2019/5/27

4824:夏空  

 コンビニ休憩を切り上げて、リスタートした。国道16号をほんの少し走ってから睦橋通りに入った。睦橋通りは片側2車線の広い道である。

 日影は少ないので陽光を全身に浴びながら進んだ。この時期の陽光は本来であればもう少し穏やかなものであるが、今日は夏を思わせるそれであり、体力を奪う大きな要因になり得るものであった。

 赤信号で何度もストップアンドゴーを繰り返しながら、睦橋通りを走っていると、反対側からチームメンバーが走ってきた。

 午後予定があるため朝早く「都民の森」を目指して走り始め、ゴールした後の帰り道のようであった。手を振ってすれ違った。

 今日はローディーが多かった。その多くが「都民の森」を目指していた。そういったローディーとくっついたり離れたりしながら進み、武蔵五日市駅の手前を左折して檜原街道に入った。

 市街地を抜けると道の両側を木々が鬱蒼と覆う「陰地」に入っていった。「陰地」は涼しい。空気感がとてもすっとしている。思わず「気持ち良い・・・!」という声がチームメンバーの口々に上がった。

クリックすると元のサイズで表示します

 今日のように気温が高いと、睦橋通りと檜原街道は好対照となる。睦橋通りは暑く、檜原街道は涼しい。

 檜原街道をどんどんと進んで行き、「山の店」がある駐車場に着いた。ここにある公衆トイレは最近建替えられて、総ヒノキ造りの高級感あるものになった。

 その手前にはサイクルラックも設置された。それは嬉しいのであるが、私のLOOK 785 HUEZ RSには高さが足りず、サイクルラックにロードバイクをかける際にはちょっと手こずる。 

クリックすると元のサイズで表示します

 ここで一息入れた後、「数馬」までは隊列をキープしながら走り、「数馬」で再度一息入れてから、「都民の森」まで走る。「数馬」から先はフリー走行ゾーンとなる。

 「山の店」の自販機で清涼飲料を購入して飲んだ。空を見上げると青い空がまぶしかった。梅雨入り前の5月とは思えない空の色合いであった。「夏空」そのものであった。

 リスタートして「数馬」を目指した。檜原村役場の前を通りすぎて「橘橋」のT字路交差点を左折した。

 この交差点の手前では数名のローディーが休んでいた。ここから「都民の森」までの21kmをタイムトライアルするようであった。60分を切るとまずまずの健脚の持ち主ということになる。

 我々はほぼ一定のペースで上り基調の道を進んだ。先頭交代を繰り返しながら進んでいったが、いつもよりペースは速めであった。

 心拍数も徐々に上がってきて160を超えてきた。「少し速すぎないかな・・・数馬からはバトルモードで走るから、脚を残しておきたい・・・」と不安になった。

 バトルモードになると心拍数は170を超える。厳しい負荷が心肺や脚を傷めつける。余力がないと、ペースを上げることは難しい。

 ようやく「数馬」に着いた。ここで一息を入れた。季節外れの暑さと速めのペースのダブルパンチをくらい、足元が少しふらふらした。

 私は気温の変化に弱いタイプである。寒さにも弱く、暑さにも弱い。昨年の夏の猛暑では2度ほど軽い熱中症になった。

 今日もこの暑さに少しぐったりしてしまった。木陰で少し涼んでから、「都民の森」を目指して最後の行程を走り始めた。序盤はゆったりとしたペースで走り始めた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ