2020/8/31

5289:乗鞍ヒルクライム  

 今日、8月30日は新型コロナウィルスの蔓延という事態がなければ、乗鞍ヒルクライムの本番が行われるはずであった。

 天気は素晴らしく良かった。乗鞍岳もきっと良い天気であったであろう。天気が良いと乗鞍岳の頂上付近の景色は実に素晴らしいものである。

 乗鞍ヒルクライムの本番が行われる日であったからというわけではないのではあるが、今日のバーチャルチームライドのコースは、ツール・ド・フランスでも有名な「魔の山・モン・ヴァントゥ」を上るものであった。

 コース名は「Ven-Top」。距離は20.8kmで獲得標高が1,539m。モン・ヴァントゥには、KOMが設定されているが、その距離は19.0km。KOMまでのアプローチは1.8kmしかない。コースの大半が「魔の山」である。

クリックすると元のサイズで表示します

 KOMの名称は「Ventoux KOM」。距離が19.0km、平均斜度は8.0%、獲得標高は1,476mである。これはZwift内で最強であった「Alpe du Zwift」を上回る。

 今日はこの「難敵」に立ち向かうことになる。走る前から決めていたことがあった。「今日は乗鞍を上るつもりで走ろう・・・」と・・・

 バーチャルチームライドでは「まとめる」機能が働くので、出力差があってもばらけないようになっている。

 隊列の後方に位置すれば脚の負担は大幅に軽減される。隊列の先頭位置にいるとそういった軽減効果は全くないので、出し続けた出力相応の負担がかかる。今日は行けるところまで先頭を引き続けるつもりであった。

 「Ventouux KOM」は距離が19.0km、平均斜度は8.0%。乗鞍ヒルクライムと比べると距離は少し短いが、平均斜度はかなり厳しい。

 私の脚力では「Ventouux KOM」を走りきるのに1時間半以上の時間がかかることは必至である。終盤脚がなくなってくると2時間近い所要時間が必要になってくるかもしれない。

 とてもハードなバーチャルチームライドになりそうであった。乗鞍を走り終えると、体は疲弊しきるのが常であった。実際に乗鞍を走った時と同じくらいの疲労感を感じることが、今日の目的でもあった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ