2020/7/9

5236:60分切り  

 Zwift内において、もっとも長く厳しいヒルクライムコースがAlpe du Zwiftである。ツール・ド・フランスのコースで有名な「Alpe d’Huez(アルプデュエズ)」を再現したものだそうで、距離が12.2kmで、平均勾配8.5%、獲得標高は1,036mであり、かなりハードであることが窺える。

 KOMが設定されているので、走り切るとタイムが表示される。そしてまことしやかに語られるのが、Alpe du Zwiftのタイムを1.5倍するとMt.富士ヒルクライムのタイムと近似する、というものである。

 今年はMt.富士ヒルクラムが中止になったので、現在の調子でAlpe du Zwiftを走ってみて、そのタイムに1.5をかけたタイムが、今年の仮のMt.富士ヒルクライムのタイムとしてみようかと思った。

 実はAlpe du Zwiftはいままでイベントなどで走っている。しかし、Alpe du Zwiftのみに力を集約して走ったわけではない。

 「60分は切らないと・・・」と思いながら、LOOK 785 HUEZ RSに跨った。Alpe du Zwiftを走るには、WATOPIA内の次の3つのルートから一つを選択すればいい。

 @Road to Sky(19.9km/1144m)
 ATour of Fire and Ice(25.1km/1166m)
 BFour Horsemen(89.3km/2112m)

 一番短い@を選択した。このコースの場合、Alpe du Zwiftまでのアプローチは5.4kmほど。アップのためにちょうどいいくらいである。

 アプローチはゆったりと走った。脚に疲れが溜まらない程度の負荷で走ると、11分ほどでアプローチは終了した。いよいよAlpe du Zwiftに入った。

 ぐっと負荷を上げて230ワット以上のパワーへ・・・序盤は脚が元気であるが無理をすると後半辛い目に会う。

 つづら折りが続くAlpe du Zwiftには、カーブごとに番号が振られている。全部で21あるカーブの最初のカーブには「21」の数字が振られている。それがカーブをパスするごとにひとつづつ減っていく。

 Alpe du Zwiftにはいるとスマホの画面の右上にはヒルクライムコースの状況が俯瞰図で表示される。それを見ると自分が今どのあたりを走っているのか分かる。

 次のカーブまでどれくらいかと時折その俯瞰図を眺めながら走っていった。カーブをこなしていくと、カーブに振られたナンバーは減っていく。それに反比例して脚に蓄積される疲労感は増えていく。

 カーブに振られている数字が一桁台になってくると、切れかかっていた心の糸のテンションが少しだけ上がった。

 そしてやがてカウントダウンエリアに入った。「3」を過ぎた。「2」を過ぎ・・・ようやく最後の「1」が振られたカーブを通り過ぎた。

 ラストスパート・・・といってもそれほどのスピードが出ているわけではないが、「60分は切るぞ・・・」との気持ちでクランクを回し続けた。

 そしてゴール・・・タイムは57分58秒であった。どうにか60分は切ることができた。このタイムを1.5倍すると1時間27分ほど・・・「まあ、今の状況ではこんなものかな・・・」と思いながら、脚を休ませた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ