2020/3/23

5126:ニュ−ギア  

 岩蔵温泉郷を抜けると県道にぶつかる。その交差点で少し信号待ちをして、右に曲がった。さらにすぐの交差点を左折した。

 東京バーディークラブの裏手に当たる脇道を進んでいき、休憩ポイントであるファミリーマート 飯能上畑店に向かった。

 その店の脇にあるサイクルラックにロードバイクをかけてコンビニ休憩をした。補給食には「日高昆布のおにぎり」を選択した。

 この「日高昆布のおにぎり」は、ごま入りでねめりのある日高昆布の佃煮が具材として中に入っている。ほぼ均等に切られた日高昆布の口当たりがしっかりとしていて、ご飯とよく合う。

 ファミリーマートに行くと、個人的な定番である「ツナマヨ」ではなく、この「日高昆布」を選択してしまう。

 暖かい春の空気のなか、しばしのまったりタイムを過ごした。実はLOOK 785 HUEZ RSには、今日からでデビューした新たなギアが二つ積まれていた。

 一つはスプロケが「11-28T」から「11-30T」に変わったのである。先週のロングライドの時にトルクを掛けると勝手にギアが変わってしまう不具合が生じていたが、スプロケの特定のギアの歯が欠けていたようである。

 そこでスプロケ交換ということになったのあるが、どうせ交換するなら「11-30T」にしようと思ったのである。これで多少激坂にも対応できるようになるかもしれない。

 もう一つはサイコンである。従来使っていたGARMIN 510の調子が悪くなっていた。パワー表示が途中で急にでなくなったり、バッテリーの持ちが悪く、先週も100%充電してきたのに自宅に帰り着く前に充電が切れてしまった。

 そこで、GAEMIN 53Oに替えた。見た目の変化は少ないが、画面表示は見やすくなった。ナビ機能も加わり、より多機能になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 そういった新たなギアが加わるとやはり気分も多少新鮮である。そんな新鮮な気分とともに山伏峠の上り口である名郷を目指してリスタートした。

 まずは「山王峠」を越えた。峠を越えて下ると名栗川に沿って続く県道にぶつかる。その交差点を左折して山間の道をひたすら進んだ。

 今日はローディーの姿を多く見かけた。暖かい気候に誘われたのと、屋内にいるよりも屋外にいたほうがコロナウィルスの感染リスクも低いということからであろうか、多くのローディーが走っていた。

 名郷に続く山間の県道は信号が少ない。ほぼノンストップに近い形で走ることができる。軽い上り基調であるが、ペースコントロールがしっかりとされていたので爽やかな空気の中を爽快な気分で駆け抜けていくことができた。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ