2019/6/30

4858:メッツァビレッジ  

 朝の5時にトイレに起き出した。窓の外を様子を窺うと、雨が降る音がしっかりと聞こえてきた。「やはり、雨か・・・今日のロングライドは中止かな・・・」そんなことを思いながら、トイレを済ませた。そして、また「ベッドの人」となった。

 朝の6時に再度目覚めた。ベッド脇のサイドテーブルの上で充電されていたスマホを右手で取って、Twitterを立ち上げた。

 そこには「本日のロングは天候不良のため中止です。」とのリーダーからのメッセージが載っていた。

 先週は腰の具合が悪くチームのロングライドには参加しなかった。そして今日は梅雨空に遮られて、ロングライドは中止となった。これで2週連続で走れないことになる。

 「雨には勝てないからな・・・今日はのんびりするか・・・」ということで、今日の午前中はレコードなどを聴いて、ゆったりとした時間を過ごした。

 そして、昼前に下の娘を連れて、今年の3月に飯能市の宮沢湖畔にできた「ムーミンバレーパーク」に行くことにした。

 「ムーミンバレーパーク」は「メッツァビレッジ」と名付けられた商業施設の一角にある。「メッツァビレッジ」に入るだけであれば無料である。ここには雑貨店や飲食店が並んでいる。施設は湖畔エリアに点在し、全体として北欧の雰囲気で統一されていて、思っていたよりも雰囲気が良い。宮沢湖とその周囲の緑が綺麗で、一瞬ではあるが本当に北欧のどこかの国の湖畔にいるかのような気にさせてくれる。

 ただし、駐車場代は土日は30分で500円。限度額は3,000円である。施設内で買い物をしても割引はない。それがとても残念である。

 「ムーミンバレーパーク」に入るには、大人1人当たり1,500円の入園料がいる。チケットを購入して中に入った。

 一通り見て回った。「こんなものでしょう・・・」という感想であった。下の娘も特にムーミンマニアというわけでもないので、さらっと過ごしていた。

 ここは小さな子供がいる家族にとってはかなり良いところであろう。二人の会話の中でも「十数年前なら、キャッキャッ騒いでいただろうね・・・」という言葉が何度か交わされた。

 それほど広くないので、一回りするのにさほどの時間は要さなかった。「メッツァビレッジ」に戻って、レストランに入った。

 北欧風の料理を一式頼んで、宮沢湖を望めるテラス席でゆっくりと食した。雨はすっかりと止んでいた。太陽も時折顔を覗かせていた。湖からは緩やかな風が流れ込んでいて、爽やかであった。

 湖を眺めながらのテラス席での食事はとても良いものであった。大人はあえて「ムーミンバレーパーク」には行かずに、「メッツァビレッジ」のレストランで食事するだけでいいような印象であった。

 残念なのは駐車料の設定であろう。約2時間半の滞在で2,500円もの駐車料を取られた。「ここは飯能市だよな・・・施設内でお金を使っても割引がないのは納得いかないな・・・」と思いながらその駐車場を出た。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ