2020/8/10

5268:マイク  

 8月に入って暑い日が続いている。室内で行うバーチャルライドにおいて、この時期クーラーと扇風機はマストアイテムである。

 バーチャルチームライドの時間が近づいてきたので、準備を始めた。まずはエアコンの電源を入れた。設定温度は「20℃」。扇風機も所定の位置において電源を入れた。風量は「強」である。

 続いてスマホをGARMINのサイコンマウントにセットしてZwiftを立ち上げた。スマホの画面は小さいが普段はサイコンがある位置に横向きにセットされるので、実用上それほど困ることはない。

 「MEET UPに参加」をクリックすると、今日のコースである「Bigger Loop」のスタート地点にワープした。

 今日のバーチャルチームライドは、Watopia内を大きく回るコースである「Bigger Loop」を走る予定である。

 フラットなフエゴ砂漠をスタートし、海底トンネルをくぐり抜けたあと今日のハイライトとなるであろうEPIC KOMに向かっていく。

 EPIC KOMを上り終えると長い下りである。そしてジャングルサーキットを回って、ボルケーノへと向かう。

 距離は54.2km、獲得標高は691mである。KOMはEPIC KOMのみである。おそらくEPIC KOMでは死闘が繰り広げられることになるであろう。

クリックすると元のサイズで表示します

 続いてZOOMの準備に取り掛かった。ZOOMは我が家の古いノートパソコンで立ち上げる。リーダーから送られてきたメールに添付されているアカウントをクリックするとZOOMが立ち上がった。

 いつもミーティングに参加する前にカメラをチェックする。カメラ位置を調整して続いてイヤホンとマイクをチェックした。

 先週のバーチャルチームライドの時、マイクの具合が悪いようであった。イヤホンは問題なかったが、マイクがほとんどその機能を果たしていないことが分かった。

 私は外付けのマイク付きイヤホンを使っている。そのマイクはちょうど胸の前あたりにくる。きっと流れ落ちた汗がマイク部分にかかることが度重なって、マイクの機能が損なわれてしまったようである。

 「今日はマイクなしか・・・まあ皆の会話が聞こえて、画像が見えていれば困ることはないであろう・・・」と思いながら、「ミーティングに参加」をクリックした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ