2019/11/16

4997:球体  

 グールドさんは、SYMPOSIUMのRoller Blocks Series 2をeBayで購入されたようである。日本ではかつて5万円以上の定価で売られていたようである。eBayでの購入額は20,000円程とのことである。

 まずはそのインシュレーターがセットされた状態で聴かせていただいた。試聴したのは私が持参した白井光子のメゾソプラノによるブラームスの歌曲集が納められたCDであった。

 1曲目から3曲目まで続けて聴いた。KRELLで統一された駆動系はやはり熱い音である。しっかりとした凝縮感を感じさせてくれる。

 以前の印象との比較とすると、空間の透明度が上がって、その結果として解像度が上がったような印象を受けた。

 提示されるサウンド空間も広くなった。特に高さ方向や奥行き方向が増したようである。このインシュレーターの効果は「静けさと音の広がり」であろうか、なかなか良いインシュレーターである。

 「良い感じですね・・・見た目もとても綺麗ですし、これで20,000円ならとても良い買い物だったんじゃないですか・・・」
 
 と私は話した。するとグールドさんは「このタイプ・・・ベースに窪みが付いていてそこに設置された球体で機器を支えるタイプのインシュレーターは以前にも一度試したことがあるのです。日本のメーカーのもので、3個で18,000円でした。それはあまり印象が良くなくて、結局ヤフオクで処分しました。同じようなタイプのインシュレーターなのですが、素材が違うのか、これは印象が良かったので、採用となりました・・・」と笑われていた。

 「じゃあ、効果のほどを明確にするため、インシュレーターを外して同じ曲を聴いてみましょう・・・」とグールドさんはおっしゃられて、そのインシュレーターを慎重に外した。

 その結果、KRELL CD-DSPはMUSIC TOOL社のラックに直接設置された。そして先ほどと同じくブラームスの三つの歌曲を聴いた。

 慎重に耳を傾けた。「やっぱり違う・・・これはこれで良いけど・・・見通しの良さはさっきの方があったな・・・」との印象受けた。

 「あった方が良いですね・・・見た目を阻害するようなところもないですし、『有り』に1票といったところでしょうか・・・」
 
 私がそう言うと「taoさんもそうでしょうが、見た目の印象ががっかりになってしまうインシュレーターはやはり採用したくないですからね・・・」とグールドさんは言いながら、またそのSYMPOSIUMのインシュレーターをCD-DSPの下に設置し直した。

 その後は様々なCDを聴いた。もちろんインシュレーター有りの状態である。「球体で支える揺れるインシュレーターか・・・我が家でも採用してみようかな・・・」そんなことを頭の片隅で考えていた。 

クリックすると元のサイズで表示します

2019/11/15

4996:A6 2.4  

 グールドさんがWilson AudioのCUBを購入されてそのリスニングルームに迎え入れられたのは1997年のことである。その当時、我が家にはオーディオの影も形もなかった。

 1997年には、オーディオではなく車に多くのお金を投資した。1997年の10月に我が家のガレージに新たに迎え入れられた車は、Audi A6 2.4であった。

 Audi A6は、Mercedes-Benz Eクラス、BMW 5シリーズとともにEセグメントを牽引するモデルである。1997年に日本でも新たなモデルが発売されたA6は、現行型の3世代前のモデルになる。まだ、Audiがシングルフレームグリルを採用する前のモデルである。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 この世代のA6はフロントのデザインは上品で穏やかさを感じさせるものであるが、サイドビューのシルエットやリアの造形はその当時としてはかなり大胆なものであった。

 弓なりに緩やかな弧を描くルーフライン。曲線で丸くすとんとした感じでデザインされたリアエンドなど、今見ても決して古さを感じさせない美しさがあった。

 「バウハウス・デザイン」を思わせるその造形に、私は一目でほれ込んでしまったのである。A6 2.4は型番通り2.4LのV6エンジンを積んでいて、4WDではなくFFモデルであった。

 そのハンドリングはそれほどクイックなものではないが正確さがしっかりとあった。ボディ剛性も十二分に高く、高速道路での直進安定性には目を見張るものがあった。

 グールドさんがCUBを購入された経緯を話されているのを聞きながら、私は1997年というキーワードからオーディオとは全く別のことを思い浮かべていた。

 ふと我に返るとグールドさんはkrell CD-DSPとラックの間に挟まれているインシュレーターのことについて話されていた。

 「これはオーディオボードなどで有名なSymposiumというメーカーのRoller Blocks Series 2というインシュレーターです・・・結構高いもので新品で売られていた頃には3個セットで5万円以上したと記憶しています。このインシュレーターは下の部分はアルミでその上に窪みが付いていてその窪みにタングステンの球体を乗せているんです。そのために手で揺するとゆらゆらと揺れるんですよ・・・」

 CD-DSPの下には黒い長方形をしたインシュレーターの姿が認められた。その正面には「SYMPOSIUM」とメーカー名が印字されているのが認められた。

 その上にシルバーに輝く球体があるようである。タングステン製の球体とオーディオ機器のシャーシが接している。

 「変わってますね・・・でもなんだか見かけからして良さそうな雰囲気がありますね・・・」私がそう言うとグールドさんは「そうそう、なんだか雰囲気持ってますよね・・・このインシュレーター・・・」と応答された。

2019/11/14

4995:1997年  

 Wilson AudioのCUBは1997年の発売である。1997年から2019年の今年ですでに22年が経過した。なので、CUBは新しいスピーカーではない。

 しかし、そのデザインは古さを感じさせることはない。CUBはスピーカーシステムの理想である「点音源」を実現するために考えられたバーチカルツイン方式を採用している。

 バーチカルツイン方式は、トゥイーターを中心に2つの同口径・同一性能のウーファーを上下に配置し、低域があたかもトゥイーターを中心から出ているように聴こえる、いわゆる仮想同軸方式である。

 CUBはフロントバッフルだけを見るとコンパクトであるが、奥行きは結構あり容量は十分にある。サウンドアンカー製の専用スタンドに乗せられたその姿はとても精緻で高性能感が溢れている。

 グールドさんがCUBを購入されたのは1997年の10月のことである。「その頃はまだ国立市に、AUDIOUNION国立店があって、そこで購入したんです。」と話されていた。

 「AUDIOUNION国立店には専用の試聴室もあって、そこには結構な高級品が並んでいたんです。その試聴室の中は独特な雰囲気があって最初のうちは入るとちょっと緊張しましたよ・・・100万円を超える高級機種が展示されてましたからね・・・そこで、CUBを初めて聴いたのですが、雰囲気に呑まれたのかもしれませんが、気に入ってしまって・・・」とグールドさんは話されていた。

 その試聴室に入るには、スタッフにその旨を告げて、リスニングポイントに置かれているソファに腰掛ける。

 スタッフが機器をセットし、試聴用のCDをかける。試聴している間、スタッフはリスニングポイントの後ろに置かれた椅子に座っている。

 部屋は完全に防音仕様になっていて、ドアを閉めると外部からの音は遮断される。広さは15畳ほどの広さであったようである。

 その後ほどなくAUIDOUNION国立店は閉店した。オーディオ機器は売れなくなったのである。時代の流れは容赦がない。

 購入から22年が経過したWilson Audio CUBは、その経過した年数を思わせない美しい姿をしていた。

 グールドさんのリスニングルームには8畳ほどの広さである。それほど広いわけではない。しかし、オーディオ機器以外何も置かれてない部屋なので実にすっきりとしている。

 部屋は縦長に使われている。部屋の短辺側にオーディオ機器一式はセンターラック方式でセッティングされている。使われいるオーディオラックはMUSIC TOOL社のものである。

 MUSIC TOOL社のラックはガラスと金属をうまく組み合わせて、スタイリッシュな造形である。きっと音響的にも優れたものなのであろう。

 その3段ラックには全てKRELLのオーディオ機器が並んでいる。一番上には、KRELL CD-DSPが乗っていた。CD-DSPはKRELL初の一体型CDプレーヤーである。

 中段にはプリアンプであるKSL-2が置かれている。薄型のプリアンプでその色合いはCDプレーヤーであるCD-DSPと同じ渋いグレーである。

 そして最下段には、パワーアンプのKRELL KSA-150が静かにたたずんでいる。その姿は武骨で、今話題の「笑わない男」を連想させるような容姿をしている。

2019/11/13

4994:101km  

クリックすると元のサイズで表示します

 ヒルクラムを終えて、奥多摩湖の湖畔へ向かった。行楽には絶好の天気である。柔らかく輝く陽光が湖面を照らし、湖面はきらきらとした反射光を様々な方向に散乱させていた。

 実に穏やかな景色である。正丸峠からの展望も素晴らしいが、奥多摩湖の眺望は目に優しい。今日のコース変更は「吉」と出たようである。

 湖畔にはこの季節焼き芋屋の軽トラックが停まっている。リーダーの奢りでもらった焼き芋一本をメンバーと三等分して食べた。

 秋である。味覚も景色も空気も秋そのものであった。朝は初冬を思わせる肌寒さであったが、昼近くには秋の純粋な形が提示されていた。

 脚力も体力も1ケ月の空白期間を経て、随分と落ちていたが、一定の負荷でのヒルクライムを終えると「2ケ月くらいで、体調を崩す前の状態に戻れるであろう・・・」と思えた。

 1ケ月で落ちた脚力を元に戻すには2倍の2ケ月が必要である。週に3回のジムでのトレーニングと毎週日曜日のロングライドを継続すれば、どうにかなるかなという気がした。

 しばしのまったりとした時間を過ごした。帰路は下り基調である。時折短い上り返しもあるので、ペース次第では脚が厳しい状況もあるであろうが、長い上り返しはないので気が楽であった。

 帰路を順調にこなしていった。幾つものトンネルを抜けて、JR青梅線に沿った道を進む頃合には、脚の疲労度の蓄積具合も高くなってきた。

 古い商店街を抜けて、踏切を渡った。岩蔵街道に繋がる道を進み、途中のファミリーマートでコンビニ休憩をするためにその駐車場に入った。

 しかし、店内に入ると弁当や麺類の棚がスカスカであった。オーナーが弱気の仕入れをしたためかめぼしいものがほとんどなかった。

 「セブンイレブンにいきましょうか・・・」ということになり、斜め向かい側にあるセブンイレブンに向かった。

 こちらは棚がほぼ満杯状態で、よりどりみどりであった。多くの選択肢の中からボンゴレビアンコを選んだ。

 それを一気に食して、ガソリンタンクは一杯になった。コンビニ休憩を終えて8両編成のトレインは最後の行程を進んだ。気温は朝と違い随分と上がった。この時期は朝と昼の気温差が大きい。

 岩蔵街道、旧青梅街道と進んでいった。行楽日和であるので車の交通量は普段よりも多めであった。

 旧青梅街道の途中でメンバーと別れて、自宅に向かった。自宅に辿りついたのは2時を少し過ぎていた。朝の7時に自宅を後にしてから7時間ほどの時間が経過していた。サイコンに表示された走行距離は101kmであった。 

2019/11/12

4993:ヒルクライム  

 コンビニ休憩を終えて、リスタートした。今日のゴール地点である奥多摩湖を目指した。しばし、JR青梅線に沿って走っていった。

 「将門」の交差点を左折して下ると城山トンネルが見えてきた。8台のロードバイクは橋を渡り切って次々にトンネルの大きな口の中へ吸い込まれていった。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンネルの中は薄暗く、気温が低い。前を走るロードバイクのリアライトが赤い点滅を繰り返す。それを私のロードバイクのフロントLEDライトが白く照らしていた。

 城山トンネルを抜けて少し走っていくと、次のトンネルである愛宕トンネルが見えてくる。愛宕トンネルを出ると青梅街道の愛宕大橋の交差点に出る。

 交差点の信号は赤であったので、手前で減速しているとその色が青に変わった。その交差点を左折した。この交差点を左折すると道は奥多摩湖方面へと繋がり、右折するとJR青梅線の終点である奥多摩駅に繋がる。

 ここから先は道は緩やかに上っていく。奥多摩湖に着くまでにはさらに幾つもの古いトンネルを抜けていく。

 ここから先は徐々にペースは上がっていく。後半には高速バトルになる。いつもであれば私も参戦するが、今日は一定のペースを維持して走る予定である。

 さらに二つほどトンネルを抜けたあたりからペースが上がっていった。メンバーは次々にスピードを上げていくが、私はクランクを回すペースを変えることなく、上り道を進んだ。

 心拍数は170を超えて高い値を維持していた。一定のペースで走りながら、一つまた一つとトンネルを抜けていった。

 最後のトンネルである中山トンネルを抜けると奥多摩湖を堰き止めている小河内ダムの排水設備が見えてくる。

 それを目にするとほっとした。ゴールはもうすぐである。ペースアップはできなかったが、ペースが途中でダウンすることもなく、走り切ることができた。

 随分と久しぶりのヒルクライムであった。ぐでぐでになるだろうなと覚悟していたが、斜度が緩めであったことが幸いして、ほぼ一定のペースで走れた。

2019/11/11

4992:コース変更  

 「パンクかな・・・?」と思い振り返ると、落車のようであった。少し戻って様子を確認すると、歩行者を守るために道路の左側に設置されているポールに接触して落車したとのことであった。

 幸い大きな怪我はなかったようであるが、腕や腰を打っていて痛そうであった。ロードバイクにも多少不具合が出たようで、それをリーダーが調整してからリスタートした。

 「コースを変えましょう・・・奥多摩湖にしましょうか・・・」ということになった。正丸峠は上り返しが多いが、奥多摩湖であれば上り返しがないので体にかかる負荷は低くなる。

 リスタートしたトレインは旧青梅街道を走り切り、岩蔵街道に入った。岩蔵街道に入ると周囲の視界はすっと広がった。

クリックすると元のサイズで表示します

 空は澄み切った青色で、雲一つない天気である。ロードバイクで走るには絶好のコンディションである。

 圏央道の青梅インターの下を潜り、少し行った「今井馬場崎」の交差点を左折した。青梅方面に向かっていき、やがてJR青梅線の踏切に突き当たった。

 この踏切を渡ると、道はJR青梅線に沿って続いている。古い商店街を抜けていくと周囲の緑の比率は高くなっていった。

クリックすると元のサイズで表示します

 JR青梅線に沿って上り基調の道を進んだ。脚力が落ちているので、この辺りまで来ると少々脚が辛くなってきた。ちょうど休憩ポイントのセブンイレブンが見えてきた。

 「良かった・・・」とほっと安心しながら、セブンイレブンの駐車場に入っていった。トイレを済ませて、補給食を摂った。補給食に選んだのはサンドイッチとドーナツ。これにカフェオレを合わせた。

2019/11/10

4991:復帰  

 10月は体調的にとても厳しい月であった。3年連続で参加していた箱根ヒルクライムの2日前に風邪をひいてしまい、その後3週間もの間、体調が悪いままであった。

 箱根ヒルクライムも、その2週間後に参加する予定であった富士山ヒルクライムもそのために参加をキャンセルせざる得なかった。

 風邪の症状がようやく治まった後も、今一つ体調が芳しくなかった。なにかしら上手く循環していない感じが残っていたのである。

 そのため10月は、ロードバイクには一切乗らなかった。1日置きのジムでのトレーニングもほぼ1ヶ月の間休止していた。

 月が変わり体調もどうにか建て直せたので、今日はようやくチームのロングライドに参加することができた。

 この一月で脚力も体力も相当落ちてしまったので、辛いロングライドになる可能性は高かったが、復帰に向けての第一歩を踏み出すことができることは嬉しかった。

 朝の7時にLOOK 785 HUEZ RSに跨がって自宅を後にした。その時の気温は12度であった。結構肌寒く感じた。ハーフフィンガーのグローブをしていたが、指先が冷たくて辛かった。

 「もう、そういう季節になったのか・・・」と少々感慨深かった。季節は晩秋から初冬に向かおうとしているようであった。

 今日の参加者は8名であった。そのロードバイクの内訳は、ORBEAが4台、LOOKが2台で、COLNAGOとKuotaが1台づつであった。

 目的地は定番の「正丸峠」に決まった。まだ肌寒さが残る朝の空気の中を8台のロードバイクは走り始めた。

 まずは多摩湖サイクリングロードを東から西へ駆け抜けていった。そして、旧青梅街道に入った。

 旧青梅街道を走り始めて少ししたときであった。トラブルが発生した。私は前の方にいたので気づかなかった。後方から「ストップ、ストップ!」と声がしたので、ロードバイクを止めて、後ろを振り返った。

2019/11/9

4990:設備投資  

 風邪の症状が治まって2週間ほどが経過した。3週間体調が悪い状態が続いたので、その間はロードバイクには一切乗らなかった。

 さらに7年ほど継続している1日置きにジムで行うトレーニングも休止していた。先週からそのジムでのトレーニングを再開したが、従前とは違い軽めの負荷で行っている。

 トータルタイムは60分。5分間アップした後、負荷を200ワットに上げて30分間継続する。その後25分は負荷を下げてクルクルと軽くなったペダルを回すといった具合で、汗はかくが、体にはそれほど疲労感が残らないものである。

 来週からは、その200ワットでクランクを回す時間を少しづつ延ばしていく予定である。30分を40分にし、そして50分、最終的には60分にしていく。

 体力、脚力ともに3週間の闘病期間ですっかりとダウンしてしまった。脚力が落ちるのはあっという間であるが、一旦落ちた脚力を元に戻すにはそれなりの時間が必要である。幸いこれからはロードバイクにとってオフシーズンである。のんびりと戻していけばいい。

 もうすぐ2019年が終わる。振り返ってみればいろんなことがあった1年であったが、早く感じることは例年通りである。

 最も大きな変化は元号が変わったことであろう。「平成」から「令和」へ・・・時代は確かに一皮むけたような気がしている。

 そして消費税も8%から10%に税率が変わった。軽減税率も導入されたが、この軽減税率制度は経理処理に煩雑さをもたらし、現場を司る一人としては、とても面倒で嫌な制度である。

 今年、ロードバイクに関する投資は特にしなかった。フレームは昨年LOOK 785 HUEZ RSに替えたばかりだし、決戦用ホイールもすでに購入していたし、という具合でこれといったものがなかったのである。

 もしも、来年Shimano DURAACEの12速コンポーネントが出たならば、一気にコンポーネントを新調したいところである。

 その時はスプロケは現状の11-28Tから、11-30Tに変更しようかと思っているところである。斜度が厳しい激坂を上るときには、もう一つか二つ軽いギアがあると助かる。

 ロードバイクの大きな潮流の一つがディスクブレーキである。リムブレーキよりもディスクブレーキの方が制動面で優れていることは間違いないが、ディスクブレーキ化のためには、フレームやホイールさらにはコンポーネントの取り換えが必要になる。
 
 これまで、コツコツとグレードアップしてきたものをすべて取り換えないといけなくなってくる。そのため、現段階では「待ち」の状態である。

 あと3年ほどして、フレームを替えるタイミングで、ディスクブレーキ化の波に遅ればせながら乗ることになるのかもしれない。

2019/11/8

4989:デリカD:5  

 車のデザインに関して、時折「これで大丈夫なの・・・?」と不安感というか、驚きというか、「呆れ」とでも評すべきなのかと思うような奇抜なものに出会うことがある。

 最近、「これは奇抜だな・・・受け入れられるのであろうか・・・失笑を買うだけのような気もするが・・・」と思ったのが、三菱のデリカD:5である。

クリックすると元のサイズで表示します

 三菱デリカD:5がマイナーチェンジにより大胆なフロントマスクに変更されて発売されたのは今年の2月15日のことである。

 そのフロントのデザインに関しては、賛否両論が沸き起こった。私は個人的には「否」であった。「これはどう見ても巨大な電動シェーバーにしか見えない・・・気品や優美さの欠片もない・・・」と思ってしまったのである。

 デリカD:5は根強い支持を底堅く維持している長寿モデルである。悪路走破性の良さや積載能力の高さはアウトドア派のコアなファンを獲得していた。

 マイナーチェンジによって見た目の印象はがらっと変わったが、基本的な車の性格は変わっていないので、「デリカD:5でなければだめなんです・・・」というコアなファンは離れることはないのかもしれない。

 あるいは、「このフロントマスク・・・インパクトが凄い・・・やっぱり世の中、目立ってなんぼだよ・・・」という感覚で購入する新たなファンも獲得できる可能性もある。

 実際に2月に発売が開始されたデリカD:5の販売は好調である。決して安い車ではないので、デリカD:5は三菱自動車に大きな利益をもたらす。

 社内でも賛否両論渦巻いたはずであるが、蓋を開けてみれば結果は「吉」と出た。このマイナーチェンジを担当したデザイン責任者は胸を撫で下ろしているであろう。

 「しかし、それにしてもこれが売れるのか・・・」と、自分の感性と時代のずれを感じる今日この頃である。

2019/11/7

4988:セロトニン安眠枕シート  

 「セロトニン安眠枕シート」を枕と枕カバーの間に挟んでみた。「もしかしたら、若い頃のように朝になって目覚まし時計のアラームが鳴るまでぐっすりなんてことになるのであろうか・・・」と期待しながらベッドに横になった。

 セロトニン安眠シートは、枕の上に敷くだけで生地にプリントされた成分により睡眠ホルモンと云われる「メラトニン」や精神に影響を与えると云われる「セロトニン」を増加させ、1万個以上のマイナスイオンも発生させ快適な睡眠環境を整えてくれるというものである。

 年を取ると、3時ごろに一度目が覚めるようになった。トイレに行って戻ってきてしばらくしてまた寝付くが、1時間ぐらいするとまた目が覚める。

 起き出すのは6時半頃にしているので、また寝入るために目を閉じてじっとしていると浅い眠りにしばし陥る。

  従前から寝つきは悪い方ではない。昨晩もベッドに入ってからそれほどの時間を要せずに眠りに陥ったようである。

 期待したその効果であるが、朝までぐっすりというわけにはいかなかった。やはりまだ暗い時間帯に目覚めた。

 ベッド脇のサイドテーブルに置いてあるスマホで時刻を確認すると3時28分であった。トイレに起き出した。

 トイレを進ませてまたベッドに入った。朝晩が急に寒くなて来たので、「Nウォーム」の暖かい毛布も使っているのでベッドの中はぬくぬくである。

 そして再度の寝入るために目を閉じた。今まではここですぐには寝れない時もあったが、今日は比較的短時間で睡眠に入っていった。

 しかし、1時間後にはまた目が覚めた。さらにその1時間後にも・・・結局ベッドから起き出すまでに3回目が覚めた。

 そういう点においては、とても効果があったという評価はできない。しかし、目が覚めてから再度睡眠状態に入るまでの所要時間は短くて済んだような気がする。

 枕と枕カバーの間に挟むのであるが、首や頭に感じる感触はこのシートがない方が良い。慣れの問題かもしれないが、気になる方は結構気になってしまうかもしれない。

 使い続けると効果が上がってくる可能性があるのかもしれない。とりあえずしばらくの間試してみようと思っている。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ