2020/7/13

5240:仕切り直し  

 バーチャルチームライドのスタート時間は8時半である。実走でのチームライドの時はバイクルプラザに7時半集合であったので、バーチャルチームライドだと比較的朝はのんびりとできる。

 7時に起き出して朝食を摂り、しばしテレビを眺めていた。今日は梅雨の中休みなのか、天気が良かった。

 スタート時間が近づいてきたので、2階に上がり準備を始めた。ZWIFTはスマホで、そしてZOOMはノートパソコンで立ち上げる。

 私のノートパソコンは5年以上前に購入した古いものなので、パソコン自体にはカメラもマイクも付いてない。

 そのため外付けのカメラとマイク付きイヤホンを別途購入した。それらをパソコンに繋いで、カメラ位置を微調整した。

 今日のバーチャルチームライドのコースは、Watopiaの「BIGGER LOOP」というコースである。Watopia内を大きく回るコースのようである。

 このコースはフエゴ砂漠の平坦コースで始まり、9.5Kmという長い距離を上るエピックKOMのヒルクライムを経て、ジャングルサーキットとボルケーノを繋いでいく。

 走行距離は54.2kmで獲得標高は691m。上りはエピックKOMのみ。エピックKOMがこのコースのハイライトとなる。皆が山岳賞ポイントを目指して長いヒルクライムを頑張ることになるであろう。

 スタートの10分ほど前には準備が完了した。Zwiftのスタート地点にワープしたアバターは、スタートするまで固定式のローラー台で脚を回している。
 
 ZOOMの分割された画面には、スタート時間が近づくにしたがって参加者の姿が増えてきた。「おはようございます・・・よろしくお願いします・・・」と挨拶をして、雑談タイムを過ごした。

 そうこうしているうちにスタートの時間となった。MEET UP機能を使ったバーチャルチームライドにおいて、スタートはトラブルが発生しがちなポイントである。

 「今日はスムースにいくかな・・・」と思いながらスタートした。私のアバターは無事固定式ローラー台から解き放たれて、コース上を走り始めた。

 しかし、2名ほどスタートできないようであった。脚を止めて一旦止まった。しばし待ったが、「スタートを仕切り直ししましょう・・・」ということになった。

 そこで「MEET UPを終了する」をクリックして、一般コースに出て緩やかに走行しながら待った。

 リーダーが再設定してくれたが、画面に「MEET UPに参加する」の表示が現れない。そこで、一旦Zwiftを終わらせて再度立ち上げた。

 するとスマホの小さな画面の左下に「MEET UPに参加する」の表示が現れた。そこをクリックすると再度スタート地点にワープした。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ