2019/10/25

4975:衝動買い  

 喫茶店「Mimizuku」に来るのも久しぶりであった。店の古い木製ドアを開けて中に入った。時刻は午後6時半を少し過ぎていた。

 いつものようにカウンター席に向かった。四つあるカウンター席には先客が一人座っていた。「ゆみちゃん」であった。

 「お久しぶり・・・」と挨拶して一番奥のカウンター席に座った。

 すると「足、怪我されたんですか・・・?なんだが歩くのがしんどそうな感じですね・・・」と彼女が訊いてきた。

 「いや、怪我ではなくて・・・筋肉痛なんだ・・・」と私は苦笑いしながら答えた。

 「ここ3週間ほどの風邪で体調が悪くてまったく運動をしてなかったんだけど・・・昨日は風邪がようやく良くなったので、久々にジムでトレーニングしたんだ。3週間で筋肉が相当鈍っていたようで、今日は朝から筋肉痛で・・・」

 私はホットコーヒーとナポリタンを注文した。カウンターの右端に置かれているCOPAL製のパタパタ時計は、はらりとその表示板を回転させた。その表示された時刻は、スマホで確認した時刻よりは30分ほど遅れていた。

 「3週間でそんなに筋肉って落ちるんですか・・・・」

 「いや〜自分でも驚くよ・・・ほんとに怖いなって思った・・・これから少しづつ戻していかないと・・・」

 「そういえば、私買いましたよ・・・新しいアンプ・・・ヤフオクで・・・」

 彼女はすでにナポリタンを食べ終えていた。彼女の前に置かれた白いさらには淡いオレンジ色の色合いがかすかに残っていた。

 「新しいアンプ・・・?なになに・・・もしかして衝動買い・・・?」

 「そうなんです・・・今使っているSONYのアンプが壊れたわけではないんですけど、ついつい見た目に引き込まれてしまって・・・」と彼女は微笑んだ。

 彼女の家には、その年齢にふさわしくない、レトロなオーディオセットが置かれている。彼女に頼まれて、数年前に私が一式揃えたのものである。

 その中核的な存在であるプリメインアンプは、SONY TA-1120である。1965年に発売されたヴィンテージ製品である。この時代のプリメインアンプのデザインは素晴らしいものがある。彼女もそのデザインがとても気に入っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 「じゃあ、2台アンプが並んで置いているのか・・・スペース的には大丈夫・・・?」彼女のサイドボードのサイズを思い浮かべながら訊ねた。

 それ以外にレコードプレーヤーとカセットデッキがあるので、4台が横に並ぶことになる。

 「どうにか大丈夫でした。きっちりと並んでいる感じで・・・脇に置いていたラジカセを移動したら納まりました・・・」

 「それで、何を買ったの・・・?見た目で衝動買いしたということは、相当良いデザインなんだろうね・・・」と私が話を向けると、彼女はスマホで写真を見せてくれた。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ