2019/6/6

4834:施術  

 2ケ月に1回の割合で、整体の施術を受けている。しかし、ヒルクライムレースの直前には、定期施術とは別に、レースに備えて整体を受ける。

 Mt.富士ヒルクライムまであと3日となった今日、仕事を早めに切り上げて杉並区の「Pro.Fit」に向かった。特に痛みなどの症状が出ているわけではなかったが、腰回りが重い感触があった。

 「Pro.Fit」はチューバホーンさんが経営されている整体院である。自宅1階の1室が施術室になっている。

 施術の時間は1時間半。鍼も活用した整体を受けると、腰回りの重さも消え、かなり堅くなっていたようである股関節の動きもスムースになった。

 さらに背筋がすっと伸びて、両腕も途中で引っ掛かりがなく高く上がるようになった。これで、体の調整も終わったので、後は本番でしっかりと走り切るだけである。

 Mt.富士ヒルクライムでの直近3年間のタイムは、2016年が1時間23分42秒、2017年が1時間24分12秒、そして昨年2018年が1時間22分59秒であった。

 ベストタイムは、昨年の1時間22分59秒である。このタイムを切ることが目標である。しかし、年齢を考えると、その目標は決して容易ではない。

 「1日置き作戦」と名付けて、ほぼ2日に1回の割合でジムでのトレーニングを始めてから7年ほどの年月が経過した。その間風邪などで寝込んだ時以外は継続してきた。

 特に追い込んだトレーニングをするわけではなく、ジムのエアロバイクで1時間ほどペダルを回し続けるだけである。1時間が経過すると汗びっしょりになる。

 ジムのエアロバイクには大きな画面が付いていて、心拍数やケイデンスなどが表示される。インターネットにも接続されているので、YouTubeの動画を見ながら汗を流す。

 最近はZwiftに連携するスマートトレーナーを購入したので、週3回のトレーニングのうち1回か2回はZwiftのトレーニングに切り替えた。

 レースが近い時期は、トレーニング時間を延ばすので、ジムにのみ行っている。1時間半ほどの時間クランクを漕ぎ続けるので、Zwiftだと腰に負担がかかる。

 その点、ジムのエアロバイクは前傾姿勢を取らないので腰が楽である。Youtubeの動画はMt.富士ヒルルクライムの参加者が投稿した動画である。1時間20分から1時間30分ほどのタイムのものを選択する。

 その中には、短い時間だけど私が映っているものを見つけることがある。「見覚えのあるバイクルジャージだ・・・あれ、これは私か・・・」という感じで、そのやや猫背気味のフォームの背中を見るのである。

 「去年の私だ・・・」なんだか、懐かしいような照れ臭いような複雑な感情でその背中をしばし見ていると、やがて画面から消えていってしまう。

 1時間半の整体の施術を終えると、最終チェックを受けた。まっすぐに立って、体全体のバランスが整っているか確認してもらった。「大丈夫です・・・」と太鼓判をもらった。

 施術後は、オーディオタイムである。チューバホーンさんのリスニングルームは2階にある。会計を済ませてから、その2階へ向かった。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ