2018/4/16

4416;余興  

 サンフラワーさんをお招きしてのオーディオOFF会の後はちょっとした余興を用意していた。それれは、とあるユニークな車の試乗であった。

 私もサンフラワーさんも車好きである。サンフラワーさんはMercedes-BenzのEクラスに、私はBMWの5シリーズに普段乗っている。お互いしっかりと芯のある乗り味のドイツ車が好みである。

 実は事務所の営業車として使っているフォルクスワーゲン ポロが今年の7月に3回目の車検を迎える。納車から7年が経とうとしているので、買換えを検討していた。
 
 その買換え候補として今までに試乗してきたのは、一つ上のCセグメントでは、フォルクスワーゲン ゴルフ、ルノー メガーヌ、ホンダ シビックである。同じBセグメントでは、新型ポロとシトロエン C3を試した。

 どれも優れた車であった。「順当にいくならやはり新型ポロかな・・・」と思っていた。そして、今までは候補に入っていなかったが、最近急に気になってきた車の試乗予約を午後6時に入れていた。

 それはPOLOの属するBセグメントではなく一つ下のAセグメントの属するとてもユニークな車である。

 日が暮れ始めて薄暗くなったなかを、私とサンフラワーさんとは車に乗って「ルノー小平」に向かった。

 試乗の予約を入れていたのは、同じBセグメントに属する「ルーテシア」ではなく、一回り小さい「トゥインゴ」であった。

 トゥインゴは実にユニークな車である。エンジンはリアにあり、後輪を駆動する。つまり「RR」である。「RR」というと初代ビートルやポルシェ911などが採用しているが、極めて稀なものである。

 トゥインゴのキャッチフレーズは「パリが仕立てたコンパクト」というもの。ルノー小平に着いて、展示車を見てみると「確かにその通り・・・」と頷くような小粋なデザインである。

 営業マンはすべてテーブルで商談中で、しばし待たされた。その様子を見て「今、もしかしたらルノーはきているのであろうか・・・」と思った。

 その間、トゥインゴをはじめ、ルーテシアやメガーヌなどの展示車をサンフラワーさんと一緒に見て回った。

 商談が終わった営業マンが、試乗車を用意してくれたのは、ディーラーに着いてから15分ほど経過してからであった。

 すっかりと辺りは暗くなっていた。試乗車は水色のさわやかなカラーである。実にコンパクトで粋なデザインで纏められている。特にリアのデザインが秀逸である。

クリックすると元のサイズで表示します



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ