2018/5/23

4453:下り  

 補給食で胃袋を満たした。5合目でしばし休憩をしたが、時間の経過とともに防寒着を着ていても寒くなり始めてきた。

 陽光が寒さを和らげてくれているので、当初思っていたほどの寒さではなかったが、気温はかなり低いようであった。

 下りでは風を強く受けるので、さらに体感気温が下がる。昨年の試走会の時には気温が高く、下りでもそれほどの寒さを感じなかったが、今日はそういうわけにはいきそうもなかった。

 公衆トイレでトイレを済ませてから、隊列を形成して下り始めた。やはり寒かった。強烈に冷たい風を体に受けるので、筋肉が強張った。

 さらに下っていくと、強烈な向かい風も加わり始めた。その風は時折斜めから吹き付けてくる。高速で下っていくと、ハンドルが左右にぐらぐらして、恐怖をもたらす。

 「これは・・・怖い・・・このスピードで落車すると、大変なことになる・・・」

 そう思って、ブレーキの介入頻度を上げて、極力安全な範囲にスピードが収まるようにコントロールした。

 数年前に柳沢峠の長い下りの途中で落車したことがある。その時も風が冷たく筋肉が強張り、強烈な向かい風でハンドルが揺れて不安定になっていた。

 スピードが出ていたので、派手に落車した。落車の衝撃でロードバイクが数メートル飛んでいったほどであった。

 幸いかすり傷と打撲程度の怪我で済んだが、その時のことはやはりトラウマとして心の奥底に残っている。

 「この風止まないかな・・・」

 そんなことを思いながら下っていった。途中「樹海台駐車場」で休憩を入れた。ここで寒さと強風で強張った筋肉を少し休ませた。見晴らしの良いところで、眼下には河口湖が見えていた。 
クリックすると元のサイズで表示します

 しばしの休息の後、さらに下っていった。やはり風が強く、急に斜めに吹くとハンドルが取られてひやっとする。

 しかし、標高が下がってくるにしたがって、気温が上がってきて、筋肉の強張りが和らいできた。

 そして、ようやく料金所を通り過ぎ、さらに下っていって北麓駐車場にたどり着いた。チームメンバーはこれから、日帰り温泉施設である「紅富士の湯」に行って疲れた体を癒す。

 しかし、私は家族サービスの約束があったので、なるべく早く家に帰りつく必要があった。そのため、サイクルウェアを着替えることもなく、Kuota Khanを車の荷室に詰め込んで、サイクルシューズをスニーカーに履き替えて、すぐに車を発進させた。

 チームメンバーに挨拶をして、駐車場を出た。早めに帰路につけたので、中央道の小仏トンネルの手前の渋滞も大したことなく、予定通りの時間に家に帰りつくことができた。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ