2020/8/5

5263:レベル6  

 「Alpe du Zwift」は、21のセクターに分かれている。それを1つ1つ上っていった。最初のセクターはリスタート時のトラブルでゆっくりと走ったが、それ以降のセクターはペースをアップして、高負荷でのヒルクライム走行となった。

 序盤は先頭を引いた。その後メンバーが代わる代わる先頭を引きながら、比較的順調に厳しいヒルクライムコースをこなしていった。
 
 序盤はまだ脚に余力があったが、その余力は真夏の空気の中で溶けていくアイスクリームのようにどんどんとなくなっていった。

 この「Alpe du Zwift」・・・実はZwiftを始めてもすぐに走れるわけではない。Zwiftでは走行距離等に応じてレベルの数字が上がっていく。

 「Alpe du Zwift」は「レベル6」以上のメンバーでないと走れない仕組みである。今回はチームメンバー全員が「レベル6」以上になったので、「では『Alpe du Zwift』を走りましょう・・・」ということになったのである。

 スマホの小さな画面には今走っているセクターのタイムと平均パワーが表示される。その平均パワーの数値が220ワット以上を維持できるようにクランクを回した。

 獲得標高が上がっていくにしたがって、スマホの画面に広がるコース周囲の風景も変わってくる。後半に入るとコースの周囲は雪の白に覆われてくる。

 コーナーごとに振られている数字が「10」になる頃には、脚の疲労度は相当に高くなってきて、汗も盛大に流れ去っていった。セクターごとの平均パワーの数値も前半のようにはいかなくなってくる。

 序盤のみ先頭を引いたので、もう1回先頭を引こうかと思い、前に出ようとするが脚が重く高いパワーが出ないので、先頭位置にたどり着けない。

 カーブごとに振られた数字が小さくなることを心の支えにしながら、後半の厳しい道のりを進んだ。やはり「Alpe du Zwift」は手ごわいヒルクライムコースである。疲労度は獲得標高に応じて確実に蓄積していく。

 第3コーナーを曲がるとコース周囲の景色は見通しが急に良くなってくる。頂上が近いのである。「もう少し・・・」と自分に言い聞かせながら、重い脚を一定のペースで回し続けた。

 ゴールが近づくに従って、体はきついが精神的なテンションは自然と高くなってくる。「2」が振られたカーブを曲がった。

2020/8/4

5262:上り口  

 ZOOMに接続されていないメンバーもZwift上では走行していた。しばしの時間が経過して、ZOOMにも接続できたようで、分割画面にそのメンバーの姿が写った。

 「やっと、繋がった・・・」とほっとしたようにそのメンバーは呟いた。改めて皆がそのメンバーに挨拶した。

 クランクを回しながらスマホを操作してZOOMに接続できたようである。ZOOMは一旦繋がってもインターネットへの通信状況によって途中で途切れることもあるようである。

 稀にメンバーの画面がフリーズして動画ではなく静止画になっていたりもする。時間が経過するとまた動画に復帰する。我が家のWIFI環境は比較的安定しているのか、急に静止画になることは今のところない。

 「Alpe du Zwift」の上り口までは13km程である。ほとんどフラットな道のりである。「Alpe du Zwift」での過酷なヒルクライムを警戒してこのアプローチ区間は脚に優しい走りでこなしていった。

 「上り口の手前で一旦休憩をしれましょうか・・・?」という話となった。脚はフレッシュな状態ではあったが、トイレを済ませ補給食も摂ってから、難関の「Alpe du Zwift」に挑むことになった。

 「Alpe du Zwift」は21のコーナーがある。そのコーナーによって区分されたセクターごとにタイムや平均パワーなどが画面に表示される。

 「序盤はまだ脚がフレッシュだから、前を引こう。後半になると引こうとしても脚がついていかないはずだから・・・」と思っていた。

 休憩タイムではボトルにミネラルウォーターを補充して補給食を摂った。前回「Alpe du Zwift」を走った時は単独でのタイムアタックであった。タイムは57分58秒。どうにか60分は切れた。

 今日は「まとめる」機能が働いているので、単独走の時とは勝手が違う。「メンバーで先頭を交替していって60分切りを目指したい・・・」と思っていた。

 休憩を終えて、いよいよ「Alpe du Zwift」へ向けて走り始めた。計測が開始された。「脚がフレッシュなうちに前を引いておこう・・・」と出力を上げていった。

 少し、走ったところで一人のメンバーがリスタートできていないことが判明した。Zwiftでは今までも時折あるのであるが、一旦止まって休憩してリスタートする際にZwiftとスマートトレーナーの交信が何らかの原因で途切れてクランクを回しても画面上のアバターが走り始めないことがあった。

 「ペースを緩めて様子を見ましょう・・・」ということとなり、クランクを回すペースを緩めた。

 そのメンバーは少しタイムラグがあってからスタートできたようであった。脚を止めてしまって一定の時間が経過すると「まとめる」機能が働かなくなるので、相当タイム差ができてしまったようで、ゆっくりとしたペースで進みながらそのメンバーが追いつくのを待った。

 最初のセクターの終盤になってそのメンバーが追いついた。ややあって21番の数字が振られた看板の建っている最初のコーナーを曲がった。

 ここから再び出力を上げた。230ワットを下回らないように高めの出力を維持しながら前を引いた。 

2020/8/3

5261:Alpe du Zwift  

 Zwiftにおいてもっとも長く厳しい山岳コースが「Alpe du Zwift」である。距離12.2km、獲得標高1,042m、平均勾配8.5%・・・数字を見ただけでも「これはきつい・・・」と思ってしまう。

 この山岳コースを60分以内で走り切ればまずまず「健脚」という評価を得ることができる。そしてまことしやかに噂されているのが、この「Aipe du Zwift」の走行タイムを1.5倍すると「Mt.富士ヒルクライム」のタイムに近似するというものである。

 この「Alpe du Zwift」で60分を切れば、「Mt.富士ヒルクライム」で1時間半を切れるということになるのかもしれない。

 「Alp du Zwift」は、ツール・ド・フランスで有名なラルプ・デュエズ(L'Alpe-d'Huez)をそっくり模倣したコースとなっており、コーナー(セクター)の数も同じく21である。

 今日のバーチャルチームライドは、この険しい山岳コースである「Alpe du Zwift」を含んだコースであった。

 ルートは「TOUR OF FIRE AND ICE」。距離は27.7kmで、獲得標高は1,186mである。ボルケーノをスタートし、上り口のジャングルサーキットまでのアプローチは約13km。上り口まではほぼフラットなコースである。

 そしてジャングルサーキットの上り口からは、「Alpe du Zwift」に入り、21個のセクターを順次上っていく。スマホの画面にはセクターごとのタイムや平均パワーなども表示される。

クリックすると元のサイズで表示します

 スタート時間はいつも通り8時半である。15分前になったので準備を進めた。もうすっかりと手慣れたので、準備はスムースに進んで、スタートの10分ほど前にはZWIFTもZOOMもセットアップされた。

 ZOOMで「おはようございます・・・よろしくお願いします。」と挨拶して、軽くクランクを回して準備運動を始めた。

 今日の参加者は10名であった。スタート時刻が近づいてきた。一人のメンバーがZwiftではスタンバイ状態であったが、ZOOMには表示されていなかった。

 「大丈夫かな・・・」と思いながら、スタートした。Zwiftではそのメンバーもスタートしたようで、しばらくはそのままゆっくりと走りながら様子を窺っていた。

2020/8/2

5260:音色変化  

 AACU-1000はDAコンバーターのアナログ出力端子に接続した。DACU-500は「ダブル使い」のままである。

 その状態で再びモーツァルトのピアノ協奏曲第20番を聴いた。期待値は高かった。しかし、しばし聴いていくうちに何故かしら「しっくりこないな・・・なんだか変だな・・・」と首をかしげることとなった。

 結局、第1楽章を聴き終えることなく、ORACLE CD2000のリモコンを操作してCDを止めた。「あれ、AACU-1000って我が家のシステムには合わないのか・・・?」と少し暗い気持ちになりながら、その接続箇所を変えることにした。

 次に接続したのはプリアンプである。DAコンバーターからプリアンプに伸びてくるRCAケーブルが接続されるアナログ入力端子にAACU-1000を移動させた。

 「ここでダメだったら、『ボツ』ということになるのか・・・4万円もしたのに・・・」と思いながら、本日三度目となるモーツァルトのピアノ協奏曲第20番の第1楽章を聴き始めた。

 TANNOY GRFは部屋のコーナーに設置している。その両コーナーに置かれたGRFから放たれた音の質感は、先ほどとは違っていた。

 先ほど感じたような違和感はなかった。弦楽器の音色はより穏やかでまろやかなものになった。ピアノの音の発色も、その響板が木であることをしっかりと感じさせる質感に思われた。

 「これなら良いかも・・・」という感想に達した。DACU-500に比べて改善効果が高いとは決して言えないが、AACU-1000は音色の変化という点に関して、私にとっては良い方向への変化があったことは確かである。

 この音色の変化ということに関しては好みの問題があるので、必ずしも万人受けするとは言えないが、我が家のシステムでは方向性としては「穏やかで、まろやか・・・」という感覚であった。クラシックそれもモーツァルトに関してはしっくりとくる方向性であった。

 これで2本のDACU-500と1本のAAU-1000は、それぞれ担当場所が決まった。それぞれ無駄になることがなさそうなので、ちょっと安心した。

 DACU-500のシングル使いではデジタル特有のそっけない感じが大幅に減退した。DACU-500のダブル使いでは空間表現に後方拡張作用が働いた。さらにAACU-1000をプリアンプに使うと音色をまろやかに変化させた。

 変化量はDACU-500(シングル)>DACU-500(ダブル)>AACU-1000という感じであろうか。「まあ、CDトランスポートとDAコンバーターの間にDACU-500が1個あれば、80%以上は目的を達成できるかな・・・」そんな感じであった。

2020/8/1

5259:ダブル使い  

 まずはDACU-500のダブル使いを試してみた。DACU-500のダブル使いとは、CDトランンスポートとDAコンバターを接続しているデジタルケーブルの両端にDACU-500を装着することである。

 聴きなれたCDを選択した。選んだのはモーツァルトのピアノ協奏曲第20番。ピアノはマルタ・アルゲリッチ。共演はクラウディオ・アバド指揮モーツァルト管弦楽団。

 「ダブル使いの効果はあるのか・・・?もしかして『過ぎたるは及ばざるがごとし』という結果になるのか・・・?」第1楽章が流れ出した。その音の様相に慎重に耳を傾けた。

 チューバホーンさんのお宅で試したときには、空間表現に一定の効果があった。我が家でも同様の効果があるのかどうか・・・

 「やはり広がるな・・・」というのが第一印象である。オーケストラの団員はゆるやかな弧を描くように配置されるが、その弧が一回り大きくなったように感じられた。

 我が家のリスニングルームは8畳ほどの広さである。その狭い空間においてもそれなりの広がりが感じられる。もちろん雄大といった空間表現は物理的に望めないが、厳しい現実を一瞬忘れさせてくれる感じであろうか・・・

 「音の質感が劣化するという副作用はないし、サウンドステージが広がるという利点があるので、DACU-500はやはりダブル使いの方が良いようだ・・・」とほっとした。

 2本あるDACU-500は2本とも活用できるようで安心した。ダブル使いが今一つの場合には、1本はヤフオクで処分しようかと思っていたのである。

 次はAACU-1000である。こちらはアナログ信号を扱う。使い方としてはいろいろ考えられる。一般的にはDAコンバーターとプリアンプを接続しているRCAケーブルに接続して使うことになる。

 その場合接続箇所は2箇所考えられる。一つはDAコンバーターのアナログ出力に接続する方法である。そしてもう一つがプリアンプのアナログ入力端子に接続する方法である。

 AACU-1000も接続場所によって効果のほどが違うことが考えられる。DACU-500では、1本のみを使用する「シングル使い」の場合、CDトランスポートのデジタル出力端子に接続するよりもDAコンバーターの入力端子に接続するほうが結果が良かった。

 AACU-1000も同様な差異が生じるのであろうか。もしかして「シングル使いの場合入力端子側を選択すべき・・・」というルールが確立されのかもしれない。もちろんシステムによって結果は変わるであろうから、このルールが確立されても我が家のみで適用される「ローカル・ルール」にすぎないが・・・

 ということで、次の検証に移った。AACU-1000をDAコンバーターのアナログ出力端子に接続した。DAコンバータのアナログ出力端子のLRが隣接している場合には問題はないが、高級なDAコンバーターなどで時折見かける、アナログ出力端子のLRが物理的に離れている場合にはAACU-1000は使用できない。

 我が家のDAコンバーターのアナログ出力端子のLRは上下配置で隣接しているのでその接続に問題はなかった。

 DACU-500はダブル使いのままである。この状態で先ほど聴いたモーツァルトのピアノ協奏曲第20番の第1楽章を聴いた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ