2020/5/28

5192:添加剤  

 Paoさんのお宅には年に1回ほどお伺いする。新宿区と豊島区の境目に近い位置にお住まいであり、我が家からは車で1時間と少しの移動時間が必要となる。

 今日は湿度が低い。そのためからっとした爽やかな空気感で、長袖のシャツで上着を着ていない状態でちょうど良いといった過ごしやすさであった。

 道は比較的空いていた。今日の午前中ガソリンスタンでガソリンタンクを満タンにした際に、ガソリン添加剤を一緒にタンクに入れた。

 商品名は「POWER CLUSTER(パワークラスター) PROTECT FUEL PRO For Gasoline」である。ここのメーカーは以前エンジンオイルを交換した際に「RACING」という商品名の高級オイルを採用して好印象を持った。

 そこで、ガソリン添加剤も使ってみようと思ったのである。「プロテクトフューエルPROは燃費の改善、排気ガスの清浄化、バルブ・燃焼室周りの洗浄、パワー・トルクアップ等さまざまな効果が体感できます。」と購入したサイトには広告文が掲載されていた。

 使い方はとても簡単、ガソリン満タン時にガソリンタンクに入れるだけである。1回に50mlを使う。満タン注油時2回に1回ぐらいの頻度で入れて使い切る。100mlのものを2本購入したので、4回の投入で使い切ることになる。

 するとバルブや燃焼室にこびり付いていたカーボンなどの汚れを洗浄する効果があるようである。そういった汚れが取れると、エンジンの回転がスムースになり燃費も向上するとのことである。

 そのガソリン添加剤を入れて、走り出してみると、「確かにアクセルレスポンスが向上したような・・・」と体感された。

 赤信号で一旦止まって、信号が青に変わって発進する時、「結構気持ち良いな・・・」と思わず思ってしまった。

 「BMW523iに搭載されている2.OL直4エンジンが直列6気筒エンジンになったかのような感覚・・・」とまで評するとオーバーかもしれないが、なんだかより高級なエンジンに換装されたかのような錯覚をひと時感じた。

 「これは使い続けてみよう・・・」と思えた。ガソリン添加剤は非常に多種な商品がある。何種類か試してみたことはあるが、「まあ、こんなものかな・・・それほど変わったという気がしないけど・・・」といった印象のものがほとんどであったが、これは「効果が確かにある・・・」と思えるものであった。

 新青梅街道を延々と走っていき。やがて道は新目白通りに入った。ここまで来るとPaoさんのお宅は近い。

 緊急事態宣言が解除されたからといって、人々の動きが一気に開放されたわけではない。普段よりも道は少し空き気味であったので、快適なドライブであった。窓は少しだけ開けていた。車内の空気はすっと流れていた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ