2018/4/10

4410:事故現場  

 数馬までの行程はだんだん上りが多くなってくる。昨日のテニスの影響で太腿が重かったので、無理のないペースを維持したままで走っていった。

 その間、救急車や消防車、さらにパトカーがけたたましくサイレンを鳴らしながら走っていった。「事故かな・・・」と思った。奥多摩周遊道路はバイク事故が多いところである。

 数馬のバス停の傍には公衆トイレがある。ここで一息入れた。普段であれば、ここから4km程走った「都民の森」までがフリー走行ゾーンとなり、おのおの耐久力に応じて駆け上がる。

 しかし、今日のゴールは「都民の森」ではなく、さらに3kmほど上った先にある「風張峠」である。「普段とは違うペース配分が必要・・・」と思っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

 ストレッチしたりして体をリフレッシュさせてから、7km以上の厳しいコースへ向けてスタートした。天気は素晴らしく、空は真っ青であった。

 数馬からはしっかりとした上りが延々と続く。「都民の森までは抑え気味で・・・」そう自分に言い聞かせながらクランクを回した。

 220ワットほどの平均パワーで走っていった。メンバーもいつもと違って比較的慎重な走りであった。

 一人のメンバーが先行する形で走ってくれていたので、その背中と一定の距離を保つことによってちょうど良いペースで走っていくことができた。

 順調に距離をこなしていった。心拍数は170〜175ほどで推移していた。通過ポイントとなる「都民の森」が近くなってきた。

 上級者2名はすでにペースを上げていって前に出ていった。「都民の森」まで残り1km程のところから私も少しペースを上げた。

 前を引いてくれていたメンバーの前に出て、2番手を行くメンバーの背中を目指していると、パトカーが見え、警官が交通整理をしていた。

 事故の後処理をしていて、片側交互通行になっていた。残念ながらここで止められてしまった。

 3名のメンバーはここで一旦止まって警官の「止まれ」の指示が解除されるのを待った。そして1,2分ほど待ってからリスタートした。

 事故はバイクと車の接触事故のようで、バイクが炎上したようであった。想像するに、下ってきたバイクがスピードを出しすぎてカーブを膨らんでしまい、上ってきた車に衝突した事故のようであった。

 バイクのライダーの怪我はそれなりに大変だったはず。救急車で搬送された後であったのでその詳細は分からなかった。

 事故現場を通り過ぎてから、それぞれの脚の余力に応じてスピードを上げていった。パワーは240ワットほどに上がっていた。

 そして「都民の森」を通り過ぎた。ここから3kmほどさらに上る。いよいよ勝負エリアに入った。

 ここから風張峠までの道はいつも逆方向に下っていたので、上りの行程がどのようなものだったのか想像できていなかった。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ