2019/5/12

4809:ニーウォーマー  

 Mt.富士ヒルクライムが近づいてきた。本番は6月9日であるので、残り1ヶ月を切った。来週の日曜日には富士スバルラインをチームで試走する予定も入っている。いよいよヒルクライムシーズンが始まる。

 現在の調子は決して良いわけではないので、これから週1回のロングライドや週3回のトレーニングの強度を上げていかないといけない。

 昨日の土曜日は最高気温が25度を超える夏日になったところが多かったようである。今日も昨日ほどではないが、昼には気温が上がり最高気温の予報は23度とのことであった。

 サイクルウェアは夏仕様のものを選択した。ニーウォーマーをどうしようか少し悩んだ。「なくても大丈夫かな・・・」と一旦決めた。朝の7時にLOOK785に跨って走り出したが、すぐさまUターンした。自宅に戻って急いでニーウィーマーを装着した。

 朝のうちは曇っていて肌寒かった。さらにサイクルウェアの背面ポケットからウィンドブレーカーも取り出して着用した。

 多摩湖サイクリングロードを駆け抜けていって、集合場所であるバイクルプラザに到着すると、もうすでに暑くなった。ウィンドブレーカーを脱いだ。

 今日の目的地は定番コースである「正丸峠」に決まった。兄弟チームである「ミツイキサイクルチーム」も正丸峠が目的地であるようで、ゴール地点で合流できる可能性があった。

 今日の参加者は9名であった。そのロードバイクの内訳はORBEAが3台、COLNAGOが3台、LOOKが2台、そしてKuotaが1台であった。

 9台のロードバイクは一列となって走り慣れた道を走っていった。多摩湖サイクリングロード、旧青梅街道、岩蔵街道と、先頭交代を繰り返しながら走った。

 気温はちょうど良い感じで、体をすり抜けていく風が心地よかった。岩倉温泉郷を抜けていき、小曽木街道に突き当たって一旦右折した。すぐ先を左折してのどかな集落のなかを通る道を走った。

 途中で「陰地」を通る。ここは陽の光が当たらない。夏はひんやりとした空気がありがたい。今日は夏ほどではないが、そのありがたみを少しばかり感じながら走り過ぎた。

クリックすると元のサイズで表示します

 いつも休憩するファミリーマート飯能上畑店に着いた。ここは店の前にサイクっラックが置かれている。

 そのサイクルラックはみるみる満杯になっていった。店内に入って補給食を購入した。選んだのは「トルティーヤ ハム&チーズ」と「ファミコロ」である。これを胃袋の中に素早く納めた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ