2019/7/11

4869:INコース  

 今年の梅雨は梅雨らしい梅雨である。連日灰色の雲が空を覆い続けている。今朝も同様であった。

 しかし、天気予報によると午前中は雨が降らないとのことであった。雨が降り出すとしても午後3時以降で、また降ったとしても弱い雨とのことであった。

 「雨には降られずに済みそうだ・・・」そう思いながら、BMW523iの荷室にキャディーバッグを詰め込んで、7時半に自宅を出た。

 集合時間は8時45分である。東京バーディークラブには車で1時間ほどで着く。ロードバイクで山伏峠に向かう際に通るルートを車で走っていった。ゴルフ場には予定通り1時間ほど着いた。

 今日は5組のゴルフコンペであった。随分と久しぶりのゴルフである。昨日は練習場で100球程打った。さらに今日はスタート時間までに多少余裕があったので、ゴルフ場内の練習場で25球試打した。「まあ、こんなものかな・・・」といった感じで悪い感覚はなかった。

 練習グリーンでもパッティングの具合を確認した。グリーンは予想以上に速かった。スティンプメーターは10フィート程とのことである。

 これだけ速いと下りでは相当神経を使うことになるであろう。パッティング練習を終えてから、乗用カートに乗ってINコースのスタート地点に向かった。

 10番ホールは、347ヤードのミドルホールである。朝一のティーショットは少し擦り玉であった。右に出てさらに右に曲がった。

 ボールは右の受け斜面で止まった。2打目は急なつま先上がりであったので無理をせずフェアウェイに戻した。結局スタートホールは3オン2パットのボギーであった。

 無難な立ち上がりであった。11番もボギーでやり過ごし、続く12番は379ヤードのミドルホールであった。ティーショットはナイスショットであった。

 残り距離は135ヤード。9番アイアンで放った第2打は珍しくグリーンを捉えた。ここから2パットでパーを取った。

 「今日はいけるかな・・・」と思ってしまったのがいけなかったのか、続く13番のロングホールでは、第2打と第3打でとんでもないミスショットを連発してトリプルボギーを打ってしまった。12番のパーが台無しになってしまった。

クリックすると元のサイズで表示します

 その後、パーを一つ取ったがダブルボギーも二つ叩き、前半のINコースのスコアは「47」であった。

 東京バーディークラブは、月一ゴルファーには手ごわい相手である。「47ならまずまずかな・・・」と思いながらクラブハウスへ向かった。

 昼食には「三元豚のカルビ焼き定食」を選択した。後半のスタート時間は1時ちょうどであった。休憩時間は1時間とたっぷりめであった。  



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ