2018/12/19

4663:イートイン  

 パン三つとコーヒー牛乳を手にもって、店内のイートインスペースに移動した。珍しくガラガラだったので、メンバー全員は建物の中のイートインスペースに座れた。

 早速、三つのパンに取り掛かった。まずは「シロクマアンパン」。餡と一緒にパンの中には求肥が入っている。すべてがもちっとした食感で思わず頬が緩む。

 次は「ごぼうパン」。こちらは「パン工房 シロクマ」の一番人気のパンである。見た目的には派手さはないが、味のバランスが素晴らしい。食感もごぼうのしゃきっとした感じとパンのもちもち感が上手にマッチングしている。

 最後は「カレーパン」。焼き立てであるので、カレーが熱い。口の中を火傷しないように注意しながら少しずつ口に入れた。カレーは濃厚で深い味わい。

 そんな感じでパンを食していると、店の前の道には次から次にローディーの姿が・・・いつの間にか入りきれないほどの数のローディーが店の前に集まっていた。

 「パン工房 シロクマ」のパンを堪能して、帰路についた。ヒルクライムがないので、穏やかな気持ちで走っていった。

 往路を忠実になぞる形で、帰路を走った。埼玉県の幾つかの町と市を通り抜けていって、やがて所沢市まで戻ってきた。

 「狭山湖入口」の交差点まできて、この交差点を右折した。しばらく坂道を上っていってから、道を横断して狭山湖の堤防に向かった。

クリックすると元のサイズで表示します

 天気が晴れやかで、狭山湖には陽光が降りそそいでいた。とても気持ちの良い景色が広がっていたので、堤防の真ん中で小休憩をした。

クリックすると元のサイズで表示します

 LOOK 785 HUEZ RSを堤防の柵に立てかけて記念撮影をした。冬の陽光はありがたい。亀が甲羅干しをする時のように、全身に陽光を浴びながら、しばしの談笑タイムを過ごした。

 狭山湖を後にして、今度は多摩湖に向かった。多摩湖サイクリングロードを少し走って、多摩湖の堤防に着いた。

 ここまで来ると、私の自宅はすぐそこである。多摩湖の堤防はいつも通りのどかであった。風もなく天気が良かったので、散歩をしている人が多く歩いていた。

 堤防を渡り終えると、私はチームメンバーと別れて自宅へ向かった。ヒルクライムのないロングライドはのんびりと優雅な感じのライドであった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ