2019/5/8

4805:3分の1  

 「都民の森」は大賑わいであった。駐車場はほぼ満杯で、売店の脇に用意されているサイクルラックには、ロードバイクが鈴なりになっていた。

 ここで一息いれながら、今日の昼食休憩をどうするか話し合った。時間がない時には、拝島駅近くのコンビニまで一気に走っていき、そこで昼食休憩を取る。

 今日はペースが全体として速めで、時間的な余裕があったので、「数馬の湯」に立ち寄って、その中にある「レストラン とちの実」で昼食休憩を取ることになった。

 9台のロードバイクは隊列を形成し直して下っていった。下りは重力に任せて走っていくのでスピードがかなり出る。ロードバイクに乗り慣れていないと、そのスピードに恐怖心を感じることが多い。

 超強力な心肺機能を有する陸上部高校2年生は、上りではその心肺機能を活かしてぐいぐいとハイスピードで駆けあがっていき、おじさんローディーをおいてけぼりにするが、下りではスピードを出すことができずに、遅れてしまう。

 先頭を引くメンバーは、時折後ろを振り返りながらスピードを調整して、その間隔があまり開かないようにしながら下っていった。

 ほどなく「数馬の湯」に到着した。入り口の手前にサイクルラックがある。そこにロードバイクを立てかけて建物の中に入った。
 
 まだ12時前であったので、「レストラン とちの実」は空いていた。待たずに入ることができた。ここは食券制であるので、まずは頼むメニューを決めなければならない。

 「舞茸天丼」が定番メニューであるが、みとう団子を食べたばかりであったので、それよりもサイズが小さい「ミニ舞茸天丼」を選択した。「ミニ」と付いているが、普通の天丼並みのボリュームはある。

 談笑しながらの食事は楽しいものである。風張峠のヒルクライムを終えたので、もう厳しい上りはない。それゆえ気持ちが楽である。

 まったりとした時間を過ごした。お腹もいっぱいになり、この後昼寝する時間でもあれば、春爛漫の「天国タイム」を過ごせたが、そういう訳にもいかず、またロードバイクに跨った。

 さらに下った。トレインは下りではペースを緩め、平坦路ではペースを速めた。「橘橋」の交差点を右折して、武蔵五日市駅へ向けて走った。

クリックすると元のサイズで表示します

 気温は予報通り上がった。朝早いうちは少し肌寒いくらいであったが、昼には暑く感じた。もうすぐニーウォーマーもいらなり、半袖のサイクルジャージにレーサーパンツという軽装で走れるようになるであろう。

 季節は春から初夏に変わっていくことろである。年を取ると1年が本当に早い。気が付けば2019年も3分の1が経過した。

 3分の1のうちにはいろんなことがあったはずであるが、過ぎ去ってみると「あっちゅうま・・」である。

 今日ゲスト参加した高校2年生にとっては、この1年の3分の1はどのくらいのスピード感で過ぎ去っていったのであろうか・・・おじさん連中が感じているであろうスピード感よりもはるかにゆっくりなものであるのは確かであろう・・・感覚的には3分の1くらいであろうか・・・

 残りの帰路もハイスピードでこなした。自宅に帰り着いて、サイコンの走行距離を確認すると136kmであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ