2019/2/28

4734:五年  

 ロングライドを終えて、自宅にたどり着いたのは、午後2時過ぎであった。3時に来客の予定があったので、手早くシャワーを浴びた。

 今日はshanshanさんが、我が家に来てくれる予定であった。shanshanさんからは、Marantz Model2を修理に出していた期間、QUADUと同じ回路を使用したパワーアンプをお借りしていた。

 QUADUは我が家でも使用していた。TANNOY GRFがリスニングルームにやってくる前、同じTANNOYのCHATSWORTHを数年間使っていた。このCHATSWORTHを鳴らしていたのが、QUADUであった。

 パワーアンプとしてはコンパクトな躯体であるQUADUはイギリス的な音世界をじんわりと届けてくれる優れたパワーアンプであった。

 そのQUADUと同じ回路を使っているので、やはり出てくる音の質感も似ていた。出力管はQUADUのKT66と違い、6L6が装着されていたが、KT66も装着できるとのことであった。

 そのパワーアンプを返却するついでに、shanshanさんがサブシステム用に導入予定であったスキャンスピーク製の高級ユニットを使用したスピーカーを聴かせてもらおうと打診したが、スピーカーの完成が遅れているとのことで、逆にアンプを取りに行くので久しぶりにGRFを聴かせて下さいとのことになったのである。

 我が家のTANNOY GRFは導入してから5年近くが経過した。導入当初はLEAKのアンプで鳴らしていたが、その後MarantzのModel7とModel2に切り替えた。

 そのMarantzのアンプがなかなか安定せずに、不在期間が長かった。ようやく最近落ち着いてきたようである。

 さらに、ケーブル類もほぼすべてをヴィンテージケーブルに換えた。アンプの状態が安定しケーブルが古い時代のものに変わったことによって、TANNOY GRFはようやくその本来の姿を現し始めたようである。

 2時間ほどの時間、珈琲を飲みながらの談笑タイムを交えて、shanshanさんにTANNOY GRFを聴いてもらった。

 モニターシルバーが装着されたGRFは1950年代の製造である。私よりも年上であるGRFはその年齢にふさわしい風貌の音を奏でてくれているようである。

 shanshanさんにも比較的好評であった。「ようやくGRFらしくなった・・・」「これで落ち着いてオーディオが楽しめますね・・・」と評されていた。

 今後スピーカーとアンプが変更される可能性はない。さらに送り出しのORACLEもそのデザインの素晴らしさから別のものに変える可能性は極めて低い。ケーブルもジャーマンヴィンテージのものに揃えて落ち着いた。

 「5年経って、随分と落ち着いたな・・・」と思った。「石の上にも三年」という諺があるが、我が家では「石の上にも五年」と言い換える必要があるのかもしれない・・・



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ