2019/8/19

4908:奥多摩湖  

 旧青梅街道を瑞穂町まで走ってから、岩蔵街道に向かって右折した。昨日の土曜日は猛暑でカンカン照りであった。その身の危険を感じるような暑さから「明日も同じような天気なら、暑さにやられてしまうな・・・」と思ったが、幸い今日は曇り空で昨日のような暑さにはならなそうであった。

 圏央道の青梅インターの下を潜ってから「今井馬場崎」の交差点を左折して青梅方面へ向かった。チームでもたまに立ち寄る「担々麺 杉山」の前を通りすぎた。仕込みの最中のようで海老の濃厚な香りが鼻孔をくすぐった。

 JR青梅線の踏切を渡って、JR青梅線に沿って続いている昭和レトロな雰囲気の商店街を抜けていった。

 商店街を抜けると道の周囲の風景は鄙びたものに変わっていく。途中セブンイレブンでコンビニ休憩をした。

 トイレを済ませて、補給食を選択した。「こだわりたまごのサンド」を選択した。こだわっただけあってまったりとしたたまごの味わいが気持ちを和ませてくれる。

 リスタートして奥多摩湖を目指した。道の周囲は木々がすっかりと覆うようになってくる。鬱蒼とした木々に囲まれたエリアは涼しくて気持ちが良かった。

クリックすると元のサイズで表示します

 「将門」の交差点を左折して下っていくと最初のトンネルである「城山トンネル」が見えてくる。10両編成のトレインはそのトンネルの中に吸い込まれていった。

クリックすると元のサイズで表示します

 トンネルの中は涼しい。前半はやや上りで真ん中あたりで反転して後半はやや下りとなる長いトンネルを抜けた。

 その後、トンネルを幾つも抜けていった。通過したトンネルの数が増えていくにしたがって、トレインのペースも速くなってきた。

 奥多摩湖までの道は緩やかに上っている。その速くなったペースについていくためにケイデンスを上げた。

 最後のトンネルである「中山トンネル」を抜けると奥多摩湖を堰き止めている小河内ダムの排水設備が視界に飛び込んでくる。

 奥多摩湖に達した。空には灰色の雲が広がっていた。奥多摩湖の湖面はその空の色を反映していた。

クリックすると元のサイズで表示します

 奥多摩湖の広い駐車場まで行って休憩した。ここの売店でコカ・コーラを購入して飲んだ。赤い色の缶、350ml入りのコカコーラを選んだ。

 東屋に座ってコカコーラを飲んだが、よく見ると「コカコーラ・ゼロ」であった。「これではエネルギーにならないか・・・」と思ったが、火照った体には冷たいコーラは心地良いものであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ