2020/3/31

5134:Corner Canterbury  

 喫茶店「Mimizuku」での時間は店の外よりもゆっくりと流れる。しかし、完全に止まっているわけではない。砂時計の砂が上から下に落ちていく中間部分のガラス管の細さが際立っているだけで、砂は少しづつ重力に従って上から下に移動していた。

 カウンターに置いてあるスマホに表示される時計を確認した。時刻は午後6時を回っていた。「ゆみちゃん」との久しぶりの会話はいろんな方面に及び楽しいものとなった。

 「それじゃ・・・お先に・・・」と彼女に挨拶をして、会計を済ませた。「Mimizuku」の扉を開けて外に出た。

 ビルの階段がある角の方へ向かい、その階段を上り始めた。実はこの古いビルにはエレベーターがない。

 まっすぐに進み踊り場で180度向きを変える。そして先へ進む。2階には「光通商」という名前の会社が入っている。その名前はどこかしらいかがわしい。変なものでも輸入していそうな印象を受けてしまう。

 3階はずっと空いているようである。人気が全くない。表札や看板の類もなにもかかっていない。空気も幾分この3階は淀んだ雰囲気がある。「もしかして事故物件であろうか・・・」などと連想してしまう。

 「オーディオショップ・グレン」は、4階にある。このビルは5階建てである。その上の5階には法律事務所が入っているようであった。

 4階に達した時、息が切れた。「ふ〜」と大きく息を吐いてから、扉をノックした。返答があるまでのわずかな時間、「ここの家賃はいくらであろうか・・・?」と思案した。「フロアの広さはトイレや簡易的なミニキッチンも含めると45uくらいであろうか・・・坪数で行くと13坪と少し・・・4階であること、築年数はおそらく40年以上経過していてエレベーターがないことを考慮すると9〜12万円程であろうか・・・年間で120万円・・・水道光熱費が月2万円前後だとすると固定的な経費は年間約150万円か・・・」そんなことを頭の中でくるっと計算した。

 「どうぞ・・・空いてるよ・・・」と小暮さんの声がドア越しに聞こえた。スティール製の重めの扉を開けた。

 玄関先で靴を脱いで、揃えて置かれていたスリッパを履いた。「どうぞ・・・どうぞ・・・」と促されて、私はリスニングポイントに置かれている黒い革製の3人掛けソファの真ん中に座った。ソファの前には濃い茶色のソファテーブルが置かれている。

 そのテーブルの上には珍しく花が置かれていた。透明なガラスでできた小さな花瓶には、青い色合いの花が活けられていた。

 リスニングポイントから見て正面にはスピーカーが設置されている。コーナー型のオールド・タンノイであることは、一目でわかった。

 その意匠からして「Corner Canterbury」であるようであった。ユニットの大きさは12インチに見える。

 「モニターレッドですか・・・カンタベリーのユニット・・・?」と小暮さんに確認すると「シルバーだよ・・・シルバー・・・」との返答であった。

 「ちなみに販売価格いくらですか・・・?」と私がおそるおそる訊いてみると、「幾らだと思う・・・?」と逆に質問が返ってきた。

 「250万円・・・くらいはしますよね・・・5年前なら200万円未満で買えましたが・・・」と答えると、「惜しい・・・260万円だよ・・・コンディションが素晴らしいのでね・・・ちょっとお高め・・・それでもすぐに買い手が付いた・・・希少価値ってすごいね・・・」

 口には出さなかったが「粗利は100万円くらいかな・・・・これ1セットで年間の固定費の7割近くを確保できるわけか・・・」と頭の中で思った。

 Corner Canterburyはコンパクトな形状のコーナー型スピーカーである。3本足で床から浮かされていて実に優雅で目に優しい造形をしている。

 英国オリジナルのキャビネットは淡い茶色で、年月の経過によりさらに渋さが増している。「渋い・・・実に渋い・・・」と心の中で呟いた。

 そして、リスニングポイントから見て右手にある大型の3段ラックには、今回新たに「オーディオショップ・グレン」の常設機器に加わったCDプレーヤーが置かれていた。

 「これか・・・予想外・・・」というのが第一印象である。横幅が広く3台のオーディオ機器が設置されているオーディオラックの天板には左からROKSAN XERXES10、LEAK POINT ONE STEREOと並び、その横に新たなCDプレーヤーが設置されていた。 

2020/3/30

5133:オレンジ  

 「ゆみちゃん」は、「ねこ」の4枚目となる最新アルバムが収録されたカセットテープをSONY CF-2500に装着した。

 そして綺麗に並んだボタンのなかから「PLAY」ボタンを選択して押し込んだ。カセットテープはするすると回転を始めた。

 カセットテープなのでレコードと同様にA面とB面がある。A面の1曲目がCF-2500の小さな二つのスピーカーから流れだした。

 アコースティックな楽曲であった。アコースティックギターを中心としたの伴奏に静かなボーカルが乗ってくる。

 「このアルバムはアコースティックな感じでまとめられていて・・・少し雰囲気が変わったかな・・・」と彼女はその印象を語った。

 「ねこ」のニューアルバム「ねこ降らし」をSONY製のラジカセで聴きながら、いろんな話題について彼女と話した。

 当然今日本だけでなく世界中に猛威をふるっているコロナウィルスに関する話題にもなった。マスク、買い占め、外出自粛など身近な日常生活に直接的な影響を及ぼしていることについて話しているとき、ふと思った。

 「彼女は時折人間の背後に広がるオーラが見えると話していた。私も今まで何度か自分のオーラーの色合いについて彼女に訊ねたことがあった。もしかして、コロナウィルスに感染しているかどうか、オーラの色合いで確認できるのではないか・・・」

 そこで、彼女に切り出した。「私のオーラの色合い・・・変わったところはないかな・・・自覚症状は今のところ全くないのだけど・・・今回のコロナウィルスの怖いところは感染しても症状がすぐに出ないので、それと気付かないで感染源になる可能性があることなんだよね・・・」

 すると彼女は視線を私の背後に向け始めた。私と彼女の間にはカウンター席一つ分の空間がある。その空間越しに私のオーラの色合いを確認しているようであった。

 検査結果を待つ患者のような気分になった。ややあって、彼女は私の視線を正面からとらえた。そして話し始めた。

 「別にウィルスに感染したからといって、オーラの色が真っ赤になるとかそういった明確な変化はありません。体調が悪かったり、ストレスが溜まっていたり、風邪気味だったりすると、その色合いがくすんで見えるという変化しかないのです。そういう意味合いで多少色合いがくすんで見えますね・・・」

 「でも、色合いはグレーや黒ではありませんから・・・生命の危機に瀕しているわけでは決してないと思いますよ・・・この時期、みんなストレスが溜まっていますから色合いがくすんでいたりオーラそのものの大きさが小さくなるのは通常のことだと思います・・・」

 「私もいろいろ不安になりますので、家には明るい色合いの花を飾るようにしています。こういう時は、オレンジやピンクなんかがいいんですよね・・・」

 彼女はいつになく静かな口調であった。どちらかというと童顔であるので、年齢の割に若く見える「ゆみちゃん」であるが、今日ばかりはその表情はとても大人びたものに見えた。

 そして、薄茶色の紙袋の中に入っている花束を見せてくれた。「帰りがけに花屋で買ったんです。3,000円もしたんですよ・・・これを部屋に飾ると少し元気になりそうです・・・色ってとても大切なんです・・・」

クリックすると元のサイズで表示します

2020/3/29

5132:ねこ降らし  

 喫茶店「Mimizuku」のカウンター席でコーヒーを飲んでいると、扉が開いて新たな客が入ってきた。扉の上に取り付けてある鈴の音がそれを告げていた。

 時刻は午後5時半になっていた。「お久しぶりです・・・」と私に挨拶したのは「ゆみちゃん」であった。

 「あれ、いつもよりも早いね・・・」と私が答えると、「あれです・・・コロナです・・・会社から定時になったらすぐに帰るように指示があったんです・・・」と彼女は屈託のない表情で答えた。

 彼女の会社は新宿にある。中野坂上までそれほど時間がかからない。丸ノ内線に乗れば2駅で着く。会社を5時に退社すれば5時半には「Mimizuku」に到着する。

 これでこの喫茶店の中には、3名の客と女主人1名、合計4名の人間が集った。人口密度という点に関しては、それほど高いわけではない。

 彼女はアイスコーヒーとナポリタンを頼んだ。どうやら早めの夕食をここで済ませてしまう魂胆のようである。

 彼女は和歌山県出身である。この店のほど近い賃貸アパートで独り暮らしをしている。新宿のIT関連企業で働いている。

 彼女とこの店で合うのは数ケ月振りであった。近況を報告しあった。そんな会話のなか、彼女がおもむろにカバンから取り出したのはカセットテープであった。

 「出たんですよ・・・『ネコ』のアルバム・・・4枚目になります。CDでも買いましたけど、カセットでも出たんで、両方買いました・・・今回も・・・」

 彼女が見せてくれたテープを手に取った。タイトルは「ねこ降らし」であった。「ねこ降らし・・・そんな言葉ないよな・・・地方によってあるのであろうか・・・」と思ったが、そのカセットケースに添えられた絵を見ていると、造語のようであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 「ねこ」は、彼女と同じ和歌山県出身のインディーズバンドである。首都圏でのライブを中心に活動を行っているとのことで、彼女はその「おっかけ」のようなことをしている。ライブがあれば必ず行っているようであった。

 インディーズレーベルから時折アルバムを出していて、今回の「ねこ降らし」はその4枚目のアルバムである。アルバムタイトルにはかならず「ねこ」が入る。ちなみに一つ前のアルバムは「ねこのコネ」であった。

 少し変わっているのは、アルバムはCD以外にも必ずカセットテープでも出すということである。

 カセットテープは完全に時代遅れの遺物であるが、そんなカセットテープが「ゆみちゃん」のような比較的若い世代にとっては珍しく興味を惹かれるものであるようで、彼女は必ずCDとカセットテープの両方を購入している。

 彼女の家には古い時代のラジカセがあるだけでなく、カセットデッキも所有している。そのカセットデッキはYAMAHA K-9である。中目黒にあるカセットテープ関連商品専門店である「Ruts」で購入したものである。

クリックすると元のサイズで表示します

 彼女は「K-9にカセットテープを装着して、改めてその姿を眺めていると・・・『これは猫だ・・・』って思ってしまうの・・・カセットテープが猫の顔にどうしても見えてしまう・・・猫が不意にこっちを振りむている姿に見える・・・」と話していた。

2020/3/28

5131:CF-2500  

 古い木製の扉を開くと、店内の空気はもわっとしていた。その一気に濃厚になったかのような空気の中を少し歩き、4つあるカウンター席の一つに腰かけた。

 店内には、カウンター席の他に4人掛けのテーブル席が2つと、2人掛けのテーブル席が一つある。奥まったところにある2人掛けのテーブル席には一人、初老の男性客がいた。珈琲を飲みながら新聞を見ているようであった。

 この店で時折見かける常連客である。年の頃は60代後半であろうか・・・現役世代ではないようであった。店の奥まったところにある2人掛けのテーブル席が定席のようである。

 この店にはもう一人変わった常連客がいる。「ゆみちゃん」である。31歳の独身女性であるが、少し変わっていて人の背後に広がるオーラが見えることがあるという。

 特に「Mimizuku」のように少し薄暗い店内では見えやすいようで、2人掛けのテーブル席によく座っている初老の男性について「あまり、良い色合いではないですね・・・健康ではないようです・・・」と話していた。

 私にはオーラは見えないが、確かにその醸し出す雰囲気は活発で陽性なものとは正反対のもののように感じられた。

 一人でこの喫茶店を切り盛りしている女主人にコーヒーを注文した。女主人は手慣れた手つきで作業に取り掛かった。

 ここのカウンターにはSONY製の古いラジカセが置かれている。1970年代に製造されたそのラジカセは、この店の空気と見事に一致していて、違和感が全くない。

 これは数年前に亡くなったご主人の遺品で、何台か同じ時代のSONY製のラジカセがあるようで、時折機種が換わる。

 視線の斜め左方向に置かれていたのは、ワンボックスステレオタイプのラジカセであった。操作系はとても見やすく、すっきりとまとまっている。型番を確認するとCF-2500であった。

 ダイヤルスケールが傾斜のあるスラント状になっていて、1970年代のSONYらしい精緻なデザインが目を和ませてくれる。

 スピーカーをふくむキャビネットはシンプルな格子状でまとめられている。「SONY」のロゴはセンターに配置されていて、全体としてシメトリックな構成が取られている。

クリックすると元のサイズで表示します

 「インダストリアルデザインとしてとても優れた製品だな・・・」と思いながらその姿を眺めていると、コーヒーがカウンターに置かれた。

 ここのコーヒーはすっきりとした味わいである。「チャフノン」でコーヒー豆を挽いたときに混ざる微粉や渋皮をしっかりと除去しているからであろうか・・・とても気持ちが落ち着く。

 「Mimizuku」のコーヒーの味わいと、SONY CF-2500の外観が醸し出す雰囲気には共通な質感が感じられた。

2020/3/27

5130:常設機器  

 青梅街道から一本脇道に入ると雰囲気ががらっと変わり急に静かになる。コインパーキングがあることを示す黄色の看板の下には「空」という文字が浮き上がっていた。

 そのコインパーキングにVW POLOを入れた。POLOはコンパクトな車であるので、23区内の狭いコインパーキングであっても、楽に駐車することができた。

 「オーディオショップ・グレン」の小暮さんが常設のCDプレーヤーを変えるというので、その新たなCDプレーヤーを聴きに来たのである。

 「オーディオショップ・グレン」に常設されていたのは、CDトランスポートがGOLDMUND MIMESIS39でDAコンバーターが同じくGOLDMUNDのMIMESIS12であった。

 どちらもこの時代のGOLDMUNDの静謐さを象徴するような美しいデザインのオーディオ機器であるが、さすがに四半世紀の時間の経過を経て、その動作状況も安定感を欠くようになっていたようである。

 新たなCDプレーヤーがどんなものなのかは、いつものように「それは、見てのお楽しみ・・・」とのことであった。

 「オーディオショップ・グレン」の常設機器は、アナログプレーヤーーがROKSAN XERXES10である。トーンアームはROKSAN ARTEMZ カートリッジはOrtofon MC-20。そしてCDプレーヤーはGOLDMUNDの純正組み合わせ、プリンアププはLEAK POINTO ONE STEREOでパワーアンプは同じくLEAKのTL-10である。

 スピーカーは棚卸資産であるので、常に入れ替わる。その多くはOLD TANNOYである。小暮さんは商社マンとして長い年月英国に滞在されていたので、その時代の人脈などをフル活用して古い時代のTANNOYを英国から仕入れている。

 「英国オリジナルのキャビネットで、かつユニットがレッド以前の古いものであれば、必ず日本で売れる。仕入価格も上がっているけど、それ以上に販売価格が上がっているので、利幅は以前よりも大きくなっている・・・」とのことで、年間それなりの数を販売されているようであった。

 稀に顧客から買い取った比較的新しいスピーカーが試聴位置に置かれているが、それらはヤフオクで処分されているようであった。

 「ヤフオクでも結構利益が出る。昨年出品したSONY SS-A7など、買取った価格の3倍以上で落札されたんだ・・・ちょっとびっくりしたね・・・」

 と小暮さんがにんまりしながら話されていた。そのSONY SS-A7は、ショップに一時的に保管されていて、私も聴かせてもらった。

 SONY SS-A7、その存在自体まったく知らないスピーカーであったが、日本製とは思えないヨーロピアントーンが印象的であった。19991年に発売されたスピーカーとのことであった。その当時としてはかなりの高額商品だったようで、それほど売れなかったようである。

 「オーディオショップ・グレン」に新たに常設されることとなったCDプレーヤーのことは気になるが、少し早く着いたので、「オーディオショップ・グレン」が入っているビルに1階にある喫茶店「Mimizuku」に立ち寄ることにした。

2020/3/26

5129:カーシェア  

 東京都の新型コロナウィルスの感染者数が急増しているとのことで、東京都知事から外出の自粛要請が昨晩あらためて出た。

 その翌日である今日は、人々の不安感がさらに増大したようで、事務所の近くにある食品スーパーには開店前に長い行列ができていた。

 食料品や日用品を買い溜めするためである。「ロックダウン(都市閉鎖)」が現実的なものに感じられるようになったからであろう。

 今日はそんな状況であったので、早めに仕事を切り上げた。事務所の営業車であるVW POLOに乗り込んで、東に向かった。

 実はこのPOLOは手放すことが決まった。納車されたのは8年以上前のことである。今年の9月で4回目の車検を迎える予定であった。

 トヨタ ヴィッツ、マツダ デミオ、日産 マーチ、そしてVW POLOとBセグメントに属するコンパクトカーを事務所の営業車として使ってきた。

 事務所のスタッフ7名のうち、営業車を使用するのは現在1名だけになってしまった。10年以上前は5名のスタッフが営業車を使用していたのに比べると、極端に減ってしまった。そのため、営業車の稼働率は低下して月に3,4回だけしか使われないようになった。

 「カーシェアに移行すべきであろうか・・・」と最近考えるようになった。事務所のそばにはカーシェアポイントが4箇所あり、6台の車が使用可能である。

 経費を試算してみると、カーシェアに移行すると年間で30万円以上の経費が削減できることも分かった。「移行しないという選択肢はないな・・・」という結論に達したのである。

 顧問先の保険代理店業をしている会社の社長に打診してみると「20万円で買いますよ・・・」との返答であったので、商談が成立した。

 この会社は5台の営業車を使っている。そのうち2台がVW POLOである。他の3台は国産の軽自動車である。

 「軽自動車もかなり良くなっているけど、POLOのほうが体が疲れないよね・・・」とその社長は話していた。

 4月からはこのPOLOは新天地で活躍することになる。8年が経過した車であるが、まだまだ現役で走れる。

 青梅街道を東へ向かった。昨晩都知事の緊急会見がありさらなる外出自粛要請が出たので、「道はいつもよりも空いているかな・・・」と思っていたが、そんなことはなく結構混んでいた。

2020/3/25

5128:メッサーシュミット  

 チームメンバーと別れて、一人山伏峠を下り始めた。「重力」というものは強力なものだと、峠道を下っていると改めて思う。

 上りでは「じゅうりょく」から「う」を抜いて「呪力」と言いたくなるほどにヒルクライムに挑戦するローディーを苦しめるが、下りでは「充力」とばかりに、ロードバイクを加勢してその走行スピードを上げてくれる。

 下り道をひらひらと下って行った。ロードバイクで峠道を下っていると、実に身軽に感じる。それゆえか、脳内スクリーンには映画「ダンケルク」の空戦シーンが映像として浮かび上がることがある。

クリックすると元のサイズで表示します

 クリストファー・ノーラン監督は、映画「ダンケルク」の空戦シーンを撮影する際、極力CGを使わずに実際の戦闘機を使用した。

 それゆえ、スピットファイアやメッサーシュミットなどの戦闘機が飛び交う空戦シーンは実に自然で爽快感にあふれている。

 やはりCGはどこまでいってもやはり「にせもの」でしかない。本物の魅力に溢れている「ダンケルク」の空戦シーンは、それだけでも繰り返し飽かずに観ることができる。

 そんな「ダンケルク」に出てくるスピットファイアに、人馬一体となって、なりきったイメージも持ちながら「名郷」まで下った。

 「名郷」からの先の県道53号線は下り基調で山間を縫うように続いている。単独走で走るときは「安全運転」が大切である。脚に疲労がたまらない程度のスピードで走っていた。

 すると、メッサーシュミットのようにさっと右側をかすめていくロードバイクが1台あった。「ちょうどいい・・・」と思い、間合いを詰めすぎない程度に間隔を空けてついていった。

 結構速いペースであった。山王峠に向かう分岐点まで、そのロードバイクに引いてもらったので、平均スピードはそれなりに高速を維持できた。

 山王峠は、チーム内での「ミニバトル」に参戦するときには、その短い峠道を300ワットぐらいの高い負荷をかけて走っていくが、今日は単独なので260ワットぐらいの負荷で走った。

 山王峠を超えたあたりから風が結構強くなってきた。風はローディーにとって味方になることもあるが、邪魔になることのほうが多い。

 チームで走る場合には「高速ミニバトル」が繰り広げられる笹仁田峠では、かなり強力な向かい風となった。

 久しぶりに笹仁田峠を必死ではなく幾分流しながら走った。流しながらではあっても強い向い風がクランクをじんわりと重くさせていた。

 笹仁田峠を下りきったところにあるファミリーマートの前を通過する際、「一休みするかな・・・」とは思ったが、「いや、予定通りノンストップで行こう・・・」と思い直した。

 風は止まなかった。岩倉街道を走り切り、旧青梅街道に入った。天気が良く、暖かかったので、車の通行量は多めであった。

 旧青梅街道では車の渋滞の脇をすり抜けながら走った。瑞穂町、武蔵村山市そして東大和市と走った。

 道の上の標識に「東大和市」と書かれているのを目にすると、なんだか安心する。帰路もトラブルはなかった。自宅に帰りついて、サイコに表示された走行距離を確認すると102kmであった。

2020/3/24

5127:ラップパワー  

 県道53号線をひたすら走っていくと、やがて山伏峠の上り口である「名郷」に到着した。ここにはバス停と公衆トイレがある。

 小さな食料品店の前には自販機が2台設置されている。ロードバイクをガードレールに立てかけて、その自販機の前に立った。

 どれにするか少しの間迷ってから「コカ・コーラ エナジー」を選択した。250ml缶で200円であった。

 その味は、やはりコーラ風の味わいを感じる。しかし、コカ・コーラとは当然のことながら味わいは大きく違う。

 嫌な薬品の匂いや後味が少ないので飲みやすい。 エナジードリンクでトップシェアを誇る「レッドブル」ほどには甘味はない。

 発売されて間もないころ、下の娘と一緒にジムに行った時にジム内の自販機で2缶買って飲んでみたことがあった。娘は「中途半端な感じ・・・」と否定的な評価をしたが、私は「まあまあ、いけると思うけど・・・」とまずまずの評価をその味に下した。

 「コカ・コーラ エナジー」でエネルギーを補充してから、山伏峠の頂上を目指してヒルクライムを開始した。

 私は所用があり午後1時前に自宅に帰り着く必要があったので、山伏峠の頂上でストップしてUターンする予定であった。

 他のメンバーは山伏峠を上り終えたら、その向こう側に一旦下り、正丸峠の上り返しを走らなければならない。

 確定申告業務が終わったばかりのこの時期は例年体が重い。体に蓄積された疲労が抜けきらず溜まっている感じである。

 「あまり無理はせず、一定の負荷で走ろう・・・230ワットぐらいかな・・・」そんなことを考えながらスタートした。

 スタート地点でGARMIN 530のラップボタンを押した。序盤は緩やかに走る。サイコンに表示されるラップパワーは150ワットぐらいであった。

 そしてそのラップパワーの数字を少しづつ上げていった。製材所の左カーブを回るあたりでラップパワーの数字は230になった。

 その後はその数値が下がることのないようにクランクを回し続けた。調子が良いときであれば240〜250ワットのラップパワーで走れるが、今の調子では230ワットがぎりぎりという感じであった。
 
 斜度がぐっと上がる左カーブでは、新たに投入した「11-3OT」のスプロケが効を奏したが、やはり脚はしっかりと削られた。

 その後どうにか態勢を立て直して山伏峠の頂上を目指した。脚には疲労成分が溜まりどんどんと重くなってくる。どうにかこうにかラップパワー230ワットを維持したまま走り続けた。

 ようやくゴールが見えた。ラストスパートして走り終えた。普段であれば先に山伏峠に達したメンバーは順次次なる正丸峠のヒルクライムに向けて向こう側に下っていくが、峠の頂上で待ってくれていた。

 そして、皆が山伏峠の頂上に達したところで記念撮影を済ませた。私はここでUターンした。「じゃあ、気を付けて・・・」と挨拶して山伏峠を下り始めた。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/3/23

5126:ニュ−ギア  

 岩蔵温泉郷を抜けると県道にぶつかる。その交差点で少し信号待ちをして、右に曲がった。さらにすぐの交差点を左折した。

 東京バーディークラブの裏手に当たる脇道を進んでいき、休憩ポイントであるファミリーマート 飯能上畑店に向かった。

 その店の脇にあるサイクルラックにロードバイクをかけてコンビニ休憩をした。補給食には「日高昆布のおにぎり」を選択した。

 この「日高昆布のおにぎり」は、ごま入りでねめりのある日高昆布の佃煮が具材として中に入っている。ほぼ均等に切られた日高昆布の口当たりがしっかりとしていて、ご飯とよく合う。

 ファミリーマートに行くと、個人的な定番である「ツナマヨ」ではなく、この「日高昆布」を選択してしまう。

 暖かい春の空気のなか、しばしのまったりタイムを過ごした。実はLOOK 785 HUEZ RSには、今日からでデビューした新たなギアが二つ積まれていた。

 一つはスプロケが「11-28T」から「11-30T」に変わったのである。先週のロングライドの時にトルクを掛けると勝手にギアが変わってしまう不具合が生じていたが、スプロケの特定のギアの歯が欠けていたようである。

 そこでスプロケ交換ということになったのあるが、どうせ交換するなら「11-30T」にしようと思ったのである。これで多少激坂にも対応できるようになるかもしれない。

 もう一つはサイコンである。従来使っていたGARMIN 510の調子が悪くなっていた。パワー表示が途中で急にでなくなったり、バッテリーの持ちが悪く、先週も100%充電してきたのに自宅に帰り着く前に充電が切れてしまった。

 そこで、GAEMIN 53Oに替えた。見た目の変化は少ないが、画面表示は見やすくなった。ナビ機能も加わり、より多機能になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

 そういった新たなギアが加わるとやはり気分も多少新鮮である。そんな新鮮な気分とともに山伏峠の上り口である名郷を目指してリスタートした。

 まずは「山王峠」を越えた。峠を越えて下ると名栗川に沿って続く県道にぶつかる。その交差点を左折して山間の道をひたすら進んだ。

 今日はローディーの姿を多く見かけた。暖かい気候に誘われたのと、屋内にいるよりも屋外にいたほうがコロナウィルスの感染リスクも低いということからであろうか、多くのローディーが走っていた。

 名郷に続く山間の県道は信号が少ない。ほぼノンストップに近い形で走ることができる。軽い上り基調であるが、ペースコントロールがしっかりとされていたので爽やかな空気の中を爽快な気分で駆け抜けていくことができた。

クリックすると元のサイズで表示します

2020/3/22

5125:春ライド  

 先週は松姫峠の寒さに芯から震えた。その1週間後である今日、天気予報が伝える最高気温は20度。寒さとは無縁のロングライドになることは確実であった。

 しかし、朝のうちはまだ多少肌寒いはず・・・こういう季節の変わり目はサイクルウェアの選択に悩む。

 寒いのが苦手な私は日中は暑いかもしれないと危惧しつつも、冬用のサイクルジャージを選択した。(その選択が正しくなかったとことは後程判明したが・・・)

 いつものように「はやく起きた朝は・・・」を観終わってから、LOOK 785 HUEZ RSに跨って自宅を後にした。

 朝の7時、空気はそれほど冷たくなはい。肌に当たる感触が柔らかい。春の空気である。ほぼ一定のスピードを保ちつつ集合場所であるバイクルプラザを目指した。

 バイクルプラザに着いた。この暖かい気候に誘われたのであろう、今日はいつものロングよりも参加者が多かった。

 参加者の数は12名。そのロードバイクの内訳は、ORBEAが5台、COLNAGOが2台、Kuotaが2台、LOOKが2台、RIDLEYが1台であった。

 行先はチームのロングライドの定番コースである「正丸峠」に決まった。私は所要があり、午後1時までに家に帰り着く必要があったので、いけるところまで行ってUターンしなければならなかった。「できれば、山伏峠までは走りたい・・・」と思っていた。

 12台のロードバイクは長い隊列を形成した。多摩湖サイクリングロードを東から西に向かった。この3連休はとても暖かい。桜もその暖かさにお尻を押されて咲き出していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 まだ、満開ではないが充分その美しさを愛でるくらいにまでは咲き始めていた。今日一日だけでもその咲き具合は随分と進むかもしれない。

 多摩湖サイクリングロードを抜け切ると、旧青梅街道を長い隊列は走り始めた。この頃にはすでに「今日のサイクルウェアの選択は誤りだっかもしれないな・・・」と思い始めていた。

 チームメンバーのウェアはもっと軽装であった。中にはニーウォーマーやレッグウォーマーもしていないメンバーもいた。

 道はやがて岩蔵街道へつながる交差点に達した。その交差点を右折して岩蔵街道に入った。岩蔵街道は比較的広い道で走りやすい。周囲も開けていて見晴らしが良い。

 圏央道の青梅インターの下をクランク状に潜っていき、さらに先へ進むと徐々に風景が変わってくる。

 笹仁田峠の緩やかなアップダウンを越えて、岩蔵温泉郷を抜ける道へ向けてY字路の岐路を右に向かった。

 岩蔵温泉郷は小さな温泉宿が4件あるだけのささやかな温泉郷である。そこをあっという間に通り抜けた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ