2019/11/6

4987:食欲の秋  

 秋は「食欲の秋」でもある。食欲の秋の由来については、栗、梨、ぶどう、さらには主食となるお米など、多くの食材が旬を迎えるからであろうと漠然と思っていた。

 暑い夏が過ぎ去り、過ごしやすい気温になるので、夏に一時的に減退していた食欲も復活してくるのも理由の一つなのかもしれない。

 先月、『チコちゃんに叱られる!』で「なんで食欲の秋・・・?」というテーマが取り上げられていた。

 チコちゃんの気になる回答は「科学的にも食欲が増すから」というものであった。食欲の秋には科学的な根拠のある理由があるとのことであった。

 秋に食欲が増すのは「セロトニン」が影響しているとのこと。セロトニンは脳内で感情をコントロールし、精神を安定させる役割を持つ物質である。

 このセロトニンは太陽光を受けると増える。夏の強い太陽光が目から入ると、脳幹が刺激され脳内のセロトニン量が増え、より精神が安定する。

 秋になり太陽光が弱まり、さらに日照時間が減ってくると、セロトニンが減少し気分が落ち込みやすくなる。

 セロトニンの減少を感じた身体は、精神を安定させるため、セロトニンを増やそうとする。減少したセロトニンを作り出すためにトリプトファンという物質が必要となる。

 トリプトファンは、身体で作り出すことができず、肉やチーズ等といった食事でのみ摂取できる。さらに、パンやご飯に含まれるブドウ糖と一緒に食べることで吸収の効率が良くなるので、食欲が増すというのが、その解説であった。

 それを観ていて、「セロトニンが増えると精神が安定するのか・・・」と「セロトニン」というキーワードに妙に興味が向かった。

 そこで、スマホで「セロトニン」と入れて検索してみた。すると幾つかの項目の中に「安眠シート」というものが目についた。

 「FORESTAセロトニン安眠枕シート・・・枕の上に敷くだけで幸せホルモン、セロトニンを増やすシート 」と紹介されていた。

 使い方は簡単で枕と枕カバーの間に挟み込むだけ。お値段は9,900円(税込)であった。年齢とともに夜中に目覚めることが多くなった私は興味をもった。

 「もしかして、このシートを枕の上に乗せて寝ると睡眠の質が向上して、心身の安定に効果があるのかも・・・」と思い、ついつい購入を申し込んだ。

 その多少「眉唾もの」感のある「安眠枕シート」が昨日届いていた。早速段ボールを開けて中身を確認した。見た目は真っ黒でこれといった変哲のないシートである。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ