2019/8/31

4920:近鉄特急  

クリックすると元のサイズで表示します

 この週末はささやかな家族旅行である。ここ数年は飛行機に乗って目的地に行くことが多かったが、「あまり遠くには行きたくない・・・疲れるから・・・」という妻の要望に従って、今年は列車で目的地に向かうことになった。

 目的地は伊勢志摩である。新幹線、近鉄特急と乗り継いで「鳥羽」まで行った。近鉄特急はオレンジ色の列車で、その形状はどことなくローカルな雰囲気に溢れていた。

 鳥羽駅からホテルまでの送迎バスに乗り込み10分ほど揺られると、今日の宿である「アルティア鳥羽」に着いた。ホテルの建物はスペイン風の佇まいでお洒落な感じであった。

 チェックインを済ませて部屋に案内された。清潔な部屋からは、海が一望できた。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日は、このままホテルでのんびりと過ごす。天然温泉で移動で疲れた体を癒し、明日は伊勢神宮に参拝する予定である。

 久しぶりに穏やかな週末を過ごすことになる。乗鞍も終わり、一区切りついた。10月には箱根ヒルクライムと今年から開催される富士山ヒルクライム(富士スカイラインを走るヒルクライムレース)に参加する予定が入っているが、心情的には少しほっと落ち着く時期である。
 
 天気は雲は多めであるが、まずまずといったところ。曇っていたのであまり暑くない。
 
 海を望み、温泉に浸かり、伊勢海老や松阪牛を食する。先週のヒルクライムレースで疲れた体を癒すには最適な場所であろう。

2019/8/30

4919:縦揺れ  

クリックすると元のサイズで表示します

 ディーラーの駐車場から出て新青梅街道を走った。つい先程まで自分の523i Touringに乗っていたので、両者のわずかばかりの差がやはり気になった。

 まずは乗り心地。やや硬めの足に仕上げられているので、ちょっとした突き上げ感があり、縦揺れを感じた。

 私の523i TouringはLuxuryという仕様であり、M-Sportsではない。そのあたりのセッティングの差が感じられたのであろう。

 次にブレーキの効き加減にも差があった。X2は初期制動が弱めで、ある程度踏み込むとがくっと効くという雰囲気であった。もう少し早い段階からじわっと効いてほしいところである。

 太いステアリングも最初のうちは慣れなかった。さらに大きくハンドルを切る時に、シートのサイドサポートの出っ張りに肘が当たってちょっと窮屈である。

 赤信号で止まると、アイドリングストップがかかる。ブレーキから右足を離すと、エンジンは再始動する。その際の振動が若干大きく感じた。

 こういったことは車を乗り換えた直後であるから感じることであって、数日の間同じ車に乗るとまったく気にならなくなってくる程度の差であろう。

 X2は見た目も乗り味も若々しい車である。私が乗っている523i Touringはモデル末期の熟成した車である。

 その乗り味にはそれなりの差はあるが、それは熟成した大人の車と勢いに溢れる若々しい車との差とも捉えることができる。

 翌日最寄り駅まで上の娘を乗せていった時に、20代の娘は「この車、デザイン良いね・・・今度はこれにしたら・・・」と言った。

 さらに乗っている最中に「ちょっと揺れるね・・・下からトントンとくる感じ・・・」ともその乗り味を評していた。

2019/8/29

4918:代車  

 BMWのSUVモデルには「X」が付く。「X」の後に数字が付いてモデル名を表すのである。今や「X1」から「X7」まで、七つのモデルが隙間なく揃っている。

 奇数は正統派SUVモデルで偶数は一つ下の数字が付くモデルのスポーツタイプという区分がなされている。

 X2は正統派でコンパクトなSUVであるX1のスポーティーモデルという位置づけである。そのX2を数日の間乗ることができることになった。

 現在乗っているBMW 523i Touringが納車から来月で3年となるので、1回目の車検を受けることになったのであるが、その代車として用意されていたのが、X2であった。

 登録されたばかりのX2で、走行距離はまだ3,000kmに達していなかった。型番は「X2 sDrive 18i」。エンジンは1.5Lの3気筒エンジンで、4WDではなくFFである。色は黒であった。

 X2のメインターゲットは若い世代である。ライバルはMercedes-Benz GLAやAudi Q2である。デザインはかなり攻めているという印象を受ける。

クリックすると元のサイズで表示します

 BMWのアイデンティティーであるキドニーグリルは、下に行くにしたがって広がる形状が採用されている。

 鋭い目つきのLEDライトは最近のBMWらしく角ばった輪郭のデイタイムランニングライトがシャープな印象を与えている。

 フロントウインドウは大きく傾斜している、サイドウインドウの面積も狭く、リアウインドウも小さい。

 SUVでありながら、どこまでもスポーティーさを追求した造形である。その副作用は後方視界がとても悪かったり、前方の視界も多少圧迫感があるといった点に現れる。

 そしてCピラーに配置されたBMWエンブレムが新しい。個人的にはちょっとうるさい感じがしなくもないが、自己主張は強めである。

 日本製のスポーティーコンパクトSUVのガンダム的なごちゃごちゃさに比べたらヨーロッパ的にまとめられているとはいえ、他のBMWモデルとは明らかに違うテイストである。

 BMW 523i Touringを預けて、何枚かの書類にサインをした。そしてディーラーの駐車場に用意されていたX2に乗り込んだ。

 シートはアルカンタラ仕様であった。スポーツタイプのシートなのかサイドサポートがしっかりとしている。

 インテリアのしつらえはBMWらしく比較的質素でそつなくまとめられている。基本仕様が523iと共通なので迷うことはなさそうである。

 ステアリングは太いスポーティータイプ。慣れないと少々握りづらい。ボタンを押してエンジンを目覚めさせた。

 1,5Lの3気筒エンジンは、3気筒ということを感じさせないそつのなさで回転を始めた。慎重に耳を傾けると「やや粗雑かな・・・」という気がしないでもないが、カーオーディオをかけながら走る分には、全く気にならないレベルである。

2019/8/28

4917:下山  

 ゴール後、預けたリュックを受け取りに向かった。ゼッケン番号ごとに区分されている数台のバスの中から、自分のゼッケン番号を確認して該当するバスの中に入り込んで、オレンジ色の自分のリュックを見つけた。

 それを背負って開けた場所に行き、防寒着を着込んだ。先にゴールしていたチームメンバーと「お疲れ様・・・」と声をかけあった。

 ゴール後のことについては事前にチーム内で打ち合わせていた。リュックを取ってきて防寒着に着替えたらすぐに下山し、ゴール地点から1.5kmほど下ったところにある大雪渓前の地点で揃って休憩することになっていた。

 防寒着に着替えてから下山の列に並んだ。しばし待っているとその列が動き出した。道の半分は下山する参加者がゆっくりと下り、そして逆側の半分には、最後の行程を表情を歪めながら懸命に上る参加者がいた。

 下りながら上ってくるチームメンバーの姿を認めると「頑張って・・・ラストスパート・・・!」と声をかけた。

 大雪渓前の休憩地点に着いて、その脇に設置されている公衆トイレに立ち寄った。道を挟んで視線の上方にある「大雪渓」は例年よりも面積が小さく、ちょっとしょぼい感じであった。

クリックすると元のサイズで表示します

 ここでリュックに入れていた補給食を口にしながら、休憩した。天気は良く、空は晴れていた。陽光が降り注がれていたが、風が吹いていて、体の熱はその風に奪われていった。

 チームメンバーが全員揃って、下山を始める頃には寒さのために体は小刻みに震えていた。
 
 下山は誘導車に先導されていて、ゆっくりとしたペースで進んだ。所々で休憩ポイントがあるようで5分程何度か集団は止められた。

 思っていたよりも時間がかかったが無事に下山を終えて、スタート地点まで戻ってきた。

 ロードバイクを置いて、完走証をもらう列に並んだ。列は順調に短くなっていき、私の番になった。

 ゼッケン番号と名前を告げると完走証が印字された。それを渡されてタイムを確認した。「1時間26分54秒」とサイコンで計測したタイムとぴったり一致した。

 完走証をもらって、車に戻った。ロードバイクを車に詰め込んで、宿に向かった。宿ではお風呂を使わせてくれる。宿のお風呂は硫黄の匂いが強い天然温泉である。

 その温泉に疲れた体を浸した。硫黄の匂いが鼻孔をつく。激しいヒルクライムを体験し疲弊しきった体が、その温泉の湯に溶けていくような感じであった。今年の乗鞍は終わった。富士ヒルとはまた別の感慨がわいてくる2019年の乗鞍であった。

2019/8/27

4916:ゴール  

 「残り5km」と書かれた表示板の前を通りすぎた際にサイコンのタイムをチェックした。「1:01:12」と表示されていた。

 昨年よりも1分程遅いタイムである。残り5kmは体の疲労感が重くのしかかるので、ペースは上がらない。1kmあたり5分はかかるであろう。

 5kmを25分で走り切って1時間26分台のタイムである。昨年よりは1分程タイムを落とすことになるが、どうにかそれくらいの遅れで走り切りたかった。

 腰の具合は予断を許さない感じであった。筋肉が強張った感じはずっと続いていた。背中を反らせるような感じでフォームをキープしようとするが、体が疲れてくるとそのフォームはしんどくなってきてしまう。

 ゴールまで5kmを切ると、1kmごとに残り距離を示す表示板が道の左脇に設置されている。「残り4Km」「残り3km」「残り2km」「残り1km」と続くのであるが、その白い表示板を心待ちにしながら、厳しいコースを走り続けた。

 「残り5km」から「残り3km」までの2kmは時折斜度の厳しいエリアが参加者に襲いかかる。終盤にきて脚がほぼ売り切れている状態で10%を超えるような斜度の坂を越えていくのは、心身ともに実に過酷なものである。

 場所によっては、押して歩いた方が速いのではと思えるような速度でダンシングした。斜度が緩んでも脚の余力がないのでペースを上げることができない。

 サイコンに表示されるスタートからの平均パワーは下がり続け204Wまで下がった。周囲の参加者もその多くが、疲労のため脚がしっかりと回らない状態であった。

 ようやく「残り3km」の表示板を通りすぎた。眼前に広がる景色は素晴らしいものであった。青い空を背景に乗鞍岳の雄大な姿が目に飛び込んでくる。

 もちろん、景色を楽しむ余裕など微塵もなかった。これ以上平均パワーが下がらないようにどうにかこうにか200W以上の出力を維持しようとクランクを回し続けた。

 「残り3km」の表示板を過ぎた時にタイムを再度チェックした。「1:11:46」であった。残り3kmを15分で走り切ればぎりぎり1時間26分台で走れる。

 ペースを上げようとする気持ちとは裏腹に体は頑なにその要求を拒んでいる感じであった。それでも歯を食いしばり続けて残りわずかになってきた行程を走っていった。

 「残り2km」の表示看板を過ぎると、気持ちが少し前向きになってきた。体はきついままであるが「もう少し・・・もう少し・・・」と自分自身を励まし続けた。

 ようやく「残り1km」となった。「10秒平均ワット」は200ワットを超えたり下回ったりといった具合で推移していった。

 その数字を睨みながら、ゴールを目指した。青空に向かって飛び立つための滑走路のような坂道を走っていき、最後の左カーブを曲がった。

 カーブを曲がるとゴール地点である。ダンシングでラストスパートした。緑色のタイム計測ラインを越えた瞬間にサイコンの小さなボタンを押した。

 惰性で少し走ってからサイコンに視線を向けた、するとタイムが進み続けていた。「あれっ・・・」と思った。

 どうやらスタート・ストップボタンではなく、その隣のラップボタンを押したようであった。あわててストップボタンを押した。タイムは「1:27:05」で止まった。

 一旦データーを保存して、ラップデーターを呼び出した。ラップ1として区分されたスタートしてからゴールまでのタイムは、「1:26:54」と表示された。

 昨年のタイムは1時間25分42秒であったので、1分12秒タイムを落としたことになる。しかし、現在の身体のコンディションを考慮すると、思っていた以上にタイムを落とすことにはならなかった。

 腰回りの筋肉は10km程走ったあたりから強張った感じが続いていたが、痛みが出ることはなかった。痛みが出ていたら、もっとひどいタイムになっていたであろう。

クリックすると元のサイズで表示します

2019/8/26

4915:CP2  

 計測開始ラインを越えて、今年の乗鞍が始まった。例年と違うのは、走るフォームである。痛めている腰に負担をかけないように背中のラインが真っ直ぐになるようにしていたのである。

 スタート直後は、ちょっとした渋滞状態である。それが解消されてくると、センターラインよりもやや右側に出て、出力を上げていった。

 これといった作戦があるわけではなかったが、10kmまでは220ワットの平均出力を維持したかった。後半は体や脚がきつくなってくる。200ワットの出力を維持するのがやっとになる可能性が高い。

 全コースの平均出力を210ワットに維持することができれば、昨年並みのタイムで走りきれるはずである。

 序盤は脚があるので、無理をしがちである。序盤で無理をすると後半でそのつけが必ず回ってくる。サイコンに表示される「10秒平均ワット」を定期的にチェックして無理をしないように抑え気味にクランクを回し続けた。

 スタートから2kmあたりの国民休暇村ホテル前を過ぎた。その先は木々が生い茂る高原の爽やかな道が続く。

 スタートから7km程先にある第1CPまでは斜度が比較的緩めである。脚の余力もまだある。フォームを10分置きに変更しながら、走り続けた。

 腰や背筋の具合は順調であった。4km、5kmと走行距離が伸びていった。チームでのヒルクライムではこのくらいの距離を走ったところで腰に痛みが出た。

 しかし、今日はまだ痛みが出るような兆候は感知されなかった。「大丈夫だ・・・しばらくこのままのペースで走り続けられる・・・」と、ほっとした。

 心拍数は170ほど。体にそれほどの負荷がかかっているわけではないが、余裕はなかった。ようやく第一CPである三本滝レストハウスの姿が視界に入ってきた。

 ここではボランティアの方が紙コップに入った飲み物を参加者に渡してくれる。それを受け取って一気に飲み干した。第一CPの前を通りすぎた。

 ここまでは思っていたよりも順調である。腰の痛みも出ない。「最後まで痛みが出ないで走り切れるかもしれない・・・」と思い始めていた。

 第一CPから第二CPまでの区間は約8kmほど。斜度の変化が結構ある。私は斜度の変化に弱い。斜度の変化、特にぐっと斜度が上がるエリアを通りすぎると、脚の余力がごそっと削られる。

 斜度が上がる場所ではダンシングでどうにかこうにか走り、斜度が戻るとペースを元に戻そうと歯を食いしばった。

 しかし、脚の余力は確実に減っていき、心許ないレベルまで下がってきた。そして、走行距離が10kmを超えたあたりから、腰回りの筋肉が強張ってくるのが分かった。

 筋肉が強張ってくると痛みが出る可能性が高まってくる。「痛みが出るかもしれない・・・」という恐怖感が心に覆いかぶさってくる。

 サイコンに表示される「10秒平均パワー」は数値が低迷してきた。その隣に表示されているスタートからの平均パワーも数値が下がってきた。

 第一CPを通過した時にはスタートからの平均パワーは220Wほどであったがその数値が下がってきて210Wに近づいていた。

 しかし、まだ第二CPには達していない。第二CPから先ゴールまでは、酸素も薄くなり挽回するのは至難の業である。

 斜度の変化は追い打ちをかけるように襲ってくる。ダンシングも力強いものではなく、やっとこなしているという弱々しいものに様変わりしていった。

 視界の先に第2CPである位ヶ原山荘が入ってきた。それに勇気づけられて少しだけペースを上げた。

 疲労感は体を覆いつくしている感じであった。ボランティアの方が差し出す紙コップを受け取る元気もなく、その前を通りすぎていった。

 スタートからの平均パワーは207Wまで下がってきていた。第二CPを通りすぎて少しすると「残り 5km」と書かれた表示板が道の左脇にあった。

 タイムを確認した。昨年のタイムよりも1分ほど遅れていた。ここから5km先にゴールがある。ここからは1kmごとに残り距離を示す表示板が道の左脇に置かれている。

 「苦難の5km」が待ち構えていた。走る者の心を折ろうとするかのようなコースが続くラスト5kmである。

2019/8/25

4914:スタート  

 レース本番の日の朝は早い。朝の4時にスマホのアラームが鳴った。すぐに起きだして、手早く身支度を整えた。

 サイクルウェアに着替えて、荷物を車に積み込んだ。宿は朝の5時に朝食を出してくれる。すぐに出発できるように準備を整えてから、暖かい朝食を食した。

クリックすると元のサイズで表示します

 天気は予報通り良いものであった。天気の心配がないというのは実に心理的に良いものである。乗鞍岳の頂上付近の景色は素晴らしいものになりそうであった。

 バスでゴール地点まで運んでもらう荷物の受付は5時半から6時半までである。朝食後車に乗り込んでスタート地点から少し離れた道路脇に車を停めた。

 車からロードバイクを降ろしてセットアップした。預けるリュックには防寒着や補給食が入っている。それを担いでスタート会場まで走った。

 荷物を無事に預けた。スタート時間までまだ1時間以上の時間がある。周囲の道路を使ってアップをした。

 心配な腰の具合は、今のところ違和感はなかった。アップの時もフォームをいろいろと変えてみた。

 腰や背筋の負担を減らすには背中を丸めない方が良いけど、体全体の疲労感を軽減するには丸めた方が楽である。

 「交互に使うか・・・腰の筋肉が張ってきて痛みが出そうなら背中を逆に反らすようにして、腰がそれほどではないなら背中を丸めて進む・・・」

 そんなことを考えていた。今回は1時間25分を切って自己ベストを更新することは難しいが、腰に痛みさえ出なければそこそこのタイムで走れる可能性はあった。

 スタート前30分までアップしてから、スタート会場へ向かった。幾つかのグループのスタートを見送った。

 そして、私達のグループがスタートする番になった。3名のチームメンバーと共にその集団に並んだ。そして、カウントダウンが始まった。

 スタートの号砲が乾いた音を立てた。前に並んだ参加者から順次左足のクリートをはめて、苦難の道へ進み出ていった。
 
 私もゆっくりとスタートし、スタートゲートを潜った。すぐ先にはグリーンの計測開始ラインがあった。そのラインを越えると同時にサイコンのスタートボタンを押した。 

2019/8/24

4913:深呼吸  

 「マウンテンサイクリングin乗鞍」の本番を明日に控えて、今日乗鞍に辿り着いた。天気予報通り天気はまずまずである。明日の本番も今のことろスマホの天気予報を見る限りにおいては雨の心配はないようである。

 車からロードバイクを降ろしてセットアップした。例年通り乗鞍岳の麓のコースを足慣らし的に走った。標高が高いので空気感は実に爽やかであった。

 いつもの背骨をゆるやかに湾曲させるフォームではなく、なるべく背骨を直線状態に保つフォームで走った。

 ゆったりとしたペースで走る限りにおいては、腕や肩に少々負荷がいつもよりもかかる以外には大きなデメリットはないように感じた。

 確かにこのフォームの方が、背筋や腰には負担がかからないように感じられた。見た目的には初心者っぽくてかっこいいとは言えないフォームであるが、現状では「背に腹はかえられない」ので、明日の本番もこの変則フォームで挑戦する予定である。

 もしも、途中でここ最近のヒルクライムライド同様に左腰に痛みが出たならば、その時はあきらめるしかないであろう。

 痛みに強いタイプのローディーもいるはずであるが、私は痛みに滅法弱いタイプである。痛みが出ると心の糸は「プチッ!」と音を発てて切れてしまう。

 一旦心の糸が切れてしまうと、それを修復して再度ペースを上げるということは、まずできない。

 足慣らし的なライドを終えてから、前日受付を済ませた。その後幾つかのメーカーのブースを見て回った。

 目は真新しい製品を眺めていたが、その視線はうわべをなぞるだけで、心はここにあらずといった感じであった。

 「変則フォームが上手くいく可能性は低い・・・痛みが出た後は辛い行程が残っているだけである・・・」そういったマイナスイメージが心の大半を占めてしまう。

 そういったマイナスイメージを大きく吐き出す息と共に、心の中から追い出せればいいのであるが・・・

 不安が心の大半を占めると、呼吸が浅くなる。ブースの間を彷徨うように歩きながら、深呼吸を何度か繰り返した。「明日は明日の風が吹くだ・・・」と、力なく心の中で呟いた。 

クリックすると元のサイズで表示します

2019/8/23

4912:鍼灸  

 明日は乗鞍へ向けて出発する。私は同じ東大和市に住むチームメンバーの車に乗せてもらう予定である。

 ピックアップの時間は朝の5時半である。とても早い。一旦集合場所であるバイクルプラザに集合してから皆揃って出発する。

 今回は15名が参戦する予定である。チームメンバーは6台の車に分乗して、現地入りする。現地では足慣らし的に少し走る予定である。その後受付を済ませ、ブースなどを見て回る。そしてその翌日の日曜日が本番である。

 昨年はとても良い天気であった。天気予報によると今年も今のところ雨の心配はなさそうである。ほっと一安心である。

 6月に参加したMt.富士ヒルクライムでは冷たい雨に降られた。上っている時は体が発熱するのでまだよかったが、上り終えた後とても寒く大変であった。

 今日は夕方の5時に杉並区のPro.Fitにお邪魔した。そして1時間半、鍼灸を併用した整体の施術を受けた。

 今日は腰の調整に集中した。明らかに左側が詰った感じになっていて、左側の股関節や臀部、腰や背筋が固まっていた。それを鍼を活用しながらほぐしてもらった。

 今までのヒルクライムは全て左側に痛みが出た。体に強めの負荷をかけてヒルクライムを続けていると、左側の背筋が強張ってきて筋肉の柔軟性がどんどん失われていく。やがて痛みが出るというパターンであった。

 あさっての本番のレースでも同じパターンに陥る可能性はとても高い。この前の日曜日、風張峠の9kmのヒルクライムでは、半分も走りきらないうちに痛みが出た。

 「マウンテンサイクリングin乗鞍」は20.5kmを走ることになる。平均斜度は6.1%である。現状の腰の状態では痛みが出ることなく上り切るのは至難の業である。

 なので、今年の乗鞍はいつもとは違う。どのように気持ちを持っていくべきか、少々迷っている。 

2019/8/22

4911:FM雑誌  

 所沢市にある顧問先の会社を訪問した後、車をふじみ野市に向かわせた。車のトランクにはMarantz Model7が乗せられていた。

 先日、グールドさん経由でブリッジドさんから譲り受けたウェスタンエレクトリックのコンデンサーへの交換作業を「響工房」に依頼するのが、その目的であった。

 ウェスタンエレクトリック402Cコンデンサーは茶色で、長方形である。オリジナルのコンデンサーである0.01uFのバンブルビーと比べると大きさが全然違う。402Cコンデンサーの方が大きいのである。そのため、取り付けには物理的な困難が伴う。

 工房の前には車が1台停められる空間がある。そこに車を滑り込ませた。そして、Marantz Model7を慎重に降ろして、工房内に持ち込んだ。

 要件はメールで事前に通知してあった。「響工房」の作業室の中には修理を待っているオーディオ機器が所狭しと並んでいた。

 早速、工房の作業台にMarantz Model7が置かれた。裏面の蓋が外されて交換予定の0.01uFのコンデンサーを確認した。

 4個の小さなカラーコードの入ったコンデンサーが横に並んでいる。とても小さなコンデンサーであるが、音に対する影響度は大きい。

 Marantz Model7に関してはいろんな流儀がある。

 「オリジナル原理主義」・・・オリジナルがベスト。コンデンサー類もオリジナルのバンブルビーでないといけいないと主張する。

 「高性能切替主義」・・・50年以上も前の古い製品ではなく、性能が良い現行型のコンデンサーに交換すべきとする。

 「穏便主義」・・・オリジナルの部品は程度の良いものを入手するのが難しく入手できても高価であるので、オリジナルに準じたコンデンサーで交換する。

 等々、それぞれの主張があるが、どの流儀に従うのか・・・それぞれModel7のオーナーが選択すべきものである。

 「響工房」の井村さんは、402Cのコンデンサーを取り換え位置に置いてみて、苦笑いしていた。

 「どうにか設置できるかな・・・」と独り言のように言いながら、そのコンデンサーの向きを何度か変えて、物理的に納める方法を考慮されているようであった。

 その後、アイスコーヒーを飲みながら、しばしの談笑タイムを過ごした。何かのきっかけで80年代ごろまで刊行されていたFM雑誌のことについて話題が及んだ。

 「ありましたねFM雑誌・・・最盛期には三誌ぐらい出てましたよね・・・FMレコパル、週間FM、FMファンだったかな・・・FMの番組表が後ろについていて、オーディオ機器の情報も結構載っていましたよね・・・」

 そんなことを話した。FM雑誌が書店から姿を消してもうどれくらい経つのであろうか・・・20年以上であろうか・・・もっと前のことであろうか・・・

 アイスコーヒーを飲み終えて「響工房」を後にした。交換作業が終われば連絡をくれるとのことなので、また近いうちにここにお邪魔することになるであろう。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ