2020/8/17

5275:フランス  

 先月の7月、Zwiftにおいて「バーチャル ツール・ド・フランス」が、開催された。1時間程度の6つのステージで構成されていて、それらのステージにおけるレースの模様は生中継された。

 第1、第2ステージの舞台は、Zwiftのマップのなかでも一番大きく幻想的で、火山を擁する島、Watopiaであった。

 そして、第3、第4、第5ステージは、このバーチャル ツール・ド・フランスのために新たに制作されたフランスのマップが舞台になった。
 
 第5ステージはクライマー向けで、手強い山として知られるモン・ヴァントゥ中腹のシャレーレイナードでフィニッシュするコースであった。

 第6ステージはパリの名所であるシャンゼリゼ通りを走り、凱旋門前でフィニッシュするコースで、実際のツール・ド・フランスのゴールを模している。

 この新たに製作されたフランスのコースはその後一般にも開放されるようになった。今日のバーチャルチームライドは、この新たなマップであるフランスの中からコースが選択された。

 そのコースは「PETIT BOUCLE」。距離は61kmで、獲得標高は430mである。ツール・ド・フランスの名所をいろいろめぐるコースで、テレビで観た光景を楽しめるようである。

クリックすると元のサイズで表示します

 コース図を見て、「これは結構大変だ・・・」と思った。スプリントポイントが6箇所、KOMが3箇所ある。「合計9回ももがくのか・・・」脚が最後までもつか少々不安になった。

 スタートはいつも通り8時半である。15分前になったので、いそいそと準備を始めた。今日もすでに暑い。

 クーラーと扇風機を点けた。ZwiftとZOOMをそれぞれスマホとノートパソコンで立ち上げた。今日から新しいマイク付きイヤホンがパソコンに接続された。従来のものはマイク機能が損なわれてしまったので、新たなものを調達したのである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ