遅れないように私もペースを上げていった。

 高度が上がるにしたがって、パワーも上がっていき、ゴールであるアーチが視界に入ると、一気に皆パワーを全開にしていった。

 私も400ワットを超える出力までもっていってスパートしたが、ここでも3番手でアーチを潜った。「2級山岳賞」も取得できなかった。

 Volcano KOMを終えると、今日のコースの終わりも近い。予定通り3回もがいた。しばしコースのゴールへ向けて走っていると、リーダーが「今日のコースのゴールラインではなく、アーチにしましょうアーチに・・・もしもスプリント賞をやるならですけど・・・」と、告知した。

 「やるなら・・・って・・・それはやるってことでしょう・・・」と皆で笑った。今日は3回ではなく、4回もがくこととなった。

 「1級山岳賞」と「2級山岳賞」を逃したので、やる気が湧いてきた。スプリントは短期決戦である。位置取り争いで良いポジションをとっておくことが大事である。

 スプリントポイントへ向けて速いペースで走っていき、一気にスプリント合戦に流れ込んだ。瞬間的に500ワットを越えるパワーでアーチに向けて駆けこむと、今度は最初にアーチを潜り抜けた。

 「スプリント賞」はGETできた。「最後が良ければすべて良し・・・」という感じで、気持ち良く「Three Sisters」のコースを走り終えた。

 来週はバーチャルではない、リアルなロングライドの予定である。「風張峠」まで走る予定である。山のふるさと村との分岐の交差点から風張峠の頂上までは9.4kmほど。斜度は結構しっかりとしている。ゴール手前にはアップダウンエリアも少しある。Epic KOMと似ている。今日は来週走る「風張峠」の予行演習という意味合いもあったのかもしれない。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ