2019/5/30

4827:JBL 4333  

 Mさんのリスニングルームを訪れるのは何年ぶりであろうか・・・確か5年か6年ぶりのことである。随分と久しぶりに訪れたMさんのリスニングルームでは、スピーカー以外のオーディオ機器がすっかりと変わっていた。

 杉並区に住むAさんのお宅まで車で向かい、Aさんをピックアップして同じ区内に住まわれているMさんのお宅に向かった。

 Mさんのご自宅は環七に面している。すぐそばのコインパーキングに車を停めた。23区内のコインパーキングはスペース的に余裕のないところが多い。車を何度も切り返してその窮屈なスペースに車を収めた。

 Aさんと共にMさんのお宅を訪問すると、すぐに地下室であるリスニングルームに案内してもらった。約20畳程ある広い部屋である。

 壁には作り付けのレコード棚があり、数千枚のレコードが綺麗に並べられていた。この部屋の主であるスピーカーは、JBL 4333である。

 JBL 4333は、3ウェイのスタジオモニタースピーカーである。グレー仕上げのその佇まいはプロユースのスタジオモニターらしいカチッとした質感である。

 その4333以外のオーディオ機器が全て変わっていた。以前はプリアンプやパワーアンプは工藤アンプであった。しかし、アンプの具合が相次いで悪くなっても、アンプの製作者である工藤氏が体調を崩しているため、メンテナンスが全く依頼できない状況であった。

 工藤アンプは、清廉な質感の見た目と音質が特徴的であった。塵ひとつない清潔感溢れる音の質感は独自の魅力を持っていた。

 その工藤アンプに替わって、JBL 4333を駆動するのは、市野アンプであった。アンプの製作者である市野氏は、チェコスロバキアのステラ製の古いスピーカーを愛用されていて、そのスピーカーをご自身が製造されたアンプで鳴らされている。

クリックすると元のサイズで表示します

 パワーアンプはモノラル構成で、オーソドックスな造形であった。出力管はPX25。古い時代から製造されている直熱三極管である。

 人気も高く、程度の良いヴィンテージ管であればペアで20万ほどの価格が付くこともある。大型で格好の良い球で、見ていると威圧感すら感じる。

クリックすると元のサイズで表示します

 送り出しであるレコードプレーヤーも新調されていた。前回お伺いした時はトーレンス製のものであったが、こちらもアンプの製作者である市野氏が製作されたレコードプレーヤーであった。

 キャビネットは贅沢に天然木を使った頑丈なものであり、モーターは本体とは別躯体になっていて、細い糸によりドライブされている。

 それらは2台のYAHAMA GTラックの上に置かれていた。アームはIKEDA、カートリッジはBenz Microである。

 音の出口以外はすっかりと変わったMさんのオーディオシステム・・・音の印象がどのように変わったのか・・・とても興味深いところであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ