2019/7/31

4889:異音  

 7月最後の日、気温はここ数日と同様ぐんと上がった。湿度も高いので不快指数は最高潮である。外を歩いていると身の危険を感じるほどである。

 夕方になっても相変わらず不快指数は高いままであった。夏バテ気味で疲れていたので、早めに仕事を切り上げて、自宅へ車で向かうことにした。

 この時期、車に乗り込む時は気合を入れないといけない。事務所の駐車場は屋根がない。昼間の間は陽光に熱せられ続けていた。

 ドアを開けて乗り込むと、サウナの中に入ったかのような暑さであった。エンジンをかけて、エアコンをONにして、その風量を最大にした。

 ハンドルも熱せられていたので、手で握るのではなく、指先でハンドルを押さえながら運転を開始した。

 途中まで異様な暑さ以外は何もなく進んだ。異変が起きたのは、国分寺市を出て小平市に入った頃合いであった。

 車の後方からなにかしら異音が出ているような気がした。エアコンを強めにかけてウィンドウは締め切っていたので、車外の音は耳に入りづらい状況であた。その音はかすかに届いた。

 「なにか音がするな・・・」

 そう思い、ウィンドウを少し開けた。すると金属を擦るような音がしていた。その音は明らかにタイヤの回転に応じて大きくなたり小さくなったりしていた。

 「何だろう・・・ブレーキの不具合であろうか・・・」

 異音はするが、走行感覚には特別な違和感がなかった。走行には支障がないようであるが、この音はいただけない。

 「ディーラーに寄ろう・・・」

 そう思い、東大和市にあるBMWのディーラーに向かうことにした。BMW 523iは納車されてからもうすぐ3年になろうとしている。その間マイナートラブルはなかった。走行距離は57,000kmほどである。

 ディーラーに着くまでその異音は止むことがなかった。まったく気に障る音である。ようやくディーラーの駐車場に車を停めることができた。

 建物の中から出てきた営業マンに状況を伝えた。サービス担当のスタッフが出てきて、車を駐車場内で少し動かしてみて、その音の具合を確認した。

 「では、ピットに入れて見てみますので、しばらくお待ちください・・・」

 とのことであったので、建物の中に入り、テーブル席でくつろいだ。サービスで出されたアイスコーヒーを口にしながら、しばし涼しい空気のなかで過ごした。

 BMWのディーラーの展示車は一定の法則で展示されている。建物が接している車線を通る車に対して正面を向けるかたちで設置されるのである。

 4台の展示車が展示されていた。その中でひときわ目立っていたのが、つい最近マイナーチェンジされた7シリーズであった。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ