2020/3/5

5107:強風  

 強風注意報が出されていたようである。確かに今日は風が強かった。時折強い風で上手く歩けなくなるほどの強風が吹くなか、事務所から徒歩で数分のところの駐車場まで歩いた。

 車に乗り込んでエンジンをかけた。3日前ににエンジンオイルを交換した。前回交換してから7,500kmほど走行したので「もうさすがに交換したほうがいいかな・・・」と判断したのである。

 エンジンオイルの交換時期に関しては諸説あるが、ガソリン車の場合、ターボ車なら走行距離5,000kmまたは6ヶ月ごとに、非ターボ車なら走行距離15,000kmまたは1年ごとに交換するのが良いというのが一般的な説明である。
 
 私の車のエンジンはターボが装着されているので、走行距離5,000kmが目安となる。その目安を相当超えていたので、カーショップに持ち込んだ。

 前回はエンジンオイルに奮発した。1L当り4,000円もする高級品を充てこんだのである。4L必要なのでエンジンオイルだけで16,000円かかった。

 「確かに効果があったが・・・少し高いよな・・・」と、今回は4Lで6,000円という比較的一般的な価格のエンジンオイルを選択した。

 「どうだろう・・・」と、その走行感をこの3日間確かめた。そしてその結論は「やはり差が出るものだ・・・」というものであった。

 「次は5,000km走行したらオイル交換をしよう・・・そして、選ぶエンジンオイルは高級なものを選択しよう・・・」と思った。

 車に乗り込んでNAVIを確認した。目的地までの到着予定時刻は17:30と表示された。1時間ほどで着く予定である。

 向かった先は埼玉県ふじみ野市にある「響工房」である。Marantz Model7のコンデンサー交換作業が完了したので、取りにいくことにしたのである。

 車で走っていった。エンジンの回転は普通といえば普通である。しかし、気持ちの良い滑らかさという点に関しては、やはり前回の高級なエンジンオイルのほうが上である。3倍近い価格差の意味合いはやはりあったようである。

 ただし、その差はドライバーだけが感じる程度のものである。助手席や後部座席に座る人には感知できないであろう。

 NAVIの予定時刻通りに目的地に着いた。「響工房」の建物の手前には車1台を停めることができ駐車スペースがある。その空間にBMW 523i Touringをきっちりと停めた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ