2020/9/7

5296:4週目  

 バーチャルチームライドにおける「フランス週間」は、4週目に入った。ツール・ド・フランスは、ゴールまでまだ2週間あるので、「フランス週間」は再来週までは継続される予定である。

 そのツール・ド・フランスは、本命と見られていたイネオスのベルナルの調子が今一つで、混戦模様である。誰が勝つのか予断を許さない状況は観ているものにとっては面白い展開である。

 4週目に突入した「フランス週間」において選択されたコースは「TIRE-BOUCHON」。先々週に走った「PETIT BOUCLE」を逆に回るコースで、距離は61kmである。

 6つのスプリントポイントと3つのKOMが設定されていて、9箇所の全てでもがくと相当にきついことになる。

クリックすると元のサイズで表示します

 「となると本気で取りに行くところと、そこそこもがくところと、完全にスルーするところと区別して走らないと脚がもたないな・・・」と思った。

 スタート時刻はいつものとおり8時半である。15分前から準備を始めた。Zwiftはスムースに立ち上がり、今日のコースのスタート地点にアバターは無事に移動した。

 少し問題が生じたのが、ZOOMであった。ミーティングに参加する前にいつもカメラやイヤホン、マイクが正常に機能しているかチェックするようにしているのであるが、イヤホンとマイクが少しおかしかった。

 「イヤホンをテスト」をクリックすると、いつもであればイヤホンから電子音が聞こえてくるのであるが、パソコンのスピーカーから音が出る。

 「あれ・・・?」と少し焦った。2,3回繰り返したが同じ結果であった。パソコンのブルーツースの接続を確認した。

 新たに導入したマイク付きイヤホンはコードレスタイプである。ブルーツースでパソコンと接続されている。

 接続状況をパソコンの画面で確認したところ問題はなさそうであった。「なんだろう・・・イヤホン側の問題か・・・」と思い、イヤホンに付いている幾つかのボタンを押してみた。

 「Made in Chinaだからな・・・このコードレスイヤホン・・・」と思いながら、ZOOMを立ち上げ直して「イヤホンをテスト」をクリックした。

 今度はイヤホンから音が聞こえた。ほっとした。続いて「マイクをテスト」をクリックした。「マイクに向かって話してください」との指示に従って一言発した。

 「ただいまマイクのテスト中・・・」(私のような年代だとこの言葉がついつい口をつく。)ややあってイヤホンから同じ言葉が聞こえてきた。

 どうやら問題はなさそうであった。そのうえで「ミーティングに参加」をクリックした。ZOOMに先にエントリーしていたメンバーに「おはようございます・・・」と挨拶をした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ