2020/1/9

5051:FIT  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 上の写真は現行型のHONDA FITである。HONDAに共通するフロントデザインを有していて、サイドのキャラクターラインも複雑で個性的である。

 下の写真は2月から発売が開始される新型FITである。フロントデザインの印象が随分と変わった。グリルがすっきりとしていて、フロントライトの存在感がアップしている。

 サイドのキャラクターラインはなくなり、こちらもすっきりとしていて清潔感がある。全体のシルケットは両者共通するものの、エクステリアデザインはかなりその方向性を変えている。

 HONDAの「ガンダム的デザイン」は、CIVICで一つの頂点を迎えた。独特なごちゃごちゃ感はガンダムをテレビで観て育った世代には一種のスタルジーを感じさせるものではあったが、すこしうるさい感じは否定できなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 今後のHANDAのデザインは、この新たなFITを契機として変わっていくのであろうか。個人的にはこのデザインの方向性の変化は好ましく感じた。

 「FITか・・・事務所の営業車として迎え入れようかな・・・」とVW POLOのハンドルを握りながら、考えていた。

 POLOは納車から既に8年以上の年月を経過した。いままでは5年から7年で入れ換えていた。しかし、POLOはこれといったトラブルもなく、現在の走行感もまだまだ快適と言っていいほどに良好なコンディションを保っている。

 デザイン面でもVW車らしく飽きのこないもので、古びた印象を受けない。「まだいけるか・・・しかし4回目の車検前には換えるべきであろうか・・・」そんな感じで、頭の中で迷いながら、青梅街道をPOLOに乗って走っていった。

 やがて小さな交差点を右折して脇道に入った。一本脇道に入ると道幅は急に狭くなる。いつも停めるコインパーキングが見えてきた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ