2019/1/6

4681:5000  

 「Nウォームは暖かい〜」とのテレビCMにつられて、Nウォームの毛布と敷パッドを購入してからというもの、真冬の時期のベッドの中の天国度はぐっと上がってほぼ100%となった。

 そのヌクヌクの密閉空間から朝早く抜け出すのは、この時期かなりの決心がいる。「えいや・・!」と気合を入れて、その天国を後にした。

 今日は年が明けて初めてのロングライドである。数日前の天気予報ではあまり良い予報ではなかったが、昨日観たテレビの天気予報ではすっかりと改善されていた。

 「はやく起きた朝は・・・」を観ながら、サイクルウェアに着替えて、軽めの朝食を摂った。そして、7時になったところで、サイクルシューズを履き、サングラス、ヘルメット、冬用グローブを装着して、LOOK 785 HUEZ RSに跨った。

 HUEZ RSには新年らしく、新たなタイヤが組み込まれていた。それは「コンチネンタル グランプリ5000」である。

 今までは「コンチネンタル グランプリ4000SU」を使っていた。5000は4000SUの後継モデルである。

 「乗り味はどう変わったのか・・・同じメーカーの後継モデルだからそれほどの違いはないかな・・・」という事前予測は漕ぎ始めて数分で覆された。

クリックすると元のサイズで表示します

 「乗り味が良い・・・」すぐにそれは体感できた。少し前にピレリ P ZEROを装着したチームメンバーのロードバイクに乗せてもらった時にその滑らかな乗り味に感心したが、その乗り味に近いものを感じた。

 路面状態が悪いところを走ってもゴロゴロ感がなく、路面状態の良い道では本当に滑るような走行感である。

 「これで、耐パンク性能が20%向上したのであれば、鬼に金棒的なタイヤだな・・・」と思いながら、集合場所であるバイクルプラザに向かった。

 真冬の空気の中を走っていくと、指先が凍えてくる。さらにシューズカバーをしていても足の指先も凍える。

 バイクルプラザに到着してメンバーに新年の挨拶をした。今日の参加者は8名であった。そのロードバイクの内訳は、ORBEAが3台、COLNAGOが2台、RIDLEY、Kuota、LOOKが1台ずつであった。 



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ