2019/11/30

5011:4部構成  

 グレース・マーヤさんのサロンコンサートは、19時30分から始まった。会場は横浜港を間近に見ることができる場所にある「ル・サロン」である。

クリックすると元のサイズで表示します

 横浜のMさんがオーナーを勤めるこの豪華なサロンは、普段は会員制のワインスクールとして活用されているが、時折サロンコンサートも行われる。そのために大変高価なスタンウェイのビアノが置かれている。

 グレース・マーヤさんは気さくな性格の方で、素晴らしいビアノ演奏と歌を次々に披露しながら、繋ぎのMCも実に滑らかである。

 サロンコンサートはリラックスした雰囲気で進んだ。参加者に振る舞われた素晴らしく美味しいワインの効果もあり、穏やかで上質な夜の時間は瞬く間に過ぎていった。

 グレース・マーヤさんのサロンコンサートは、このサロンで4年間毎年開かれている「German Physiks友の会」のメインイベントとして企画されたものである。

 今日の友の会は3部構成であった。メインのサロンコンサートは最後の第3部である。その前の第2部は、このサロンに程近いイタリアンレストランでの食事会であった。

 幾つかのテーブルに別れて座り、オーディオ談義に花を咲かせた。私の座ったテーブルのメインテーマは、いつしかPCオーディオになっていった。かなりディープな内容であったようであるが、残念ながらこの方面の知識が全くない私にはなんのことだかさっぱり分からなかった。

 料理は次々に運ばれてきて、胃袋を心地よく満たしてくれた。質、量ともに十分に満足感の得られるものであった。

 第2部の前の第1部は、この会の主旨でもある、German Physiksのスピーカーを使ったデモであった。使われたスピーカーは「トロバドール80」とPSD製のサブウーファーの組み合わせである。

 PCからのデーターはMola MolaのデジタルプリアンプでDA変換されてから2台のSD05で増幅されて近未来的な造形のスピーカーから空間に放たれていた。

 片チャンネルあたり2台のDDDユニットにより360度に放出される音は空間表現に特に秀でていて、それをPSDのサブウーファーがきっちりと下支えするこのコンビは、今や「熟成」の域に達し、安定感のある音を奏でていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 この美しく豪華な会場には、少し早く着いた。これからスピーカーをセッティングし、微調整をする段階であったので、横浜のMさんのご厚意により、同じマンションの4階にある横浜のMさんのリスニングルームでパラゴンを聴かせてもらった。

クリックすると元のサイズで表示します

 3ウェイのパラゴンはマルチアンプで駆動されている。低域はブライストンのパワーアンプが、中域と高域は、ファーストワットのSIT1が受け持っている。

 SIT1は新たに導入されたようである。そのSIT1の効果であろうか、今回聴かせていただいた音は、パワフルでありながら同時にしなやかさも感じられる音の質感に変わっていた。

 アスリートではあっても、強張った筋肉のパワーで押し切るタイプではなく、筋肉がより柔らかく精細な動きをしなやかにこなすタイプになったような印象受けた。

 パラゴンの部も入れると、今日は4部構成のオーディオ・アンド・ミュージックの一日となった。気温はとても低くかったが、盛りだくさんなイベントで心は十二分に暖まった。

2019/11/29

5010:ベストバイコンポ  

 もう今はオーディオ雑誌を購入することはなくなったが、1990年代まだオーディオ機器が我が家に置かれていなかったころ、不思議とオーディオ雑誌を買って読んでいた。
 
 それは月刊誌「STEREO」である。経済的にも住んでいた賃貸アパートの空間的な制約からもオーディオシステムなど非現実的な時代であったが、空想を膨らませるためだけに購入して読んでいたようである。

 STEREO誌では年末が近づくと毎年恒例の企画として「ベストバイコンポ」が特集されていた。オーディオ評論家数名が部門ごと価格帯ごとに、推薦するオーディ機器に点数をつけて、もっとも「買うべき」オーディオ機器を選ぶというものであった。

 オーディオに関する知識が乏しかった頃、「そうだよね・・・やっぱりこれだよね・・・」と感心しながら熱心に拝読していた。

 プリメインアンプ部門でとても強かったのが、今はなき「Sansui」である。Sansuiと言えばAU-607シリーズが主力機種であった。

 モデル最初期のAU-607はモデルチェンジされるとAU-D607になり、さらにAU-D607Fになりといった具合に、モデルチェンジのたびに少しずつ製品名が変わっていった。最後のAU-α607NRAUまでAU-607シリーズは17代も続いたのである。

 モデル終盤ではシルバーフェイスになってしまったが、1991年発売のAU-α607DRまでは精悍なブラックフェイスが売りであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 デザイン的にはモデル最初期のAU-607で既に完成していて、基本的にそのデザインを踏襲して大きく変えることはしなかった。

 その歴代AU-607シリーズは、STEREO誌でのベストバイコンポで常に1位を取っていたような気がする。

 アンプはSansui、スピーカーはDAITONEが強かったような記憶が残っているのである。CDプレーヤーはDENONが強かったか・・・

 そんなSTEREO誌の年末企画である「ベストバイコンポ」で1位を取ったCDプレーヤーとプリメインアンプとスピーカーを組み合わせたら、きっと良い音がするんだろうなと勝手に思っていた頃が、今となっては懐かしい。

 今年もきっと「ベストバイコンポ2019」をやるのであろう。12月の下旬には本屋さんの片隅に「ベストバイコンポ2019」が特集として組まれたSTEREO誌がひっそりと置かれるはずである。

 時折、まだ日本のオーディオメーカーが元気であった80年代、90年代の古いオーディオ機器をヤフオクで安く落札して一組のシステムを組んでみて、サブシステムとして聴いてみたいと思うことがある。それもきっと歳のせいであろう・・・

2019/11/28

5009:三兄弟  

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 写真は上からTIGUAN、T-ROCK、T-CROSSである。フォルクスワーゲンの「SUV三兄弟」である。長男であるTIGUANは既に販売されていて人気を博している。

 次男であるT-ROCKは来年日本に導入される予定である。そして、三男であるT-CROSSは11月27日から日本でも受注が開始された。

 その価格は299万9000〜335万9000円で、納車開始は2020年1月以降である。日本の道路事情にあったコンパクトさ、ドイツ車らしいクリーンなデザインからしても結構売れるような気がする。

 T-CROSSはPOLOをベースとしたSUVである。T-ROCKはGOLFベースのSUV、TIGUANはPASSATベースのSUVである。

 SUVが全世界的に売れているのでフォルクスワーゲンもSUVのラインナップを一気に拡充してきた。「SUV三兄弟」が日本でも揃うのは来年になるが、この三兄弟、外車メーカーだけでなく日本のメーカーにとっても脅威になるであろう。

 三兄弟というだけあって、三男はかなり若者向けに振っている。20代から30代前半のユーザーをターゲットにしている感じである。

 T-ROCKは30代後半から40代前半・・・となるとTIGUANは40代以降といった年齢層をターゲットにしているのかもしれない。

 「この三兄弟、日本でもっとも売れるのはどれであろうか・・・」と思った。「GOLFベースのT-ROCKであろうか・・・・」と個人的に推測した。

 「三兄弟」を謳うなら、長男である「TIGUAN」の名前は表記を変えた方が良いような気がした。三男は「T-CROSS」、次男は「T-ROCK」であるので、長男は「T-GUAN」にしたほうが統一性がある。まあ、どうでもいいことであるが・・・

 この三兄弟、もしかしたら本家の三兄弟である「PASSAT、GOLF、POLO」の合計販売台数を上回る販売台数を記録する可能性も無きにしも非ずである。特にSUVブームが席捲している日本ではその可能性は高いとも思える。

2019/11/27

5008:東京インターナショナルオーディオショウ  

 11月22日(金)から24日(日)までの3日間、今年で37回目を迎える東京インターナショナルオーディオショウが開催された。

 場所は、有楽町駅からほど近い東京国際フォーラム。出展社数は約30で、 海外・国内あわせて200を超えるブランドの個性あふれるオーディオ機器を見たり聴いたりできるので、人気が高い。

 私もオーディオを趣味とするようになった最初の数年は毎年欠かさず東京インターナショナルオーディオショウに足を運んだ。

 しかし、我が家のオーディオ機器がハイエンドオーディオからヴィンテージオーディオに変わっていくに従って興味が薄れていき、最近では足を運ぶことはなくなっていた。

 10年近く前、まだ私が東京インターナショナルオーディオショウを心待ちにしていた頃、その会場である東京国際フォーラムに行くと、必ず行くブースがあった。

 それは「ユキム」のブースである。ユキムはいつもメイン会場から少し離れた場所にブースを設けていた。

 片側が全てガラス張りというブースは音響的には悪い条件であり、ここで聴ける音が良いと思った記憶はない。

 しかし、扱っているブランドが魅力的であり、目の保養のために向かったのである。さらに、メイン会場から少し離れていたので、空いていて落ち着けた。

クリックすると元のサイズで表示します

 その当時、メインで展示されいたのはORACLEのオーディオ機器であった。シンメトリックに配置されたグレーのラックにはORACLEのきらきらとした質感のオーディオ機器が並んでいた。

 その当時Delphiは「5」の時代であった。Delphi5は「妖精的な」という形容詞を献呈したくなるほどに魅力的なデザインをしていた。さらにCDトランスポートであるCD2000も近未来的な造形で視線を集めていた。

 その当時、ユキムのブースで目にした光景の印象が強く脳裏に残っていたのか、現在我が家のリスニングルームには、レコードプレーヤーとしてORACLE Delphi6が、CDトランスポートとしてはORACLE CD-2000が、Marantz Model7を真ん中に挟んでGTラックの上段に置かれている。

 その他のオーディオ機器が、1950年代に設計・製造されたものであるに対して、このORACLEの二つのオーディオ機器は新しいものである。

 時代的な整合性が取れていないのかもしれないが、それらは不思議と調和しているように感じられる。

クリックすると元のサイズで表示します

 10年以上前の東京インターナショナルオーディオショウにおけるユキムのブースの雰囲気がほんの少し感じられるのである。

 これからも東京インターナショナルオーディオショウにわざわざ出かけることはないとは思うが、我が家のリスニングルームにも、東京インターナショナルオーディオショウの「残り香」のようなものが、今もかすかに香っているようである。

2019/11/26

5007:幻想曲  

 巨大な電源部を有する市野式DACの実力はどのようなものなのか、早速検証することになった。リスニングルームには近くにお住いのAさんも来られていた。

 CDトランスポートはSONY NAC-HD1である。これは一旦CDのデーターをハードディスクに読み込んでそのデジタルデーターをDACに送り込む。

 NAC-HD1は250GBのハードディスクを搭載していて、「約380枚のCDデーターを高音質のまま収録できるHiFiジュークボックス」としてかって販売されていたものである。

 最初に聴かせていただいたのはモーツァルトの幻想曲ハ短調 K475。演奏はマリア・ジョアン・ピレスである。

 モーツァルトとしては珍しい「ハ短調」という厳粛な調性のこの曲は、地を這うような低弦の重い響きがら始まる。

 曲は転調を重ね、緩急のテンポを繰り返す。「幻想曲」というタイトルの通り、さすらっているように感じられる。

 当時、「ハ短調」については「愛の告白、あるいは愛する魂の渇望、苦悩・憧れ・ため息」といった説明がなされていたが、まさにこの曲はそうった感情がちりばめられているようである。

 市野式DACを通じてデジタルからアナログに返還された音の質感は、言い古され陳腐化してしまった表現ではあるが「アナログライク」という表現がぴったりとくるものである。

 パワーアンプを思わせる威容を誇る電源部の効果は絶大で、音の抜けきり感が素晴らしい。抑えつけられたような感触が全くない。

 1989年、30年前の録音であるピレスの演奏は、何かが降りてきて彼女の魂に乗り移ったかのようである。とても精神性の高い演奏である。

 その精神性の高い演奏を、市野式DACでは決して矮小化することはない。スムースに等身大で提示してくれる。

 「良いDACですね・・・この巨大な電源部を目にした時からただ者ではないとは分かていましたが、本当にただ者ではなかったですね・・・」

 と、幻想曲が終わった時に感想を述べた。Aさんも感心されていた。Mさんはしたり顔でニヤニヤされていた。

 その後他の曲も聴いた。その印象は変わらなかった。DACは電源部が大事ということは以前聞いたことがあったが、今回の体験はその認識をより強くするものとなった。

2019/11/25

5006:電源部  

 「これがDACの本体です・・・」とMさんに教えてもらった。CDトランスポートとして使用されているSONY NAC-HD1の隣に設置されたそのDACは、銀色のシャーシに納められた極くシンプルな姿形をしていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 大きさはNAC-HD1とほぼ同じくらいの大きさで、フロントパネルにはスイッチやセレクターの類は一切なく、右端にパイロットアンプが一つあるのみである。

 電源部が別躯体であると聞いていたので「電源部はどこにあるのですか・・・?」と、それらしいものを目で探した。しかし、すぐには見当たらなかった。

 「これです・・・」とMさんが指さしたのはDAC本体が置かれていたGTラックの下段にあった。当然私の視界にもそれは入っていたのであるが、パワーアンプだと判断していたのか、それがDACの電源部であるとは思ってもいなかった。

クリックすると元のサイズで表示します

 そこにはシルバーのシャーシの上に黒いカバーで覆われたしっかりとした物体が置かれていたのである。

 黒いカバーに覆われていたのでその詳細は分からなかったが、カバーの中には大きなトランスが二つと真空管が数本セッティングされているとのことであった。

 「これですか・・・大きいですね・・・別躯体の電源部というとついついもっとコンパクトなものを想像していました。これは普通の真空管パワーアンプと同じ大きさですよね・・・物量投入が凄いですね・・・」と私は驚いた。

 我が家のCDトランスポートであるであるORACLE CD-2000や、レコードプレーヤーであるORACLE DELPHI 6も電源部が別躯体であるが、その大きさは極めてコンパクトである。一般的な別躯体電源の大きさは、本体の1/3か大きくても半分程度というのが、一つの先入観となっていたのである。

 その電源部の大きさは、横幅がほぼDAC本体と同じで、高さは電源部の方が倍以上高い。その存在感は明らかに電源部の方が大きい。DAC本体の方が従たる存在に見えてしまう。

 今日のOFF会の主役は、この電源部が主たる存在となっているかのように見えるDACである。このDACの製作者は市野氏である。

 Mさんは従前Marazntz CD34を工藤氏が改造されたCDプレーヤーをお使いであった。そのCD34が壊れてしまったので、今回CDトランスポートとしてNAC-HD1、DACとして市野氏が製造されたDACを新たに導入されたのである。

 市野氏が製造されるDACには3つの種類がある。本体部は同一であるが、電源部が搭載されるトランスの数が一つ、二つ、三つとその数によって種類が異なるのである。Mさんが導入されたものはトランスが二つのものである。

 最上級品であるトランスが三つある電源部は、Mさんが導入されたものの1.5倍程の大きさがあるのであろうか・・・もしそうだとしたら、それはきっとGTラックの中に納まらないほどに巨大なものであろう。

 Mさんは既に市野氏製作のレコードプレーヤー、フォノイコライザー、プリアンプさらにパワーアンプを導入されている。このDACの導入により、市野氏製作のオーディオ機器がほぼすべてをカバーすることになったのである。 

2019/11/24

5005:黒い石  

 「オーディオショップ・グレン」の店内に流れ出した音の質感は、安定感のあるもので、耳馴染みが良かった。

 LEAKは、MarantzやMcIntoshに比べてマイナー存在であるが、プリアンプであるPOINTONE STEREOもパワーアンプであるTL-10も実に良いアンプである。イギリス製らしく、質素で穏やかな外観をしている。

 VIVALDIのヴァイオリン協奏曲の第1楽章を聴き終えた。この段階で一旦針先を盤面から上げた。そして、例のものをLEAK TL-10のトランスの上に置いた。

 「SHAKTI STONE」の外観は少し怪しげである。こういった怪しげな見た目のオーディオアクセサリーは、時折見かける。しかし、小暮さんの説明によるとGe3のオーディオアクセサリーと違い「オカルト」ではないという。

 そして、同じレコードの最初の溝にortofon MC-20の針先は再び降りていった。その流れ出した音に神妙な面持ちで耳を傾けた。音の変化はすぐに感じられた。

 「音がほぐれる・・・」というのがその第一印象であった。「激変」というほどではないかもしれないが、確実に音質向上に貢献してくれているような気がした。

 電磁波は現代においては空間に無数に行き交っている。それがオーディオ機器にどのような弊害をもたらすのかは分からないが、対策をすると効果があるようである。

 「SHAKTI STONE」の使用方法はオーディオ機器の上に置くだけで簡単である。私が感じたその効果は、音がほぐれて音の角もまろやかになり、さらにS/Nが向上し静けさが増す、というものであった。

 今回は真空管アンプのトランスの上に設置したが、いろんな場所でも試してみたくなるであろうと思われた。

 「SHAKTIの製品はこのSTONE以外に細長いものもあって、そっちはケーブルに使ったりすると良いとメーカーは説明していた・・・」

 「ケーブルに使うんですか・・・」

 「小さくて細長いので付属の両面テープでケーブルに貼り付けて使うみたいだね・・・」

 「なるほど、そちらも一定の効果がありそうですね・・・」

 そんな会話をしながら、その後何枚かのレコードを聴いた。その名の通り黒い石のようにも見える「SHAKTI STONE」は目立たないように佇んでいて、無言でその仕事をこなしているかのようであった。

2019/11/23

5004:STONE  

 その黒い物体を手にしながら「なんだか、胡散臭げな見かけですね・・・」と、私が言うと、小暮さんは「taoさんにだけは言われたくないですね・・・taoさんのリスニングルームにあるGe3のオーディオアクセサリー程には胡散臭くはありませんよ・・・」と言って小暮さんは笑った。

 「まあ、確かにその通りですね・・・ところでこれはどうやって使うんですか・・・?」と苦笑しながら尋ねた。

 「オーディオ機器の上に乗せるだけです。電磁波干渉対策用のもので、この中には水晶発振子が封入されているみたいですよ。外見だけでは全くその仕組みは分かりませんが・・・ぱっと見はオカルトぽいですが、特許を取得していたりして、アメリカでは10年以上のロングセラーなんですよ・・・ちなみに商品名は『SHAKTI STONE』です・・・」

 「そうなんですか・・・10年以上売れているなら、効果があるということでしょうね。二つありますが、どこに置くのですか?」

 「電源関連の場所が良いようで、真空管アンプのトランスの上なんかが最適だと言うことです。」

 そして、小暮さんはその二つの黒い物体を、真空管式モノラルパワーアンプであるTL-10のトランスの上にそれぞれ置いた。

 それを見て私は「最初は置かない状態で聴かせてください・・・その後で乗せた状態で聴くとその効果が分かり易いような気がします・・・」と伝えた。

 「どんな効果があるのであろうか・・・ケーブルを変えた時のようにはっきりと分かる変化があるのであろうか・・・それともその見た目同様“影ながら”音質を支えるといった地味な変化であろうか・・・」

 小暮さんは一旦置いた「SHAKTI STONE」を取りはずして、オーディオラックの棚板に重ねて置いた。

 まずは素の状態で1枚のレコードをかけてもらった。RKSAN XERXES 10のターンテーブルの上に置かれたレコードは、Collegium aureumの演奏によるVIVALDI LOCATELLI ALBINONIのヴァイオリン協奏曲が収められたものであった。レーベルはharmonia mundi。

 VIVAIDIの協奏曲が収められているA面を上にしてそのレコードはセットされた。トーンアームであるROKSAN ARTEMIZの先端に取り付けられたortofon MC-20の針先はゆっくりと盤面に降りていった。

2019/11/22

5003:SHAKTI  

 ナポリタンを完食して、珈琲カップの中の珈琲も無くなった。喫茶店「Mimizuku」の店内では時が止まったかのように感じられるが、もちろん時刻は現実の世界同様に進展している。

 スマホで時刻を確認すると6時50分であった。小暮さんには7時ごろに行くと言ってあるので、ちょうどいい時刻になった。

 会計を済ませて、店の外に出た。「オーディオショップ・グレン」は同じビルの4階にある。古いビルなのでエレベーターはない。

 階段をゆっくりと登っていった。踊り場で180℃曲がりながら階段を進むと、2階には「株式会社 光通商」というちょっと何をしているのか分からない怪しげな会社の看板が入口に掲げられていた。3階は空いているようである。そして4階に着いた。入口には「オーディオショップ・グレン」と書かれた小さな看板が掛かっていた。

 金属性のドアをノックした。「ゴン、ゴン、ゴン・・・」と鈍い響きがした。「どうぞ・・・」と扉の向こう側から声が小さく聞こえた。

 扉を開けて中に入った。玄関の所で靴を脱いでスリッパに履き替えた。リスニングポイントに置かれた黒い革製のソファに座った。

 リスニングポイントの正面の壁の両コーナーに置かれたスピーカーはTANNOYのコーナー・カンタベリーであった。

 「ユニットはモニターシルバーですか・・・?」「そうそう、ようやく見つかってね・・・イギリスでの価格も上がっていて、日本での販売価格も200万を超えるようになったよ・・・」「そうですか私は同じタイプのスピーカーを見るのは2回目ですけど、前回のモデルは168万円だった記憶があります・・・」

 リスニングポイントから見て右側に置かれているラックに収まっているオーディオ機器は常設のものばかりであった。

 レコードプレーヤーはROKSAN XERXES 10。デジタル系はGOLDMUND MIMESIS 39とMIMESIS 12の純正組み合わせ。プリアンプはLEAK POINT ONE STEREOで、パワーアンプはLEAK TL-10である。

 どれも美しいオーディオ機器である。横長で大型のオーディオラックの空いている棚板の一つに黒い平たいものが二つ重ねて置かれていた。それは見慣れないものであった。

 小暮さんが淹れてくれた珈琲がソファテーブルに置かれた。その珈琲カップの細い取っ手に手をかけながら「面白いものって、その黒い物体のことですか・・・?」と訊いた。

 「さすが、目ざといね・・・そうそうこの意味不明の物体のことだよ・・・」と言って二つ重ねてあるうちの一つを手に取って私に見せてくれた。

 手渡されたその黒い物体をしげしげと眺めた四隅の上が小さくカットされている。横が15cmほどで縦が10cmほどの長方形をしている。

 重いものではなくむしろ軽い。その上面には「SHAKTI」と刻まれていた。「これは『シャクティ』と呼ぶんですか・・・?」と私は小暮さんに訊いた。

2019/11/21

5002:カウンター席  

 昨日は冷たい北風が強く吹いた。残念ながら風速が9メートルに達しなかったので「木枯らし1号」の認定は受けられなかったようである。

 打って変わって今日は穏やかな天候であった。風はほとんど吹かず、陽光が届いているエリアでは暖かく感じた。

 「オーディオショップ・グレン」が入っているビルにほど近いコインパーキングに着いたのは、午後6時前であった。まだ暖かさは残っていたが、日が暮れて真っ暗である。

 小暮さんには「7時頃に着く予定です・・・」と伝えてあった。時間に少し余裕があったので、「オーディオショップ・グレン」が4階に入っているビルの1階にある喫茶店「Mimizuku」に立ち寄ることにした。

 古びた木製の扉を開けると珈琲の香りがふんわりと香った。「いらっしゃいませ・・・」と低いトーンで女主人の声が静かに店内に響いた。

 4人掛けのテーブル二つには客の姿はなく、奥まったところに置かれている2人掛けのテーブルに一人初老の男性が座っていた。

 4席あるカウンターにも客の姿はなかった。いつものようにカウンター席の一番奥に座った。ナポリタンとホットコーヒーを頼んだ。

 「今日は暖かかったですね・・・」「ええ、昨日は北風が強くて寒かったから・・・」「でも、明日はまた寒くなるそうですよ・・・雨も降るみたいで・・・最高気温が10度ほどとのことですから完全に冬の気候ですね・・・」

 そんなとりとめのない会話を女主人と取り交わした。

 小暮さんからのメールには「ちょっと、面白いものを見つけました。といっても古いオーディオ機器ではないですけど・・・」と書かれていた。

 「ちょっと面白いものか・・・」と想像を掻き立てるような表現である。「ケーブルかな・・・小暮さんの所はウェスタンの古いケーブルを使ったものを使用されているけど、別のものを見つけてきたのであろうか・・・」そんなことを思いながら、カウンターに置かれたナポリタンを口にした。

 脇に添えられたホットコーヒーからは湯気とともに、気持ちを豊かにしてくれる香りが立ち上がっていた。

 白いカップに注がれている黒い液体を一口含んだ。その液体は舌の微細な突起の上を流れていった。いつもの安定した味わいであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ